ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スラロームは楽しい!
3/18 玉淀ダム放水量9.0t

スラローム講習
今日の寄居はスラの人達だけでなく、SUPも大勢来ていて賑やかでした。来週の寄居カップ、盛り上がりそうです。

本日はOさんがちょうど1年ぶりの講習参加、カヤックを漕ぐのも1年ぶりです。昨年はこの後に腰を痛めたのですが、今年はいっぱい漕げるといいですね。
女性二人はこの冬、何度も受講して下さり、今日は最後のスラ講習。これまでの成果を確認します。どういう風にゲートを通過するラインを描くか?ちょっと攻めたライン、リスクを少なくしたラインなどを試しながら、自分に合ったラインを見つけていきます。『この状況でどうすればいいか?』イメージ出来てきましたね。

『ここで曲がりたい!』と思ってもなかなか曲がらないケースがありますが、どうしてか?それは、曲がりにくい状況だから。水の流れやボートの慣性が理由です。前者はターンのしやすい場所を選ぶ、もしくはターンしやすい方に曲がる。後者はターンポイントの前の漕ぎでターンしたい方向の慣性を作るといいです。1点でカクっとは曲がりにくいので、緩やかなカーブラインを描いてフォワードストロークの強弱で慣性を作りましょう。
スラロームはなかなか難しいですが、やってみるともう単純に面白い!ポールがあるだけで、カヤックがゲームそのものなんですよね。いや~楽しいです。



by bpkayaks | 2018-03-18 22:02 | スクール | Comments(0)
<< 臨機応変に 慣性を信じてみる >>


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧