ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
水草観察ツアー
10/15 万水川ツアーその2

万水川ツアーは平日休みの方のために月曜にも開催しています。Hさん親子は昨日に引き続いて参加。お二人は水草にとても興味があって、そのためにこのツアー、カヤックに取り組みました。
まさに緑のじゅうたん、右をみても左を見ても水草だらけ。こんな川はなかなかありません。今日は川下りというよりは、水草観察が目的です。カヤックって、こんな風に水と親しめる素晴らしい道具です。しかも、今日は下を覗きやすいようにダッキーに変えました。
自然の魅力をいっぱい感じた二日間となりましよ。



[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-15 21:51 | ツアー | Comments(0)
2018 万水川・犀川ツアー
10/14 万水川・犀川ツアー

台風の影響で2週間遅れになった万水川ツアー、結果は素晴らしいコンディションになりました。天気は晴れ~曇り。快晴ではありませんでしたが、日が差して空も水中も明るかったです。
そして、水草は大豊作?毎年来ていますが、今年は至る所で楽しめました。水草の状態は秋のやや遅めの方がいいのかもしれませんね。
ツアーも、水中を覗いてばっかりの川下り。とにかく、この景観、何度来ても感動します。今回はいい写真もいっぱい撮れました。
b0225495_09122043.jpg
b0225495_09123831.jpg
b0225495_09114864.jpg
b0225495_09113877.jpg
b0225495_09082984.jpg



[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-14 23:56 | ツアー | Comments(0)
漕がないで、様子をみる
10/13 親鼻水位1.47

ベーシック中級
なんか、一気に寒くなってきました。水も急に減りましたね。そろそろドライの季節かな。ドライがあれば冬も別にへっちゃらです。

講習はリクエストで、スピンにトライしました。が、まだホールプレイの経験が少ない二人。まずはホールに慣れていくのが先決です。ホールに慣れていないと、どうしても緊張して固くなってしまう。そうすると余計、ボートが不安定になってしまいます。ボートを抑えるには、カヤックにしっかり乗れること。これはダウンリバーでも同じことです。リーンが足りないのは、リーンしようと思うと軸が倒れるのを自分でわかっているからです。リーンを大きくしても真っ直ぐに荷重できるかがカギ。
そして、乗れていることを確認しつつ、水の流れ、ボートの動きを感じましょう。姿勢よくして、漕がないで様子を見るのです。そうすと、自分が何をすべきが見えてきますよ。これはダウンリバーでも一緒。無我夢中に漕ぐのではなく、しかるべき時に漕ぐこと。そのために、準備している時間=漕がない時間も必要です。


[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-13 17:50 | スクール | Comments(0)
アングルで漕ぎやすさは変わる
10/12 親鼻水位1.53

流れ入門
本日は午後も半日講習。参加のOさん、9月に続いて2回目のカヤックです。今回は流れ初の講習。
まずはパドルの持ち方から。持ち方といっても、初心者向けの内容ではありません。よく言っていることですが、体幹で漕ぐための持ち方。正しい体の使い方が上達の早道です。
流れの最初なので、基本的なストリームインアウトにフェリーを講習しました。この中でポイントになるのは、ボートのアングル。ストリームインやフェリーでは流れの強さに合わせてアングルは変わります。一方、ストリームアウトは流れの強さには関係なくなるべく横向きに。そのためには、そこまでのライン取りもポイントになります。
そしてフェリーはいろんなアングルを試しましたが、状況によってこれらを使い分けします。『このアングルはこういう特性がある。』というのを理解しておかなくてはですね。
ダウンリバー、フリースタイルへの道はそんなに遠くはありませんよ!


[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-12 22:55 | スクール | Comments(0)
力を抜く
10/12 親鼻水位1.54

ベーシック初級
10月もあまりすっきりしない天気が多いですね。真っ青な秋晴れが見たいものです。
さて、講習は午前、午後と半日ずつクラスがありました。
午前は今年から始めたMさん。定期的にいらしています。前回では、つい力が入り過ぎてリーニングが上手くいかないのが課題でした。
本日はストリームイン、アウトの練習と流れに乗ったフェリーを練習しました。前回は足りなかったリーンですが、今日は傾けが大きくなってきました。切り返すタイミングとかも合っています。だんだんと柔らかくなってきているかな。まあ、緊張するのは仕方ないですよね。このへんは慣れでしょう。
あと、強く漕ごうというときに腕に力が入り過ぎてしまっています。強く漕ぐ意識は大切なのですが、腕に力が入るとパドルに体重が乗ってしまう。これを解消するには軸を真っ直ぐ立てることです。
涼しくなってきましたが、カヤックはこれからまだまだ楽しめますよ!



[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-12 21:47 | スクール | Comments(0)
ホールでもやっぱり軸
10/8 親鼻水位1.64

ベーシック中級
3連休の最終日は曇りから小雨がぱらつく感じでした。観光客もまばらだっかな。
講習は皆野中から。河原に行くと釣り師が数人いました。来週からマスの放流だそうで、冬の間はここをカヤックの駐車場として使うのは厳しくなります。

皆野中から小滝まで下りましたが、この水量では、ちょっこと遊べるウェーブやホールがいくつかあります。それらを拾いながらサーフィン、スピンを中心に講習しました。
先週の台風で、少し流れが変わったところがいくつかあり、水量のわりには波が小さいかな~という気がします。方向としてはちょっと残念な感じかな。
スピンに限らず、ホールでは自由に動けることが重要です。そこはサイドサーフィンが安定しているか。これも、最近ずっとブログでも書いている真っ直ぐ乗れているか。掴まるのが怖いと、つい、下流側に体が逃げてしまいます。また、固くなっているとフラフラしてしまう。動画でも私が「小さくなって!」と言っていますが、自分がコンパクトになることで、重心を低く中心に近づける狙いです。安定を感じられたら、ブレードを水中から抜けるので次の漕ぎができる。慌てて漕ぐのではなくて、どこに移動したいのか?そこの水をキャッチすればいいのです。
やっぱり、瀬遊びは楽しいですね!


[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-08 20:14 | スクール | Comments(0)
リーニングは傾けるのではなく、真っ直ぐに立つ
10/7 親鼻水位1.72

3連休中日、すっきり秋晴れで絶好のカヤック日和となりました。各地でもカヤック関係のいろんなイベントがあって盛り上がったようですね。

カヤック体験
カヤックを趣味として始めようかな!という方が集まって頂きました。カヤックは楽しみ方も色々あるし、体力・年齢に合わせてマイペースで楽しめる。あちこちの川へ旅に出たり、たくさんの瀬を下ってスリルを味わったり。楽しみがどんどん広がっていきますよ!


ベーシック初級
午後はレギュラー講習。ブループラネットは初めてのご参加ですが、カヤックは今年から始めたが、もう自艇を持って度々漕いでいるとのこと。流れの回数はそんなに多くなくて、リーンが安定しないのが悩みということでした。
リーニングはまずは荷重の意識。傾ける意識が強いと、「倒れるかも・・・」という不安が起きる。リーンしてなくても、していても、『軸が真っ直ぐ立っている』状態であれば、倒れはしませんよね。リーニングは真ん中ではなくて、少し横に真っ直ぐ立っている状態なだけ。
リーンしながら漕ぐ練習をいくつかやりましたが、常に軸が真っ直ぐな状態にあるのを確認しながら練習してみてください。安定していることに気づくと思いますよ。
まだまだ上手くなるための引き出しはいっぱいありますから、ぜひまたいらしてください。




[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-07 20:43 | スクール | Comments(0)
姿勢を正す
10/6 親鼻水位1.81

ベーシック初級
10月の3連休、台風はそれて爽やかな天気となりました。水が多いので長瀞はほとんどカヤッカーはいなかったですが、くつなしは賑わっていました。

参加は久しぶりに新潟のTさん。漕ぐのも久しぶりだそうです。ストリームインですぐにボートが振られてしまい、しっかり奥に入れないので、そこを改善したいというリクエスト。
もう一つ、流れでフラフラするから安定させたいと。

フラフラするのは、まずは姿勢です。というか、もうコレです。今日、playboating連載の小森君と取材で話したのですが、次号のネタは『姿勢について』だそうです。上達の近道は『姿勢』です。逆に言うと、姿勢の悪い人はそこそこしか上手くなれない。
姿勢を良くするのは、特別難しいことではありません。しかし、これは習慣なので、常に意識していないと改善は難しい。普段の生活から、立っている姿勢、座っている時の姿勢から気にしましょう。
良い姿勢は骨盤と軸(背骨)。軸が真っ直ぐ立っているか?を意識します。単にカヤックに乗って、真っ直ぐに座るのは誰でもできるでしょう。それをリーンしても、さらに言うと、スターンを食わしても真っ直ぐでいられるか。
講習では軸を真っ直ぐにしたままカヤックを傾ける方法をやりました。たまたま昨日、スキーのHowtoを見ていて、『外足荷重するとき、足を伸ばす』というレクチャーがありました。膝が曲がっていると、強く押せない、また抗力に耐えられない。ああ、カヤックでも一緒だなぁと思いました。リーンは荷重です。軸(背骨)も曲がっていては、しっかり荷重できません。
Tさん、姿勢を良くしただけで、全然漕ぎやすくなったそうです。ストリームインも、踏み切りの一打をいっぱい練習しましたが、慣性が良くなりましたね。踏み切りはストロークを長く!これは時間のことです。支点を長い時間取れれば、その分、下半身を前に押し出せます。あと、視線。中間目標を見て、そこに届くように踏み切りの一打ですよ!
姿勢と視線、この2つだけでかなり変わりましたね!


[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-06 21:05 | スクール | Comments(0)
万水川・犀川ツアー開催日の変更
万水川ツアー開催日の変更

9月は天気の良くない日が多かったですね。
最終日は台風が通過しました。予定していた万水川・犀川ツアーも中止とし、2週間後に延期としました。
今度こそ秋晴れになりますように!
b0225495_21050814.jpg
開催日:10月14日(日)・15(月)
    14日は残り定員わずかです。15日も開催予定です。
    >>詳細


[PR]
# by bpkayaks | 2018-10-05 21:09 | ツアー | Comments(0)
流されないで、流れに乗る
9/29 親鼻水位2.05

ベーシック中級
せっかくの週末ですが、増水に雨予報ということで、ひっそりした長瀞でした。

講習には初参加のMさん。カヤック歴は4年ですが、なんとカヤックを始めたのはアメリカで、ボートもアメリカで購入して日本に持ち帰ったものとのこと。自分も行ったことのあるナンタハラでも漕いでおり、話が盛り上がりました。
Mさん、ダウンリバーでエディキャッチを逃したり、岩の多い川では岩に引っかかったりとが悩みとのこと。講習ではその辺りをクリニックしました。
まず、エディキャッチの基本として、エディラインに対するアングルはなるべく横向きに!エディラインはついストップが掛かる場所なので、いかに早く抜けるかが勝負。アングルとスピードは大切です。アングルを横にするには、そこまでのアプローチのラインも考えないといけません。6時のラインになり過ぎないように注意ですね。
あと、リーンを使って、流れを上手く受けること。ボートのサイドに流れを受けるとドン!と押される感じになりますが、ボトムに斜めに受け、流れが押し進めてくれる感覚になれば、もう楽勝ですよ。




[PR]
# by bpkayaks | 2018-09-29 23:36 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧