ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Rock Star 4.0 先行予約
b0225495_14571953.jpg
ついにジャクソンカヤックのロックスターがモデルチェンジ
Rock Star 4.0がこの夏、秋に日本に上陸!
デッキ高さが少し高くなり、よりビッグエアーを狙らったモデルとなっています。
7月末までのご予約に限り、特価にて販売いたします。
定価¥219,000+税 → 特価¥188,000(税込)
当スクール生はさらに値引きします!
b0225495_16290820.jpg
Mサイズ 8月入荷予定
長さ:177,8㎝、幅:66㎝、重さ:13㎏、ボリューム:230L

Sサイズ 10月入荷予定
長さ:170,2㎝、幅62,8㎝、ボリューム:??

カラー:レッド、ライム、Abyss(青~水色) Starburst(黄~ピンク)

気になる方はまずはお問い合わせください。



[PR]
# by bpkayaks | 2018-07-20 15:20 | ショップ | Comments(0)
梅雨の晴れ間
6/22 親鼻水位1.57

カヤック体験
まだ梅雨が続きますが、今日は刺すような日差しの中、カヤック体験でした。何か水遊びがしてみたいということで、カヤックを選んだとのこと。泳ぎたくなるような天気で良かったですね。
お二人は大学の時の囲碁サークルの仲間ということで、あまりアウトドアの経験は少ないとのこと。重たいカヤックを運んだりと、ちょっと大変な部分もありますが、それだけに自然の中での遊びは新鮮だったかな。川の中を覗くと、小魚たちがいっぱいいます。5月に比べると少し大きくなって、群れがよくわかります。瀞場を漕ぎ上がり、浅瀬では水の中に飛び込みました。漕いで、泳いでと休日を満喫。
それにしても平日の岩畳は静かですね。のんび~りとした時間を過ごしました。


[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-22 22:22 | カヤック体験 | Comments(0)
THE DAY 的な信濃川
6/17 信濃川ツアー

梅雨の最中、天気に恵まれました。朝、関東はまだくもり空でしたが、関越トンネルを抜けると・・・、そこは雪、ではなくて真っ青な空。梅雨が嘘のよう。自分は4回目の信濃川ですが、こんなに晴れたのは初めて、最高の日に出会いました。水もいつもよりキレイな気もしました。

川ですが、流れが大きく変わっている場所もありました。昨年は真ん中が本流だったのが、中州ができ二股になっていたりと、川が陸地に、岸が流れにと変化していました。川って生きているんだなぁって思います。ここにこんな危険な場所があった、と覚えましたが、それが来年もまた同じとは限りませんね。もちろん記憶することも大事ですが、その場で見て解る目も必要ですね。
最後の堰堤のドロップも健在でした。ここはホント、落差が大きい。この大きさだと通常なら相当の勇気がいりますが、瀬はこの落ち込みのみ、下流もプールとなっているのでトライはしやすい。Tさん、見事、一昨年のリベンジを果たしました!
信濃川はダイナミックな瀬に瀞場が交互に現れる、見た目は激しいけど、レベル的にはトライしやすい川。瀬はクリアしているのに、エディ沈が何度かありましたね。流れが終わったら、漕ぎを緩めてしまっています。完全なエディの安全地帯まで漕ぎ抜けるクセを付けましょう!
b0225495_21354698.jpg
b0225495_21354216.jpg
b0225495_21353407.jpg
ツアーの帰りは『小島屋』この総本店がまた美味しい。ここの蕎麦を食べるために信濃川に行きたくなっちゃいます。

[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-17 23:38 | ツアー | Comments(0)
梅雨で水量安定しています
6/16 親鼻水位1.61

ダッキーツアー
梅雨らしい天気が続いていますね。水量も少し多め。明日はフリースタイルの関東大会ですが、フラットクラスにはきつい水量かな。
さて、本日も大会はスクォートクラスがあったのですが、自分はダッキーツアー。同じ場所だったので、横目で見ていましたが、盛り上がっていましたね。当スクールサポートの平澤氏が、高得点で優勝。いいライドでした。
ツアーの方も水量多めで迫力あるダウンリバーが楽しめました。参加のお二人は、カヤックが初めてだけど、自分たちでも大丈夫か?と心配していましたが、はい、問題ありませんでした。最後、くつなしの瀬ではお約束がありましたけどね。
初カヤック、十分に楽しんだようでした。またカヤックにチャレンジして下さい。
b0225495_21323327.jpg
b0225495_21322866.jpg

[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-16 20:56 | ダッキーツアー | Comments(0)
オー、マイ、ガッ!
6/9 親鼻水位1.45

ダッキーツアー
台風が近づいていますが、嵐の前の静けさ?かな~り、暑い日中となりました。
本日はダッキーツアーでしたが、2組3名の参加。女性お二人はアメリカとフィリピンの方です。日本語も上手で、コミュニケーションは問題ないかったですが、二人で話すときは英語で話していましたね。3人ともカヤックの経験はあり、ということでいつもより長いロングコースを下りました。
最初に鉄橋下で練習しようとしたけど、フェリーで落とされて、いきなりセイゴの瀬をどんぶらどんぶら。落水はありましたが、大岩に漂着して、ここで練習。慣れたところで、ダウンリバーへと再スタート!
小滝ではスカウティングして下りますが、小滝の瀬を目にした外人お二人は「オー、マイ、ガッ!」と叫んでいました。あっ、やっぱり、こういうシチュエーションで使うのですね。しかし、瀬は3人とも見事クリアー!「楽しい!」を連発していました。この後もいくつもの瀬でも大満足頂けたようです。

[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-09 20:38 | ダッキーツアー | Comments(0)
皆中はサーフィン三昧
6/6 親鼻水位1.53

ベーシック中級
梅雨入りしました。1日中しとしとした雨でした。たいした雨量じゃないと思ったけど、水位は上がっています。関東大会、どうなるかな。

本日の講習は久しぶりに皆野中からダウンリバー。この水量だと小さいながらもサーフィンできるウェーブがいっぱいで楽しかったです。特にヤナ横のウェーブはバックウォッシュもそれなりにあって、カートも可能。Kさん、今までで一番長く乗れていましたね。
サーフィンをしていて、アウトしてしまいやすい原因が、バウが食われてしまうこと。対策としては、①リーンして水を落とす、横に走る。②バウを上げてブラスティングでかわす。ブラスティングができるようになれば、ボトムに走ってしまってもいなせるのでいいですよ。
午後はセイゴや小滝で練習。ベストなタイミングで漕ぐには、その前に準備期間である『間』も必要。がむしゃらに漕ぐのではなく、待つことも大切です。
b0225495_23070966.jpg


[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-06 22:04 | スクール | Comments(0)
黄金ルール
6/4 親鼻水位1.38

ベーシック初級
講習2回目のSさん。ラフトガイドをしているので、水のキャッチとかは分かっているので上達も早いです。
前回はインアウトのターンでローブレスを使いましたが、今回はハイブレスの練習をしました。慣れてきたら、断然、ハイブレスの方が使いやすいです。ハイブレスはキャッチにいくので、水を掴んでいることは、大きなアドバンテージになります。Sさん、最初はリーニングが甘かったですが、キャッチが強くなってから、リーンも大きくなりましたね。
午後はドローストロークやスカーリングもしましたが、構えが大事です。それは、ハイブレスのときも、フォワードストロークもスイープストロークも同じ。講習の最初にやりましたが、『胸の前にパドルを構える』これは、ホント重要です。腕が体の横にあると、掛かる力に対して耐えられません。胸の前に構えていると、圧力を体幹で受けることができます。この黄金ルール、いつでも守らなきゃいけないので、癖付けしていて下さい。

[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-04 22:47 | スクール | Comments(0)
流れに押されて進む
6/2 親鼻水位1.41

カヤック体験+流れ入門
今日は一気に水位が下がりました。今まではゆっくりだったのに急に。ダムが絞ったのだろうか?

講習は午前に家族2組、午後はお父様のみ流れ講習となりました。天気は泳ぎたくなるくらい暑かったです。泳ぎませんでしたけどね。
午後はフェリーを中心に講習しました。流れに中で漕ぐには、①流れにはいる、②流れを横切る、③流れから出る、ということが必要になります。横切るフェリーのときに大切なのが、フェリーアングル。流れに対し、ボートのアングルをどにくらいにするか?というもの。
流れが早ければ、平行に近いアングル、流れが緩ければ直角に近いアングルというのは、すぐにわかることかと思います。私はこれに、『流れに押されて進む』ということを重視しています。フェリーグライドは、ややもすると流れに負けないように横切る。と勘違いしていまいがちです。確かに、アップフェリーや流れの強い場所では負けない漕力は必要でしょう。しかし、初心者がそんなことできるわけありません。
『流れにいかに押されて行きたいところに進むか?』これを感じて欲しいです。それを実現しているのがフェリーアングルですから。

[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-02 21:27 | スクール | Comments(0)
爽やかなカヤック日和
6/1 親鼻水位1.52

流れ入門
本日はなんとも気持ちのいい爽やかな日でした。天気がいいだけでなく、空気が澄んでいるのを感じました。こんな日にカヤック、最高です。

2回目のNさん、今回は流れで講習です。流れといっても亀岩前のゆったりした流れ。しかし、それでも流水が初めて(前回の岩畳で少し経験していますが)のNさんには、自分が果たしてできるか心配だったそうです。けど、全く危ない場面はありませんでしたね。流れの中ではボートを傾けるということが必要になってきますが、そこがちゃんと出来ていました。
むか~し、リーニングはヒザで持ち上げて傾けると教えていたのですが、今は重心位置を意識するように教えています。そして真正面向いてリーニングすると、脇腹を縮めることになります。これは軸(背骨)が曲がりますね。なのでリーニングは振り向きとセットで行うように教えます。これだと軸は真っ直ぐにしたままリーンできるのです。これは先行動作(行き先を振り向く)を行うのと同じなので、先行動作をすれば、リーンも自然と出来ているというわけ。Nさん、この『ひねり』が良かったです。マイペースでゆっくりと上手くなっていきましょう。
b0225495_22131762.jpg
今日のアルバム



[PR]
# by bpkayaks | 2018-06-01 21:13 | スクール | Comments(0)
骨格で漕ぐ
5/30 親鼻水位1.52

ベーシック中級
5月ももう終わり、なんか早いですね。
講習は久しぶりのK夫妻。しかし、自主練は良く来ていますので、毎週欠かさず漕いでいますね。継続していることが大事です。
自主練の時に、「漕ぎ上がりが弱いと感じる」と言っていたので、ストロークのチェックからしました。フォワードストロークのとき、私はよく脇を開かないようにと言っています。肘が外に出ると力が逃げるからです。『体幹で押す』ことはすでに理解していますが、肘の関節が動くと、お腹で押した力がそこで逃げて、結局、パドルを押すのは腕の力になってしまいます。
脇をしめて、肘は軽く伸びている(0ポジション)で漕ぎましょう。0ポジションは筋力ではなく、骨格を利用しています。骨格で漕げると少ない力で漕げますよ。

次にロールも見直しました。最初にリカバリーの練習から。これだけでロールが良くなりましたね。以前は後半のドローが無理やり感があってのですが、軽くなりました。頭を残すのを忘れないようにしましょう!

午後は水が多いので、サーフィンやスピンもしました。コビトホールでのスピン、楽しかったですね。
b0225495_17542971.jpg



[PR]
# by bpkayaks | 2018-05-30 17:53 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧