ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
漕ぎ納めは・・・
b0225495_17574738.jpg
大晦日、今日もポカポカ陽気です。
こんな日は、やっぱり漕がないともったいない。ということで、今年の漕ぎ納め。
最後はスクォートに乗りました。
今年は日本選手権、ワールドとスクォートの練習しましたからねー。特にアメリカではゴツゴツ川底に当たりながらも頑張ってくれたボートです。
SQTに乗るのも日本に帰ってきて以来。感覚はどうかな?と心配だったけど、夏にいっぱい練習したトリッキーウーはまだ出来ました。
今年もケガなく無事に1年を過ごせたことに感謝です。
そして、いい1年を過ごせたし、多くの方の支えのおかげです。ありがとうございました。来年もいっぱい漕ぐぞー。
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-31 18:01 | Comments(0)
漕ぎ納め?下見?
b0225495_9563467.jpg

もう年末ですね。今年もブログの題名になっているように、いっぱい漕ぐことができました。
特に今年はワールド出場があってので、プライベートの練習も頑張りました。スクールのほうも多くの方々に来て頂き、感謝です。これからも皆様の手助けができればなと思います。

今日は1月から会場を移す寄居で下見をかねて漕ぎました。天気も良かったおかげで、ポカポカ。たぶん暑くなるだろうなと思って、インナーもフリース1枚しか着なかったのですが、汗かきました。
寄居でのスラロームトレーニングは寒くなくていいですね。来年もいい練習ができそうです。寄居カップも開催になるようですし。
今年の漕ぎ納めのつもりでしたが明日も漕ぐかもしれません。
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-30 09:45 | Comments(0)
漕ぎ納め
12/23 親鼻水位1.36

ベーシック初中級
今年最後の3連休、Kさん漕ぎ納めの講習でした。(スクールはまだやってますよ)今年の春から始めて、秋には自艇も購入。安曇野のツアーにも行ったし、ロールもできるようにまでなりました。カヤックはのめり込める趣味なんです。
さて、講習は前回はバウドローとバウラダーをやりましたが、今回はバウラダーをさらに突っ込んで。ラダーは水の力を受けながら、ボートの方向をコントロールできるテクニックです。細かい微調整ができるのですが、ここもお腹がポイント。そのためにも水を受けるという感覚が出来ているのが前提です。少し難しい部分ですが、練習を重ねていけばわかってきます。
午後は「踏み切り」を練習。ストリームインとアウトの両方で、踏み切りの一打をどう打つか。それによってボートはどういう軌跡を描くのか。ラインをイメージしながら選択していきます。

今年1年、いいカヤックができましたね。来年楽しみましょう!
b0225495_12263736.jpg


今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-23 22:06 | スクール | Comments(0)
漕がないことも重要
12/20 親鼻水位1.55~1.60

ベーシック初中級
ちょっと前の天気予報では、今日から晴れる予想だったのですが、実際には終始雨。この時期にさすが雨はつらいかな・・・と思っていたのですが、気温はさほど低くない?覚悟していたより寒くなく講習できました。まあ、自分はほとんど濡れないから大丈夫なのだけど、Tさんは何回か泳いでいまったので、どうだったかな?しかし、Tさん、天気は悪くても貴重な休日、久しぶりのカヤックではりきっています。

本日の講習のテーマはラインを正確にトレースし、できるだけ漕ぐ回数を少なくすること。
よくダウンリバーで、「とにかく漕ぐこと。」と言ってますが、確かに漕ぐことが安定につながります。が、むやみに漕いでばかりでも効率が悪い場合もある。それは流れを無視しているから。流れに乗っていれば、それだけで進むわけですし、漕ぎが少ない分、力を貯めておくことができ、肝心な時にストロークを入れることができるようになります。
パドリングが少なくて進むということは、それだけ効率のいいストロークということです。メニューとして、細い流れを使って真っ直ぐに6時に進む練習。簡単そうですが、ストロークを少なくすると、けっこう難しいです。それは途中で修正を入れたくなるから。修正は、ずれたらもちろん必要ですが、なければその分すべてを推進力に使えます。上手い人はあまり漕がない理由ですね。

b0225495_1095694.jpg
流れを12時で漕ぐ練習。過角度がキープできれば、ストロークも少なくてすむ。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-20 21:33 | スクール | Comments(0)
アウトレット販売もあります
寒い日も増えてきましたね。心配された雪も大丈夫そうです。週末の3連休は天気も回復して、暖かく漕げるのではないでしょうか?もちろん講習はやりますよ。よろしくです。
さて、最近はベースのカヌビレのそうじや片づけをしています。そこで、ちょっとアウトレットの商品を紹介。2階更衣室には、少しですが販売品も置いています。僕が昔使っていた中古品や、新品もありますよ。

b0225495_722942.jpg
フィット感、動きやすさが特徴のPFD。旧モデルのため、特価。サイズL/XL¥6,000です。新品。

b0225495_7221534.jpg
レスキュー仕様PFD。前面には大型ポケット。レスキュー用のハーネス、カウテール付き。中古品、サイズS¥6,000

b0225495_7222363.jpg
シンプルなデザイン。中古品、サイズL/XL ¥2,000

b0225495_7222910.jpg
フリースタイル用に動きやすいローカットデザインのPFD。大型ポケットにハンドウォーマー付き。中古品、サイズS/M ¥5,000

b0225495_7223610.jpg
新古品、今年の世界選手権で現地で購入、私が1週間使用。軽量、小型パネルで動きやすい。サイズS/M ¥7000(日本での定価¥19,000)

b0225495_7224787.jpg
数少ないカグデックです。沈脱しない人にお勧めのドライウェア。新古品、サイズM ¥12,000

他にも販売品はあるので、カヌビレに来た時には2階も覗いてみて下さいね。
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-19 07:43 | Comments(0)
冬でも気持ちは熱いですよ
12/9 親鼻水位1.40

ベーシック初中級
朝、ビレッジに着いたら、ウェアからウッドデッキに落ちた水が凍っていました。もうこういう時期なんですね。天気も昨日は晴れだったので暖かかったですが、今日は曇りで一気に寒くなった感じでした。それでも、講習は熱いですよ!
本日の講習は昨日に引き続いて参加のOさん。新潟からいらしていますが、年に数回しかない休みを使って来て頂いての参加です。それだけに、できるだけ多くのことを吸収して帰りたいとの意気込み。僕もそれに答えられるよう頑張ります。
午前はフォワードストロークをみっちり。やはりここがすべてです。
パドルを動かすのではなく、ボートを動かす」この意識が大切です。
ロールもチェックして、とてもいい形で上がっていました。実践でもできているのですが、1回目を失敗すると、そのあとの修正がないので、1回失敗しても冷静に2回目をトライできればもう全く問題ないですね。
午後は鉄橋下から流れを使って練習。波が高い場所でのエントリーとかやりました。サーフィンにもちょっとだけトライ。少し乗る感覚ありましたね。ショートボートが楽しくなってきた時期ですので、これからフリースタイルもいろりろ出来るようになってきますよ。
講習を受けるのは初めてで、喜んで頂けました。遠いところからいらしてありがとうございました。休日は少ないようですが、また機会をきていらして下さい。

b0225495_9324759.jpg

またカメラを忘れてしまって、これは昨日の写真。
流れを掴むことで安定、加速する。
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-09 22:02 | スクール | Comments(0)
姿勢が大事
12/8 親鼻水位1.37

流れ入門
12月になり、冬も本格的になってきましたが、今日は天気は快晴。これだけ日差しがあれば日中は寒くなかったです。
講習もこの時期に流れ入門クラスに4名も。初参加のOさんは新潟から、Mさんはついに自艇購入、M&Nさんは貴重なお2人の休みに来て頂いています。初級者でも皆さんの気持ちは熱いです。

今日はまず初めに姿勢から。体幹で漕ぐというのはよく言っているのですが、体幹を効果的に生かすためにも、まず座っている姿勢やパドルの構えが大事なのです。なぜ、そうなのか?といのを実験で試してみました。姿勢や構えが良ければ、力の感じ方も違うというのを実感できたと思います。
それを踏まえて静水でフォワードやスィープを見直し。すぐにはわかりにくいかもしれませんが、だんだんと姿勢の大事さを実感しれくると思います。
流れでの練習は、アングルの違いで進むラインの考え方、ストリームインでの流れキャッチ等やりました。ストリームインは沈のしやすい場所、しっかりとしたリーニングが必要です。そこで流れを掴むことによって、上体の支えができ、態勢を保てるようになります。最初は緩やかな流れからスタートして、慣れてきたら徐々に強い流れへと。だんだんと対処できるようになっっていき、楽しかったですね。
1月はボールを使って、基本を重視したスラローム講習を行いますよ。

b0225495_12391712.jpg
流れを一直線で横切る練習。自分の漕力がわかってきます。

b0225495_12392334.jpg
上手く流れキャッチできた!バランスを保とうと手が止まるより、漕いで安定性を出す方がいい。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-08 19:42 | スクール | Comments(0)
暗くなっちゃった
12/7 御岳講習

本日はリクエストもあって御岳で講習。年にたまに御岳でもスクールを行っています。長瀞とはまた様子が違って楽しいです。
で、今日はカメラを忘れたので、写真はなしです。すいません。
御岳は比較的、水量が安定している川なのですが、さずがに冬は少な目。それでもそれなりに遊ぶスポットもあるし、岩が多い川なので、パワーはなくともテクニカルなダウンリバーでした。
ダウンリバーでは、アングルの違いによるラインの考え方、スラコースでは、ゲートを使って練習も、そしてスポットではサーフィンやスピンをしながら下りましたが、いつの間にか時間が経ち、ゴールしたのはもう5時前でした。こんな寒い時期に薄暗くなるまで漕ぐとは・・・。いっぱい付き合せてすいませんでした。
今度はテーマを絞って、集中したメニューでやってみたいですね。
御岳講習は2名以上の申し込みがあれば、いつもでも開催OKです。
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-07 20:43 | スクール | Comments(0)
ラインから外れないために
12/5 親鼻水位1.39

ベーシック初中級
すっかり冬らしくなり、こちらは朝はだいぶ寒いですが、今日も天気は快晴。日中は暖かです。講習メニューにもよりますが、昼間は暑くて汗をかくくらいでした。

本日の講習は、「流れの中で使えるストローク」。
K夫妻、前回は流れの読み方を中心に練習したのですが、たとえ、ラインが見えるようになっても、結局、それをトレースできなければ、コースを外れてしまうことになります。
そこで、今回はラインをトレースできるための漕ぎの練習。例えば、下の画像は赤いボールに向かって漕いでいるような写真ですが、流れの中でピタッと止まる練習をしているところです。ボールは単に目印。
b0225495_116862.jpg
見た目は簡単そうですが、意外と難しい。まあ、漕ぎ上がりをしているようなものですね。
漕ぎ上がりをしたことがある人ならわかりますが、流れに対し、ちょっとでも角度が付くと、カヤックは曲がってしまいます。そして、それを戻すためにスィープを入れたりする。この練習では、そうならないように、フォワードのコンビネーションだけで、留まるようにします。やってみればわかるのですが、12時(上流向き)の角度がキープできれば、ほとんど漕がなくても落とされません。これは流れの中で真っ直ぐ漕げているということです。

同じような意味で、ラインを6時(下流を向ける)で漕ぐ練習もします。真っ直ぐに6時で漕げれば、少ないストロークでボートは進みます。これが、漕ぎが増えてしまう人は、修正のストロークが多いからなのです。
練習は緩い流れでやりましたが、ラインを細かく決めていると、けっこう難しいです。今日は基礎練に絞ってやりましたが、内容は濃かったと思います。大切なところなので、この基礎力がアップすれば、上達間違いなしですよ。
冬は水も少なく、冷たいので、こういう基礎練を多めにやっていこうと思います。

b0225495_1164718.jpg
最後は小滝も下りましたが、今日はノー沈でしたね。これなら、冬でも寒くない!

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-05 21:34 | スクール | Comments(0)
御岳講習開催します
b0225495_1071254.jpg

御岳講習開催します。
御岳は岩が多く、テクニカルなダウンリバーが楽しめるコースです。
細かいエディキャッチ、ドロップ後のエディキャッチ、ウェーブがあればサーフィン。(張ってあれば)ポールにもチャレンジしてみます。細かい流れだからこそ、ライン取りが面白い!

開催日:12/7(土)

コース:放水口~軍畑(または沢井) ダウンリバーしながら、エディキャッチやフリースタイルの練習をしながら下ります。

集合:寒山寺駐車場9:30
    発電所駐車場9:45

料金:¥9,000(自艇:¥8,000)
    昼食は含まれていません。(途中、お店に寄ります)
[PR]
by bpkayaks | 2013-12-02 09:28 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧