ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
漕ぎ納め、長瀞感謝ツアー
12月15日の長瀞ツアーについて
b0225495_17360274.jpg
15日(土)にブループラネットカヤックス漕ぎ納めを行います。漕ぎ納めと言っても、もちろんこれで本当に終了ではありません。翌日以降もスクールは開催しますよ!
集まった皆さんで楽しく漕ごうという企画です。参加費は無料。
自由参加、気軽に適当にという感覚です。
レンタルでも参加OKですよ。(レンタル無料)

午前はサクラウェーブあたりでスポットを漕ぎ、
午後はセイゴの瀬からあめみや(樋口)までダウンリバーします。
午前、午後のどちらかでもOKです。

スケジュール
午前の部
10:30 カヌビレ集合
11:00 スポットプレイ
12:00~13:00 昼食休憩(勉強屋)
午後の部
13:00 集合、車回送
13:30 ダウンリバー開始
15:00 ゴール予定

また、夜、勉強屋さんで旧ファンテックメンバーで忘年会を行います。
こちらも希望であれば参加できます。事前に問い合わせください。


[PR]
# by bpkayaks | 2018-12-10 17:36 | ツアー | Comments(0)
岩の上は通過できる
12/2 御岳講習

平成最後の12月になりました、今年もあと1か月です。
週末から始まった12月は日曜は御岳講習となりました。長瀞も水が少ないですが、こちらも少なめ。
コースは放水口からテニスコートまでのロング。御岳は岩の多い川ですが、エディキャッチをしながらストリームイン・アウトの練習をするのに向いた川です。いくつか、ちいさなスポットもあるので、遊びながら下ることもできます。
この日もいっぱいエディキャッチを練習しましたが、『岩にわざと当たる』というのも練習しました。浅いゴツゴツした川では、避けきれずに岩にぶつかったり、不意に当たることもあります。そういう時の対処ですね。岩も慣れていればたいしたことはありません。特に御岳のように浅いだけで、パワーのない流れならなおさらです。
岩にぶつかるときは、流れをいなして上流側を食われないようにするのが基本ですが、低い岩なら反対に勢いで岩を乗り越える方法もあります。問題はその時の着地。乗り上げるとバランスを崩しやすいので、あらかじめブレイスを準備していれば簡単です。あとは当たり方なのですが、これは数をこなして慣れるといいでしょう。
岩は避けるだけでなくて、上を通過することができれば、それだけラインの選択肢は広がり、ダウンリバーの幅も広がるというものです。


[PR]
# by bpkayaks | 2018-12-02 20:17 | ツアー | Comments(0)
12月でもカヤック体験
12/1 親鼻水位1.23

紅葉カヤック体験
12月に入りましたが、体験コースにまだご参加頂いたおります。紅葉とカヤックを合わせて楽しんでみよう!という企画です。紅葉も終わりかけですが、まあまだ色づいております。

ここで疑問、寒むくないか?
経験者にはどうってことないですが、やはり初めてカヤックをやる人にとっては12月の水は冷たいです。なので、寒くないよう対策はしております。ホットインナーにウェット、ジャケット、オーバーパンツとご用意してあります。またグローブも。で、この時期だと水面もかなり穏やかですので、実際、ほとんど濡れることはないので、まあ快適かと。この日は天気も良く小春日和だったので、気持ち良かったですよ。
参加をお二組ありましたが、それぞれ、写真を撮るなど、この長瀞の風景を楽しんでおられました。
b0225495_12010667.jpg

[PR]
# by bpkayaks | 2018-12-01 14:51 | カヤック体験 | Comments(0)
流れをプラスする
11/28 親鼻水位1.19

ベーシック初級
長瀞のライトアップが終了してからは、めっきり人が少なくなりました。けど、紅葉はまだ十分見れますね。

さて、講習は先週に引き続き2回目のTさん。今回もくつなしまで下りながら講習しました。前回はリーニングをテーマに講習しましたが、講習が生かされて今日はリーンが足りないということはほとんどなかったですよ。
で、本日はフェリーやインアウトで流れを味方にできる漕ぎ、ラインを考えました。例えば、インときボートが下流に回されないように、下流漕ぎを連続すると流れと対抗してしまうことになります。力を打ち消し合うので、アングルは維持できてもボートのスピードは上がりません。
流れに押されることをプラスに捉える漕ぎが大切です。そうは言っても、これはなかなか難しいです。やはりアングルをどう作るかがポイント。最初は落とされても構わないので、慌てて漕がずにボートの進み具合をよく観察することから始めましょう。

本日はロールもやりました。ロールは特別なことをするわけではありません。体のひねり、ブレードに水が当たる感覚、重心位置を感じる。これらのことがより分かってくれば、ロールも自然とやりやすくなってくるでしょう。基本の操作が大事なのですね。

[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-28 21:45 | スクール | Comments(0)
冬のドライセール!!
ドライウェア特価の案内
だんだんと寒くなってきましたが、カヤックのシーズンに終わりはありません。
しかし、冬に漕ぐにはそれなりの装備が必要。
冬の必須アイテム、ブルーストーム製、ドライスーツ、ドライトップ、ドライパンツを特価にて販売いたします。

ハイドライト ドライスーツ
¥102,600 → ¥80,000
b0225495_21404736.jpg
ハイドライト トップ
¥41,040 → ¥32,000
b0225495_21405259.jpg
レイヴンパンツ
¥30,240 → ¥22,000
b0225495_22321542.jpg


[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-26 22:35 | ショップ | Comments(0)
特別なもみじ狩り
11/25 親鼻水位1.23

長瀞紅葉カヤック体験
3連休最終日、やっぱり賑わっていますが、昨日よりは観光客も少なくなりました。紅葉公園のライトアップも今日まででしたが、最終日はそこまで混まなかったですね。

さて、体験の方はカップルが2組の4名様。長瀞はファミリーやグループで来る方が多いですが、この紅葉の時期だけはカップルが多いです。やはりいいデートスポットなのかな?それを水面から愉しむというのは、カヤックならでは。ただ遊歩道をブラブラするよりは、カヤックを漕いで、初めての体験でと、いい思い出になるのではないかなと思います。
公園のライトアップは終了しましたが、紅葉自体はまだ楽しめそうですね。引き続き、もう少し、もみじカヤック体験も開催しますよ。
b0225495_09483751.jpg

[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-25 18:15 | カヤック体験 | Comments(0)
川から紅葉を愉しむ
11/24 親鼻水位1.23

紅葉カヤック体験
3連休中日、長瀞は大変な賑わいをみせておりました。さすが観光地です。

本日は子供も含めた仕事仲間の女性4人の参加でした。水面からのもみじ狩りはまた格別です。
川も遊覧船が多く行き来しているのですが、時間も夕方になってくるとだんだんと人もまばら、川はひっそりとしたプライベートゲレンデに。暗くなってきた水面も鏡のようできれいなんですよ。
b0225495_21483138.jpg


[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-24 21:46 | カヤック体験 | Comments(0)
手漕ぎと体幹漕ぎの違い
11/23 親鼻水位1.23

ベーシック中級
3連休が始まりました。紅葉も見ごろ、天気もばっちし!ということで、長瀞は観光客で大賑わいでした。
午前は中級クラス。インアウトの復習や、水量の減ったサクラウェーブでスピンをやりました。
ところで、「パドルではなく、カヤックを動かす」ということは、いつもよく言っていますが、手漕ぎになっていないか、見分ける(自分でチェックする)方法があります。
それは、肘・脇が開いていないか?
カヤックを動かす場合、ブレードは支点になります。脇が開いていると、その支点はどうしてもボートのやや外に入ります。支点が離れた位置にあると、腰を動かすことができません。下半身操作をするためには、支点はボートのすぐ横にある必要があるのです。
下半身を動かす意識があれば、必然的に近くを漕いで、脇もしまってくるでしょう。肘、脇はチェックポイントになりますが、意識は下半身に向け、とにかく『いつも腰を動かす』ことがくせになるようにしましょう!

[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-23 21:44 | スクール | Comments(0)
流れに当てる
11/22 親鼻水位1.19

ベーシック初中級
毎週のように漕いでいるMさん、今日は3回目の講習です。普段の練習でどうもエディを取り損ねることがあるとのことで、そのあたりを講習してみました。

まずは、どうしてエディを落とされてしまうのか?を考えてみましょう。それは狙ったラインから落とされてしまうから。もしくは、最初からラインを描いていないか。もし、ラインをイメージしていないのなら、まずは行き先をしっかり見て、計算をしましょう。ストリームインの場所を選べるなら、より有利なところから入れば易しくなります。
ラインをイメージしていてもそれが外れるのは、アングルが問題なことが多いです。狙ったアングルが作れない、下流に押されてしまう。ということですね。流れが当たるから当然のことです。今日はこの流れが当たることをテーマに練習しました。
流れが当たってもボートが振られないようにするには、
①流れをいなす
②流れが当たることを利用する
この2つを使えるといいです。
いなすには、リーニングとストリームインの時のアングル。
当たることを利用するには、ボートのどこに当たる(当てる)かを見る。バウに当たれば振られるし、体に近いボトムに当たれば下流へ押す力になります。あと、ラインの計算も重要です。落ちないように漕ぐのではなくて、流れが押してくれることを利用して進むラインを作りましょう。まあ、ことのときもアングルが一番のポイントになりますけどね。
Mさんだいぶ余裕を持てるようになったのではないでしょうか?ドライスーツも買ったし、この冬もたくさん漕ぎましょう!


[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-22 20:39 | スクール | Comments(0)
長瀞紅葉ダウンリバー
11/21 親鼻水位1.19

長瀞ダウンリバー講習
本日はリクエストがあって長瀞ダウンリバー。天気も良く、絶好の紅葉狩り日和となりました。
参加のTさん、今年の夏に始めたばかりですが、もういろんな川を下っています。どっぷりカヤックにはまってたようです。そして長瀞は今回初。
リーニングがまだ上手くできないのが課題とのことでしたので、その辺りを講習しながら下りました。
リーニングは、軸がどこに乗っているかを意識するのが大切です。膝を持ち上げて傾ける意識だと、筋力を使うし、安定感に欠けます。カヤックを傾けるには、重心位置を横にずらすわけですが、軸は真っ直ぐに。そうするとしっかり下に荷重できるのです。位置は横にずれているけど、軸がちゃんと立っているから安定します。Tさんリーニングの謎が解けたような感じで収穫があったようです。
ダウンリバーは紅葉もいい感じで、ときにはのんびりと景色を楽しみながら下りました。ロールも悩んでいるようですが、やはりベースは重心の意識と水のキャッチです。今度はロールもやりましょう。
今回は水量が少なかったので易しい流れでしたが、水量が多いときはもっと面白いので、腕を上げてまたチャレンジしましょう!

[PR]
# by bpkayaks | 2018-11-21 23:17 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧