ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
荷重と抜重
12/19 親鼻水位1.14

フリースタイル講習
久しぶりの講習です。年末も近くなってきましたが、今日は昼間は日が差して寒くはなかったです。
講習はカートホイールのやり方でずっと悩んでいたMさん。ボートを立たせるのに、どうしてもバウにいっぱい加重をしてしまう、無理矢理な前傾姿勢になるのを改善したいと悩んでいました。確かに前加重は必要ですが、極端な前傾は良くありません。バウが沈んだとしても、そこで終わり。回転につながる動作ではない。回すためには、より勢いを付ければスターンまでいくので、さらに、力づくになってしまいます。
まず、バウを沈めるには?ですが、抜重を使えるかがコツです。体重はボートに乗ってないとだけど、その状態では沈めるのに抵抗があり過ぎます。そこで、ボートを浮かせられるなら、抵抗を少なくできる。一旦、荷重を外すことができれば、ボートを立てるのも軽くなるのです。
今日はこの抜重を講習しました。岩ステーションは比較的誰でもやりやすいですが、ヒントはこの中に隠れています。上手くいかなくなった時には、岩ステーションで感覚を覚えたり、確認したりするといいでしょう。当たり前ですが、岩ステーションの時は上体はぶれませんね。これがいいいのです。
講習では抜重するのに、ボートが走っていることが必要だとやりました。カートに持っていくには、リーンを大きくしなければですが、普通は大きく傾ければ沈してしまいます。けど、ターンで遠心力が強ければ、リーンも大きくできますね。これと似た感覚。抜重のコツは『体を倒すのではなくて、カヤックを外に出す。』文章で説明は難しいですが、Mさん、悩みが晴れて、カートが軽くできるようになりましたよ!



by bpkayaks | 2018-12-19 20:09 | スクール | Comments(0)
<< 冬季のスクール時間について 冬のドライセール!! >>


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧