ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
雪解けの賑わい?
2/26 スラローム講習

2月になって、本日は一番の暖かい日だったかな。もっとも今週末はもう3月ですが。そして、この暖かさのおかげ?で、水量が増えていました。これもこの冬一番の多さでした。

講習は久しぶりに参加のNさんとHさん。3/16の寄居カップに向けて対策です。
静水のウォーミングアップでは、慣性を意識してみました。左右に働く慣性をちょうど打ち消すように漕ぐことで、ストロークを無駄なく直進に使います。そして、逆にターンの時はわざと回転慣性を感じながら移る。どちらもストロークを打つ時に少し間をとることで、自分のボートの慣性を知ることができます。2人ともこの練習はとても上手く出来ていました。で、今度は流れでフェリーをして直線キープ。やることは静水と同じなのですが、これがなかなか上手くいきません。流れに押されないように下流を強く漕いでいては、効率は悪い。それは前に進むためのストロークではなく、アングルやラインをキープするための修正ストロークだからです。もちろん、そういう状況なので、必要なストロークなのですが、そういう状況にならないようにもっていけるとベターなわけです。緩い流れやどこでもできる練習なので、自身のチェックに毎回取り組んでみるといいですね。

ゲート練習では、アップゲートの基本を中心にやりました。進入角度、ターンポイント、イグジットラインを考えました。あとは流れと同調させること。流れと対抗するようにスィープを打ってもターンは重いです。流れの線をよく見て、ポイントを合わせてあげれば軽くなります。今回はスタガーの練習を出来なかったので、もう一度、スタガーやポールを設置した中で練習してみたいですね。

b0225495_14292293.jpg


b0225495_14325626.jpg
寄居は梅がいい感じで咲いています。

今日のアルバム

[PR]
by bpkayaks | 2014-02-26 12:08 | スクール | Comments(2)
アップゲートの基本
2/23 スラローム講習
だいぶ雪解けも進んできましたね。それでも河原はまだ白いですが。最近は天気も穏やかで、講習もいっぱい漕ぐと暑いくらいです。

参加はT夫妻にSさん。これまで、「漕ぎを効率よく真っ直ぐに進める」、「回転慣性を利用する」とやってきましたが、今回はアップゲートの攻め方を中心に講習しました。
アップゲートは、どうしてもスピードダウンするところですから、ここの抜け方でだいぶ差がでます。意識する点は、ゲートへの入り方と抜け方。ゲートへの進入は基本的にゲートに対し平行。つまりエディラインに直角に入る。これはダウンリバーの基本と同じですね。そして次のゲートに向けたイグジットラインを意識してターン。進入のラインもこのイグジットから逆算なので、2つ3つ先のゲートがあって、目の前のラインが決まってきます。
コンビネーションでは、もうだいぶ慣れてきてラインを読めるようになってきましたね。けど、わかっていても、ちょっとしてズレで大きく反れてしまったり。そこが難しいところですね。易しいところは積極的に攻めて、難しいところは丁寧に漕ぐと、ミスが少なく早く漕げます。

b0225495_21451025.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-02-23 21:44 | スクール | Comments(0)
やっと再開
2/21 スラローム講習

2度の大雪から、河原に降りるのが困難な状態で、スクールを実施できないでいましたが、久しぶりに再開できました。それでも、まだ河原は白一色です。しかし、それはそれで趣きがあります。雪景色のカヤックもいいもんです。晴れているので、寒くはないですしね。まあ、水はさすがに冷たいですが。

さて、講習ですが、この雪のおかげで、水量も増えています。ここ寄居は流れの穏やかなところなのですが、本日は長瀞の大岩辺りとあまり変わらないくらいのパワー。前半はスラローム講習というよりも、その流れを利用してインアウトの練習をしました。強い流れでも押されない、また、流れを掴むことで、加速や安定をもららす。スラローム講習を続けてきたことで、出口に対するラインがイメージできてきたかな?

後半はアップゲートの抜け方とコンビネーション。アップゲートでのターンは手前のポールを回ろうと意識してしまいますが、ターンポイントは奥のポールを目安に。よりエディの奥に入ることで、抜けがスムーズになります。
b0225495_1013674.jpg
雪の河原もキレイです。カヤックで滑り台すればよかったかな?

b0225495_1015019.jpg
水量も増えて、いつもよりパワーがありました。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-02-21 21:35 | スクール | Comments(0)
一生に一度の
この2回の週末、たいへんな大雪でしたね。
いくつか講習の申し込みもあったのですが、中止になりました。
河原も積もっているし、まず、車のアクセスが厳しいので。

15日、朝、自宅はこれです。
外に出ることもできません・・・。
b0225495_15494631.jpg

聞くと、45年ぶりの積雪とか・・・。鹿児島生まれの私にとって、人生最大の大雪です。50年に一度なら、残りの人生でも、もうないですね。

ということで、庭に滑り台を作った。
b0225495_16413181.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2014-02-15 15:55 | Comments(0)
いろんな位置で乗ってみる
2/3 スラローム講習

今日は節分。気温もだいぶ上がりました。アンダーウェアも気を使わないと暑すぎて汗かきます。(火曜からはまた寒くなるそうですが)

K夫妻、最近は毎週のように漕いでいます。講習では、基本の反復や新しいことにも挑戦していきます。今日は新たに重心の移動をトライしてみました。いうまでもなく、重心位置は重要ですが、たいていの場合は真ん中にキープします。それをわざと、右前、左前、右後ろ、左後ろと置いてみます。これは傾くというイメージではありません。あくまでも上体は真っ直ぐを保ち、端に加重する。最初は慣れなくて難しいですが、バランスやリカバリー能力を上げる練習にもなりますね。
ゲート練習では、狭いラインを狙ったり、流れを利用してターンしたりと。細かいところを意識をすると難しくて面白いです。
b0225495_1274085.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-02-03 21:42 | スクール | Comments(0)
スラローム講習の狙い
2/1 スラローム講習

おっと、今日から2月です。早いものです。
本日は先週から連続でTさん。今日はマンツーマンでした。けど、カメラを忘れしまい、動画がないです・・・。

このスラローム講習は、3月に寄居カップというローカル大会もあるし、一応、早く漕ぐことやゲートの通過方法を意識していますが、一番の目標は基礎力アップです。まだ水も冷たいこの時期に、基礎を見直して、春からの長瀞はレベルアップしてより楽しめるようになる、という狙いです。多くの方が実感しているとは思いますが、ストローク1つで、大きな差がでます。スラローム講習はこういう基礎を学べる要素がいっぱいなのです。
これはダウンリバーだけでなく、フリースタイルにも生きてきます。今はボートの進化でサーフィンやカートも簡単になりましたが、そこから先は苦労している人を多く見かけます。基本のキャッチやボートに乗るということができていないと、さらに上は難しいです。

講習は、ストリームイン・アウトを中心に踏み切りやターンを練習。踏み切りは、その1打でほぼラインが決定します。アングルやタイミングの取り方、そのあとも、リーンの掛け具合でターンの仕方も変わってくる。
やさしい流れの場所で講習しているので、単純にフェリーとかとても簡単なのですが、細かいラインを意識していると、自分が出来ていないことがよくわかる。緩い流れでこうなのだから、もっと強い流れなら・・・。まだまだ練習したいとこはいっぱいですね。
b0225495_953146.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2014-02-01 21:27 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧