ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
踏み切りでストリームインを自在に
3/29 親鼻水位1.35

故障?していた親鼻の水位が表示されるようになりました。
先日よりちょっと減った感じですが、だいだいこれくらいで安定している感じです。
講習は月曜に引き続いて連続でFさん。
午前はサーフィン、午後は踏み切りをメインにと前回の復習をしながら講習。
サーフィンでは上体の使い方を特に意識。
微調整はまだまだですが、エントリーはだいぶ確立が上がってきましたね。
サーフィンのエントリーでは、
・ウェーブの乗る位置(エントリーでは、真ん中である必要はありません)
・入いる位置、角度
・(下流向きの)スピードを殺すこと
・ラダーの使い方
等ポイントがあります。
最後の方はけっこう長乗りできましたね。

午後は踏み切り。前回はまだ上手くいかなかったですが、タイミングが良くなってきました。踏み切りが決まると、ストリームインが自在になってきます。
他にも、ホールでスピン、静水でピッチングをやりました。
スピンではバックサーフィンになった時の処理が重要です。
ダブルポンプでは重心の位置もだんだん良くなっています。
今日は沈脱もありましたが、上達も見えてきましたね。夏には立つようになるかな?
b0225495_1359757.jpg
今日は鉄橋下には2段のウェーブができていて、サーフィン練習によかったです。今、長瀞はサーフィンやスピンを学ぶのに、いい水量ですよ。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-29 21:47 | スクール | Comments(0)
あれっ、寒くなった
3/26 玉淀ダム流入量16t

今日は昨日とうって変わって寒い。曇りがちな空に風が冷たかったです。
今日のテーマは踏み切り。
前回のスラ講習で、踏み切りの甘さを感じたので、もう一度基本に戻って、「流れに入る」を徹底練習です。
ストリームインの後、どのラインを取りたいか?で踏み切りも変わってくる。
①上流側をスィープ、
②上流側をフォワード、
③下流側をフォワード。
3種類の踏み切りを試してみて、どういうラインを描くかを確認。
もちろん、ストロークの種類だけでなく、タイミング、アングルも重要です。
まだタイミングがばらばらでしたね。距離、自分の漕力、エディの水の動きを総合的に判断して、歩数、タイミングが決まってきます。これは何度も繰り返して、自分のボートがどれくらい進むのかというのをわかるようにならないとですね。
やはり流れが強くなるほど、踏み切りも難しくなってきます。しかし、流れが強いからこそ、踏み切りが大切です。(本流に入ってから修正はより難しくなるから)
今日の小滝フェリーでも痛感したかと思います。

講習、もう1つは、フリースタイルも特訓。
ホール、ウェーブ両方やりましたが、今日は特に上体の使い方を意識して練習。
基本、まっすぐな姿勢で、重心をどこに掛けていくかで、ボートの動きを調整します。これは細かいし、反応も早くなくてはいけません。
まだまだいっぱい練習しないとですね。

b0225495_2334024.jpg
今日は踏み切りをいっぱいしました。踏み切りを上手に使って、ラインをコントロールしましょう。

b0225495_23345739.jpg
セイゴ下のホール。実は新しいデジカメを買って、今度のはけっこう広角に撮れる。背景がワイドに感じられるかな?(スクールとは関係ないコメントだけど)
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-26 23:38 | スクール | Comments(0)
冬眠から覚めてきた
3/25 玉淀ダム流入量15t

3月も下旬、陽は暖かになってきました。
長瀞の桜はこんな感じです。
b0225495_22253428.jpg
芽が膨らんできています。今年は少し開花は遅いのかなー?
水量も雨降ってないのに、増えています。雪解けだろうか?水温は、まだまだドライが必要!って感じです。

講習は、冬期はスラ練で寄居カップで優勝し、春からはフリースタイルに磨きをかけるNさん。
今日は鉄橋下がいいホールになっていました。サイズもお手頃で、巻きも強過ぎず、弱過ぎず。スピンの練習にはちょうどいい感じです。
今日は特にトップポジションを意識して練習しました。
まずはトップの位置に止まれること。そこから、落ちるとか、スライド、アウトフローを掴んでスピン、そしてまたトップに戻ってくる。
ウェーブでもホールでもトップ取りは、ポジションニングの基本ですね。
Nさん、どの位置がスピンしやすいのか?場所や流れは理解できるいるのですが、そのベストポジションのキープとなると苦労していましたね。ブレスや上体の使い方が良くなってくると、そういうコントロールもやさしくなってきますよ。

b0225495_22405231.jpg
今日はなぜかカモが近くにきてもあまり逃げなかった。対岸からこちらを見ています。

b0225495_22421199.jpg
さくらウェーブは人いっぱい。水量もまずまずのいい感じ。2段目もプレーできて、ループ狙っている人もいたなー。もうじき、このウェーブからサクラが眺められるようになります。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-25 22:45 | スクール | Comments(0)
シーズン到来!
3/20 カヤック体験

春分の日、8名のグループ様で参加でした。
春の訪れを告げるにふさわしい天気でとっても暖か。
この時期には珍しい?大人数で賑やかに、カヤックシーズンの到来!という感じです。(とは言っても、カヤックのシーズンは1年中ですけどね)
スクールの場所は岩畳で、カヤック体験と同じ流れではありますが、8名中5名様はシーカヤックの経験あり。
ということで、リバーカヤックに反応の良さに少し驚きながらも、最初からガシガシ漕ぎます。特に男性陣は、飛ばします!勢いあまって沈しないか、見守っている僕の方が心配になるくらい。
午前は基本ストロークを学びましたが、午後は岩畳を漕ぎ上がりながら、緩い流れ中心に練習しました。
気温はだいぶ暖かくなりましたが、水温はまだ冷たい。初心者には、まだ沈するのはつらい感じなので、ちょっと心配だったのですが、結局、全員無事でした。
ある程度カヤックには慣れているだけあって、流れのあるところの方が楽しかったですね。やっぱり、川は流れを下ってなんぼです。あの感覚は醍醐味ですね。しかし、まだまだ緩い流れしか経験していません。この次はぜひ、もっと激しい流れにチャレンジして下さい!

b0225495_2403719.jpg



b0225495_2411074.jpg
只今、フェリーグライドを練習中。これは角度調整が難しいです。

b0225495_2421897.jpg
今度はストリームインに挑戦。いいリーニングですね!

b0225495_243843.jpg
岩畳の入り口にある滝まで漕ぎ上がりました。最後は岩畳を一番上から、船着き場まで下りました。

b0225495_2442659.jpg
とっても元気だった皆さん、おや?一人だけもう夏の人がいますよ。

その他の写真はこちらから。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-20 22:06 | スクール | Comments(0)
寄居カップ2012
3/18 寄居カップ参戦

今日はカヌーテさん主催の寄居カップ。
参加者も昨秋よりも増えて少し賑やかになりました。
この冬は正喜橋でスラローム講習をやってきましたが、その成果を試す機会です。
コースは昨年と同様、前半はゲートなしの、それでいて岩が点在し、ライン選択を考えさせられるコース。ゲート区間も昨年と設置は変わってないので、似た感じです。
これまで、いろいろと練習をしてきて、しっかりラインをイメージして臨もうとするのですが、いざ、スタートを切ると、いつの間にか頭から消えてしまう・・・。試合ってそんなもんですよね。

そんな中、皆さんおおいに健闘して頑張りました。

スラロームはこの冬に初トライ、大会はもちろん始めてだったNさん。
1本目はミスがありましたが、2本目にはしっかり修正して1ペナとほぼミスなく上手くまとめました。2本目の動画です。いいラインを漕げています。
ポリ艇女子の部、優勝です。



普段は御岳でスラロームを頑張っているAさん。出走順が僕の後ろだったので、こういう写真しか撮れなかったですが、Aさんも1本目のミスを2本目ではきっちり修正していました。そして男子ポリ艇の部、優勝です。
b0225495_1915029.jpg



スラロームの経験は1回練習しただけという、まだビギナーのAさん嫁。経験が少ないながらもそのチャレンジ精神は立派です。下ってくるラインも、自分のレベルではどこを目指せばいいのか、しっかり考えていましたね。沈をするも、ロールで立て直して完漕です。
b0225495_19161630.jpg


さて、自分は今回はスラ艇部門のみエントリー。
前回より1つ順位を上げて2位でした。
今回は時間的にも漕ぎ込めたので、スラ艇にも慣れてきました。
自分も反省点はいっぱいです。いや、面白いですね。

スラロームはカヤックの総合的な力が求められます。基本を学んでおくと、ダウンリバーはもちろん、フリースタイルにだってフィードバックできる部分はたくさんあります。自分の漕ぎはどうなのか、チェックできるいい機会です。

今回参加した方、来年はもっとレベルアップして、また参加しましょう!
そして、さらに多くの仲間で出たいですね。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-18 19:19 | Comments(0)
流れを読む
3/14 玉淀ダム放水量15t

スラローム講習
水量がやっと減って久しぶりに正喜橋で講習。
b0225495_16581937.jpg水位計は-3.13くらい?

水量は昨年の秋の寄居カップの時よりもやや多いくらいです。
そのおかげで、ゲート区間の上流も深くなり、コース選択の幅は増えた。
ゲート区間も難易度は増しています。特に1,2番ゲートはエディとのスピード差が大きく、ちょっとしたラインのずれが、大きなミスに繋がりがちでした。
講習では、まずは上流の岩々区間をどう攻めるか?を考える。
流れを読む作業、そして、イメージしたラインを実際に漕ぎきることができるのか?
実際にタイムも計って、どのコースが有利か試してみました。
この寄居カップはコースの半分は、ゲートが設置されておらず、その区間は岩がいっぱい。ナチュラルにスラロームコースとなってしまうのだが、ゲートがないだけに、どこを通るかは自由。
言うまでもなく、流れを読む力が試されます。
コース選択も勝負の決め手になるので面白いです。

ゲート区間では、ラインのイメージはできるものの、それを正確にトレースするのはまだ十分ではなかったですね。
キャッチやスィープ、タイミングの取り方、基本的なところができているか?で結果が出てきます。この冬のスラ講習はこれで終わりですが、長瀞とかでも、細かいラインをイメージして漕いでいくと、どんどん上手くなっていきますよ!

b0225495_17205937.jpg
ポールぎりぎりを通過?
安全なラインをねらったり、時には攻めてみたり、そういたったところもスラの楽しみですね。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-14 20:55 | スクール | Comments(0)
30t、ダウンリバー
3/11 親鼻水位-欠測、玉淀ダム流入量30t前後

ここ数日、親鼻の水位はHPで表示されませんね。
増水でデータが取れていないのか?
玉淀ダムの流入量は朝は30t台でしたが、夕方には30tを切っていました。

さて、講習はまたもやゲートが張れないということで、長瀞講習。
今日はくつなしまでダウンリバーしました。
来週の寄居カップを意識しているので、下りながら、ホールも拾ってみるが、エディキャッチをメインに、流れを読む、ピボットターンなどを練習。
長瀞は流れが太いので、ただ下るだけだと大味で簡単なので、
できるだけ細かいラインをトレースできるように、わざと岩の多い浅いコースを選んだりして下りました。
岩をSターンしたり、逆に、前後にある岩と岩の間を真っすぐなラインで漕ぎぬけたり。流れを利用して、いくつもターンをしながら障害物を避けるのもテクニックですが、流れに左右されないように真っすぐ下るのも難しいです。
もちろん、流れを無視するのではなく、流れを加味して、真っすぐのラインを作るわけです。イメージ的にはワイルド艇のダウンリバーですね。なかなか面白い練習になりますよ。

そして、この日は東北大震災からちょうど1年だったわけですが、いつも通りに漕ぎました。長瀞も水が増えたことで、いつも以上に人も多かったです。
いつもと同じように過ごせることに感謝です。
去年の震災の後、初めて長瀞で漕いだとき、自分は『生かされている』と感じた。
自分の力はちっぽけですが、生かされている意味を理解しようと思います。

b0225495_15193531.jpg
スタートは鉄橋下のホールから。ここもスピンの練習がしやすい場所ですね。

b0225495_15205670.jpg
この冬はゲート講習を中心にステップアップを目指してきました。いままで使うことがなかったピボットターン、だいぶできるようになってきました。スラをやることで、カヤックに乗る(重心位置)ということもわかって来たと思います。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-11 22:37 | スクール | Comments(0)
久しぶりに長瀞講習
3/7 親鼻水位1.56

Cクラス
長瀞は月曜の雨で増水しています。当初はゲート講習の予定でしたが、正喜橋も増水でゲートが張れそうになかったので、急遽長瀞講習に変更。
増水といっても別に茶色いわけでもなく、玉淀ダムの流入量も22tと、春らしい通常の長瀞になったという感じです。

午前は鉄橋下の左岸でホールにトライ。
ここは元々、やさしいホールですが、今日は特にマイルド。
幅が広いので、その幅を利用して、ホールのいろんな場所へ移動するのを狙ってみます。その中で、スピンがしやすい場所はどこなのか?落とされやすい場所は?というのを探っていきます。
ホールで、やみくもに回すのではなく、流れを良く見ながら、利用しながらプレイすることを身につけます。
Fさん、ある程度大きなホールでも入れるようになってきたので、今度はくつなしとかでも遊べるようになるかな。

午後は、ウェーブにトライしたり、インアウトの練習。
久々に勢いのある流れだったのですが、上手くラインを通れましたね。
最後は小滝で撃沈、久々に泳ぎましたが。
まあ、バックウォッシュもけっこう強く巻いてましたからねー。

b0225495_1229312.jpg
鉄橋下左岸のホール。ここは幅も広く、マイルドなので、遊びやすい。あとは、水深があったら、最高なんですけどね。

b0225495_12303672.jpg
セイゴの瀬で。この水量あると、エディラインもメリハリあって、いい練習になります。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-07 22:58 | スクール | Comments(0)
賑やかな正喜橋
3/4 玉淀ダム放水量 10tくらい?

スラローム講習

b0225495_20523184.jpg先日の大雪で水かさもだんだんと増えてきています。正喜橋下の水位計は-3.31くらい。
先週よりも増えていますね。
今シーズンの中では一番多い日でした。
これから春に向けて、ぐんぐん増えるのを願います。




そして今回はなんと4名様の参加。
こんなに多い?のはスラ講習で始めてです。
もちろん、皆さん、18日の寄居カップには出場です。これまでの練習の成果を発揮したいですね。
他にも練習に来ているスラローマーも数名いて、賑やかな正喜橋下でしたよ。
さて、講習はスラロームは始めてというAさんもいて、まずは基本のチェックから。
まあ、基本をやるのは、経験者でも変わらないのですけどね。
ゲートでは、まずアップゲートの通り方、
次にスタガーゲートの通り方と、ゲートの基本を。
ついポールを目標に向かって漕ぎがちですが、実際にターンする地点は別のところにある。どこにターンポイントがあるかをしっかりラインを見る必要があります。
そのライン取りも自分の漕力によって変わってくるし、安全パイなラインもあれば、リスクを承知で攻める(タイムを縮める)ラインもある。どのラインをイメージするか?と考えるのもカヤックの楽しいところですね。

b0225495_2111181.jpg
スラロームは始めてのチャレンジのAさん(奥さん)。しかし、初めてにしてはライン取りの理解は早かったですよ。

b0225495_21125434.jpg
A旦那の方は、スラローム経験は豊富です。1つ1つのストロークを大きくしていくともっと早くなっていくでしょう。

b0225495_21144788.jpg
今回は他の参加者もあったので、人のラインも見れて参考になったと思います。
[PR]
by bpkayaks | 2012-03-04 20:47 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧