ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2014年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
秋の長良川ツアー
9/27・28 長良川ツアー

今年、2回目の長良川ツアーを開催できました。台風の接近もあり、少し心配でしたが、天気は2日間ともすっきり秋晴れで暖かく、水量も通常水位でスポットにリバーランと楽しめました。参加の皆さん、ありがとうございました。
2日間、あれもこれもいっぱい楽しいことがあって、書ききれないので、写真の紹介で簡単にブログをすませちゃいますが、来年、また長良川ツアーは開催します。長良川はカヤッカーなら、ぜひ一度は行っておきたい、いや、何度でも行きたくなる川です。今年参加できなかった方も、レベルは流れでもロールが出来る必要がありますが、長良川を目標にこの秋・冬もカヤックを楽しみましょう。
b0225495_1331522.jpg
高原ヤナのドロップ。いくつも現れる瀬は、落差も大きく中級者には程よいレベルで楽しめる。

b0225495_13321419.jpg
Iさん、サーフィンがはまりましたね。もう病み付きかな。初長良川で、このコンディションはラッキーですよ。

b0225495_13322977.jpg
僕もダウンリバーしながら接写したこの写真。狙い通りのアングルが撮れたぞ。(これでお母様もカヤック欲しがるかな?)

b0225495_13324568.jpg
水はどこまで透き通っている。これだけでも来た価値があります。

b0225495_1333163.jpg
川を見ていると、あまりに気持ちいいので、飛び込んで泳ぎました。
ちなみに今回、全員泳ぎましたね。


今日のアルバム(2ページ目もありますよ)
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-28 13:09 | ツアー | Comments(5)
万水川・犀川ツアー募集中
万水川ツアー追加募集!
急遽、要望もあり、ツアー日程を追加致します。
10月12日(日)も開催したいと思います。
ご希望の方はご連絡お願い致します

万水川・犀川ツアー
b0225495_20212676.jpg

長野県安曇野の万水川は、カヌーのゲレンデとして有名な川です。
人気の理由は、とにかく水がキレイなこと。思わず水中に顔をつけたくなります。川底を水草で一面に覆われた風景は絶景。他ではめったに見られないこの景色は感動間違いなし!
まだ数名の空きがありますので、よろしくです。

開催日:10/5(日)、6日(月)、12日(日)
     1日のみ日帰りのツアーです。
料金:¥9,000(自艇¥8,000)
b0225495_2027494.jpg
このツーリンでは、下を見てばっかり。シュンーケルしたいくらいです。

b0225495_20302929.jpg
わさび農園の水車横も下ります。

b0225495_20304738.jpg
森の中、川底一面が緑のじゅうたん。まぼろしの世界へ迷い込んだかのよう。

昨年のツアーの様子
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-26 06:36 | Comments(0)
9月の連休はすべて快晴、カヤック日和!
9/23 親鼻水位1.39

ダッキーツアー
今日は秋分の日。これから夜の方が長いと思うとちょっと寂しいです。本日はダッキーツアーと初中級の2クラス開催でした。9月の2つの連休はカヤッカーもいっぱいでしたね。

ダッキーツアーは、カヤックの経験者の方が、初めての方をお連れしての参加でした。これなら、レベルが違っても一緒に楽しめるのでいいですね。初心者も最初からダウンリバーの楽しさを味わえますし、タンデム艇を使用したので、後ろに経験者がいればなおさら安心です。
初中級クラスの講習は、皆野中から小滝までダウンリバー。途中、サーフィンをいっぱいしたかったのですが、水量が少なくなって、今はあまりいいスポットがありません。さくらはいい感じなのですけどね。ここはちょっと巻いていますから、サイドサーフィンも出来るレベルが必要です。これからはさらに水量が減って、マイルドなさくらウェーブになりますので、チャレンジしてみましょう。

b0225495_2383071.jpg
透明な水の上を、カヤックが横切る。

b0225495_2384059.jpg
青い広い空に、そよ風が吹いていて、気持ちいい日でした。
今日はパラグライダーが20機くらい飛んでました。

今日のアルバム
ダッキーツアー
初中級クラス
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-23 22:43 | ツアー | Comments(0)
ラダーにも慣性を意識して
9/22 親鼻水位1.41

ベーシック初中級
飛び石連休の中日、平日とあって静かな長瀞でしたが、講習はありました。週末の長良川ツアーにも参加のYさん夫妻です。天気も快晴で、ずっと秋晴れが続いていますね。今、漕がなくて、いつ漕ぐの?そんな状況が続いています。

講習は皆野中からスタート。午前はサイドサーフィンメインでした。これまで、あまりサイドサーフィンの経験のないY夫妻、最初はホールに捕まるとグラグラしてしまいます。一番の原因は、体が硬いから。緊張すると、どうしてもそうなってしまいますが、そこは慣れていくしかないです。腰が柔らかければ、上体はブレなくなります。あとは、重心の位置。低く抑え、前後も膝回りに近い、ボリュームのある部分に持ってきます。重心が低い位置にあれば、揺れも小さくできます。最初はフララフラだったのが、だいぶ安定してきました。

もう1つは、バウラダーをテーマに講習。水を受け流すことで、流れの力を利用してカヤックを進めようというものです。これは、まずブレードが水を切る、または受け流す感覚が必要です。このことによって、上体が固定、つまり支点が作れるのです。そこからは、行きたい方向にお腹で調整します。
しかし、その前にラダーはとは、そもそもどんなものでしょう?ラダーの役割は、惰性を持続させ、その慣性方向をコントロールすることです。でなので、ラダーを生かす前提として、惰性つまりスピードが必要です。カヤックにスピードがなくても、流れを使えば同じ状況にはなります。そして単にスピードだけでなく、その慣性方向も大事です。ここは見落としがちなポイントでしょう。
ブレードが水を受ける割合が多い場合、水を切る割合が多い場合とか、サイドスリップなどいくつかのパターンで練習。方向のコントロール、だんだん出来るようになりましたね。実践で使うには、目標があって、そのラインを正確にトレースするためです。目線を大事にしていきましょう。

b0225495_748391.jpg
サイドサーフィン。腰をどっしる落とすような感覚で。

b0225495_748463.jpg
バウラダーが使えると、応用できる範囲は広いです。

今日のアルバム

[PR]
by bpkayaks | 2014-09-22 07:06 | スクール | Comments(2)
思わず笑ってしまいます
9/21 親鼻水位1.44

ダッキーツアー
少し前までは雨予報だったこの週末、すっかり快晴です。9月はほんとに気持ちのいい日が続いていますね。本日はダッキーツアー、そんな中での川下り、最高です。参加は仲良し女性4人組。前日からのキャンプで、遅い長瀞での夏休みを楽しんでいかれました。
ツアーは、水量はやや少な目になったものの、その分、水はキレイ。それでも要所要所の瀬は、迫力十分だし、瀬と瀞場の繰り返しで、スリルとのんびり癒しを楽しみながら下りました。
最後の瀬のカナディアンでは、見事にホールに捕まって転覆。4人中、2人泳ぎましたが、別に泳いだった変平気です。いや、むしろ、泳いだ方が気持ち良かったかな?2人とも陸に上がった後、笑顔でした。
ツアーの後は、長瀞名物のそばを食べて、さらに天然かき氷。いい夏休みの思い出となったでしょうか?
b0225495_23595174.jpg
波の中に落ちていく、この直前のスリル感がたまらない。

b0225495_00595.jpg
透き通った早瀬を並んで下る。移りゆく川底の石が早さを感じます。

b0225495_015385.jpg
笑顔で記念撮影ですが、これ転覆の後なんです。思わず笑いがこぼれます。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-21 23:28 | ツアー | Comments(0)
水に浮く、そして移動する
9/20 親鼻水位1.45

カヤック入門
飛び石連休の9月後半、当初の天気予報は悪かったのですが、すっかり良くなり気持ちのいい日になりました。しかし、予報が悪かったせいか?長瀞の人出はそれほどではなかったです。

本日の講習はカヤック入門。初めての方向けの1日講習です。カヤックに興味があって、けど自分にできるか不安な点もあり、まずは試してみよう。そして、できたら趣味として続けてみたいな。そんな感じで参加頂いております。
ここのところ、ずっと水が澄んでいて、会場の岩畳も川底まで見えています。深い場所では、パドルを突き刺しても届かない。2m以上の透明度があります。初めてカヤックに乗った時、水に浮かんでいる感覚が新鮮ですが、川底が見えているとなおさら浮遊感がありますね。
最初は真っ直ぐ進まなくて、カヤックってこんなに難しいのかな?と感じたかもしれませんが、半日もすれば、だいぶ慣れてきます。まだ、自由自在というほどではないでしょうが、それなりに行きたいところへ行けるようになりました。これが、楽しいのです。自分の意思で、水の上を移動できる。後半は、緩い流れを漕ぎ登ることもできました。最後は漕ぎ登った分を川下り。短い距離ですが、ゆったり流れに身を任せて下ります。ゆっくりと時間が流れ、癒しのひとときですね。
カヤックは奥が深い遊びです。まだまだ楽しいことがありますから、ぜひ、次回をトライしてみてください。
b0225495_747432.jpg


b0225495_7475895.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-20 21:02 | Comments(0)
長瀞満喫
9/18、19 親鼻水位1.44

カヤック体験、ダッキーツアー、流れ入門
18、19日と連日で女性お2人の参加でした。Nさんは昨年から何度か来て頂いていますが、お友達のMさんはカヤックは初めて。そして、ダウンリバーもしてみたい!ということで、静水の岩畳でカヤック体験から始まって、ダッキーでダウンリバー、2日目は流れの講習と、2日間も長瀞を満喫して頂きました。家に帰ったら爆睡かな?
Nさん自身も、今回、ダウンリバーは初めてだったし、2日目にはロールにもチャレンジしました。ロールもいい形になっています。あと一息で上がりそうですね。いろんな川に行ってみたいそうなので、これから楽しみです。2日間、いっぱいあったので、あとは写真で紹介です。
b0225495_2362660.jpg
天気は時々晴れました。秋晴れの下、気持ちいい。

b0225495_2371890.jpg
ダッキーではいきなり小滝から。初めても川下りできるダッキーは素晴らしい。翌日にはカヤックでも小滝、行きましたよ。

b0225495_2374647.jpg
Nさん、ダウンリバーは初めて。今度はカヤックで下りましょうか。

b0225495_2382394.jpg
ロール講習もやりました。楽しかったそうです。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-19 22:50 | スクール | Comments(0)
慣性を生み出すには
9/17 親鼻水位1.51

ベーシック初中級
今週は平日もずっと講習が続いています。今、長瀞は水がかなり透明でキレイです。こんな中で漕げるのは幸せですね。
本日の講習はK夫妻。前回は小滝で2人とも泳いでしまいました。ただ下るだけでなく、左岸のエディキャッチを狙ったのですが、ライン変更が出来ずに、結局ど真ん中の大波で沈してしまいました。今日はリベンジを果たすべく、何が問題だったのかを講習していきました。

さて、瀬を下るとき、流れを読んでラインを考えますが、ラインの決定自体はそんなに難しくないと思います。初心者でも、岩やバックウォッシュなど見ればわかりますからね。しかし、問題なのは、そのラインをイメージ通りにトレースできるか。確かに正確にラインを漕ぐには、漕力や技術が必要ですが、そこまで強い流れでなければ、その人のレベルにあった簡単なラインというものがあります。(これはスラロームを学ぶとよくわかります。早いラインとは別に易しいラインがある。)にも拘らず、曲がりたいところで曲がれずにラインを逸脱してしまう。これは行きたい方向に(目標に)慣性が向いてないから。目標に慣性が向いてなければ、そのままいくら漕いでも到達できません。つまり、目標方向に慣性を生み出すことが出来ていないのです。
ここを課題にいっぱい練習しました。バウを向けるのは当たり前ですが、バウが向いただけでは、慣性は発生しません。ポイントとなるのは、
・ターンをしかけるタイミング
・ターンからの立ち上がり
です。時には漕がない(減速する)ことも有効ですね。
そして、最後、小滝チャレンジ・・・。
見事、リベンジ果たしましたよ!
b0225495_23484951.jpg
サーフィンも練習しました。前回よりもだいぶ上手くなりました。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-17 23:15 | スクール | Comments(0)
フリースタイル始めます
9/16 親鼻水位1.56

ベーシック中級
連休が明けましたが、気持ちのいい日が続いています。講習は昨日に引き続き参加のOさん。毎回、数少ない休みをスクール受講に使って頂いています。
Oさん、ダウンリバーも上手くなりたいし、フリースタイルにも興味ある、キレイな水の渓谷も下ってみたい。カヤックが楽しくて、欲張りな望みですが、本日はフリースタイルを中心に講習してみました。本格的なフリースタイルはまだほとんどやったことがないので、サーフィンと易しいスポットでスピンにトライしました。皆野からダウンリバーしたのですが、下ってすぐにある小さなホールで、サイドサーフィンから。ここは小さいけど、サイドが食われやすいホールです。入った最初は、留まるのがやっとで、艇が暴れてばかりでしたが、だんだん慣れてきて、サイドサーフィンも徐々に落ち着いてきました。緊張して力が入り過ぎると、余計にふらついてしまいます。口で言うのは簡単なのですが、いかにリラックス出来るかカギ。
さらに下っていって、鉄橋下、コビトホールにもトライ。初めてのスピン練習だったのにもかかわらず、スピンぐるぐるでした。

ダウンリバーでは、ラインのチャンジを練習。ターンポイントをどこに持ってくるかが、ポイントになります。簡単なのは、早めに準備すること。早めにアングルを作っておけば、ラインの調整も易しくなります。この考えを使って、小滝では途中の左岸エディキャッチを狙いましたが、見事成功!やりましたね。

新潟の冬は、川は閉ざされてしまいますが、そんな時は寄居のスラローム講習にもぜひ来てください。目からウロコの講習ができると思いますよ。
b0225495_23492354.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-16 22:45 | スクール | Comments(0)
2日連続で
9/15 親鼻水位1.58

流れ入門
連休最終日は、ちょっぴり曇り気味。けど、水はさらに透明度が増してきた感じで、流れる川底を見ていると、心が落ち着きます。

講習は昨日から連続でMさんとYさん。越谷のレイクタウンで初カヤック体験をし、面白かったので今回、長瀞にいらしたのですが、ゆったりした川をのんびりと下るイメージでいたのですが、昨日の流れ体験には翻弄されたようです。まあ講習だから、いろんなことにチャレンジしたので難しかったかもしれませんが、ゆったりした場所をただ下るだけなら、簡単なのですよ。
で、本日は昨日と場所を変えて、亀岩付近で講習。川がいくぶん細くなって、流れも少しメリハリが出てきます。まずはフェリーグライドに、昨日はあまり出来なかったストリームアウトを練習。ストリームインでは、カヤックが回されないようにエディラインに対し平行に近い角度で入りますが、アウトは逆にできるだけ横向きに侵入します。そうでないと、エディライン付近でターンしてしまい、下流に落とされやすいからです。あと、角度だけでなく、スピードも必要ですね。
フェリーやインアウトができるようになったら、次は目標を決めてラインを考えてみます。どういうラインを描けば、目的地の行けるのか?それには、まず、行き先を見ていることが重要です。見ることで、状況が把握できるし、そしてどう漕げばいいか判断を下せるのです。

2人とも昨日のことを考えると、かなり進歩しました。やはり連続で漕ぐと、積み重ねが早いですね。気が付くと、最初出来なかったことが、出来ていく。そこに楽しさを感じていました。これがリバーカヤックにはまる理由です。
最後は小滝バイパスを下って岩畳へ。2人とも岩畳の景色にとても感動していました。カヤックに乗って、水面をゆったりと流れる。自然と一体になった、そんな感覚です。

そう、講習はもう1クラスありました。こちらも2日連続ですが、今日と明日です。こちらはまた明日。

b0225495_1304036.jpg
大岩の横を下る。まさかこんなとこまで下れるようになるとは思わなかった?

b0225495_1305012.jpg
岩畳は、誰もがその雄大さに感動します。この景色はカヤックならでは。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-09-15 23:51 | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧