ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
自分なりのラインを探す
1/27 スラローム講習

2日連続寄居です。今日は天気もよく、風も昨日よりなかったです。
参加はスラローム講習は初めてになるSさんと、昨年も受けているNさん。
Nさんはターンのキレはさすが。強いバウドローでボートを確実に回せています。あとは、より少ないストローク数で省エネで漕ぐことを目指してみましょう。
Sさんはカヤックの経験自体まだ数回ですから、まだまだ上手く通過はできませんが、どういうライン取りをすれば、通過しやすくなるのか変わってきます。それを考えるのが面白いところです。
ゲートは同じ設定でも、漕ぐ人のレベルによって、ベストなラインというのは変わる。こうしたらいいのではないか?と、いろんな発想ができるようになってくると楽しいですね。

b0225495_16481322.jpg
今日は白鳥が飛来していました。邪魔してごめんね。

b0225495_16483050.jpg
赤いボールがアップゲートです。目印があるだけで、自分がどれだけ漕げいるかはっきりわかるようになる。

b0225495_16484616.jpg
初めてのスラローム講習は疲れたかな?けっこう漕ぐので、練習になるし、体も温まります。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-27 21:53 | スクール | Comments(0)
スラローム講習スタート
1/26 スラローム講習

今年も寄居でのスラローム講習をスタートしました。
ただ、まだゲートは張ってないので、ゴムボールをポールに見立てて、ブイとして浮かべ練習しています。(1か所だけポール設置していますが)
この日は天気も曇りで、風もあったので、少し寒かったですが、スラロームはしっかりと漕ぎ込みますので、体は温まってきます。

参加はT夫妻。カヤック歴は長いですが、スラロームにもチャレンジしてみたいということで受講です。
最初なので、まずは静水で基本のおさらいから。お腹の使い方、重心の掛け方をやりました。これはとても重要な項目ですが、上手くなってくると、逆にこういうメニューは練習しなくなってしまいます。自主練の時も、ぜひメニューに取り入れて欲しいですね。
ポール(ボール?)講習の部分では、まずはアップゲートの通過の仕方から。
スラロームはタイムを競うスポーツですが、早く漕ぐことが、早くゴールするとは限りません。例えば、車と同じで、スピードが出過ぎてもコーナーを曲がることができないのです。上手に減速することがポイントになります。
スラロームではターンが多いです。直線のパワーも必要ですが、このターンの技術が大きいのです。
アップゲートの次は、ダウンの練習。スタガーゲートと呼ばれているジグザグの配置です。これは2つ、3つポールが連続することで、ラインに変化が生まれます。このラインを考える部分がスラロームの面白いところ。
もちろん、これらは、普段のダウンリバーにも活かされます。カヤックの実力も上がりますよ。

b0225495_15432722.jpg
さすがにカヤック歴は長いだけあって、ライン取りは無難にこなしていました。次回はもっと難しい設定をやってみましょう。

b0225495_15434123.jpg
なかなかいい体のひねりです。今度はピボットターンにもトライしてみるかな。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-26 22:00 | Comments(0)
雪中カヤック
b0225495_2229514.jpg

1/19 アドバンス

(ちょっとアップが遅くなったのですが)14日の雪以来、初めて長瀞にいったら、これまたびっくり!
まだまだ雪がけっこう残っていました。 (23日現在、だいぶ溶けています)
河原を歩くのも、雪の中をざっくざっく。日陰のところは最大20cmくらいは積もっている。
川もエディはすっかり氷で覆われている・・・。
そんな中で講習です。
しかし、天気は晴れだし、風もない。
これが、けっこう暖かい。
雪もこれだけ残っていると、楽しい。
子供が雪だとはしゃぐように、わざとエディの氷の上を漕いで、バリバリ音を立てながら割って遊んだ。

講習は午前は亀の子岩前で、基本ストロークをしたので、全く濡れずにホッカホカ。
午後は水が増えるのを待って、さくらウェーブでサーフィンやスピン。
こちらは沈したら頭キーンですけどね。
天気が良ければ、全然暖かいし、雪景色の中もいいもんです。
1、2月の長瀞もいいですね。

しかし、寄居の講習もスタートします!
こちらは、場所的にずっと日当たりもよく、流れも穏やかで、まず沈もしない。
だけど、岩が多いのでインアウトの練習などはしやすいのです。
そこに、ポールを設置すると、簡単な流れなのに、これが難しくなる。
カヤックの奥深さがわかります。そして、上達間違いなし。
ロールができないレベルでも参加可能です。

b0225495_22263662.jpg
エディはご覧のとおり。

b0225495_22264437.jpg
雪の上からドライエントリー!

b0225495_2227611.jpg
漕ぐとバリバリ音する

b0225495_22293126.jpg
午後はサーフィン&スピン。寒くありません。楽しかったですよ。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-19 21:59 | スクール | Comments(2)
暖かかった
1/13 親鼻水位1.12

ベーシック初級(ステップアップ)
今年初のスクールになりました。1,2月は最も寒い時期ですが、カヤックにオフシーズンありません。ちゃんとしたウェアがあれば、問題ないのです。
そして、この日は、意外や意外、とても暖かかったです。12月よりも暖かかった。
もちろん、ドライトップに中にはフリースを着こんでいるのですが、汗をかくくらいでした。
メニューは、まだロールは完璧ではないので、大岩付近で基礎を反復。
ドローストロークを中心にキャッチの感覚を磨いていきます。
「漕ぐ」ということは、カヤックを動かすということですが、その支点となるのが、水のキャッチ。もちろん強く掴むべきなのですが、すべてそうとは限りません。逃がすことで、流れを利用できることもあるのです。
まずは静水で基本のストロークやターンをやった後に、今度は流れで。
同じようなキャッチでも静水とはまた違った感覚があるはずです。
特に半分逃がすというのは、最初のうちは難しいですね。

暖かかったと言っても、水温は低いですから、さすがに泳ぐのはつらい。
なので、冬の間はあまり無理したメニューは組まず、基本を見直します。
逆に基本を徹底的に鍛えることができて、この時期の練習は必ず、後から大きな力になってきます。ある意味、冬は伸びるチャンスです。

b0225495_20585680.jpg
流れをキャッチしてフェリーする練習。掴み方次第で、漕がなくて移動できます。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-13 20:25 | スクール | Comments(0)
謹賀新年
1/5 親鼻水位1.15

新年あけましておめでとうございます

昨年、スクールに参加された方々、ありがとうございました。
今年も出来る限り皆様のサポートに頑張りたいと思います。

で、今日は長瀞初漕ぎ。
当然のように川は寒く、所々、氷が張っております。
しかし、漕いでみると意外と寒くないんですよ。
特に今日のように天気がいいと、汗をかいちゃうかな?と感じるくらい。
もちろん、ドライにインナーフリース着用ですけどね。

川に出ると、やっぱり気持ちいいです。
さくらウェーブでは、水量少ないながらもスピン、カートであそべました。
今年も安全に楽しく過ごせますように!

b0225495_1403011.jpg

水たまりはこのように氷が張っています。
冷たいけど、これはこれで、自然を感じます。
カヤックやってなかったら、冬の川を見ることもなかったでしょうね。
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-05 01:30 | 長瀞紹介 | Comments(2)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧