ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
悪魔の階段
11/29 湯原水位2.67

水上・諏訪峡ツアー
11月は毎週続いていたツアーもこれが最後。最後は激流で知られる利根川・諏訪峡です。しかし、ハイレベルなのは水量の多い雪解け時期のこと。通常は?パワーがあまりなく、そこまで難易度は高くありません。それでも核心部となる「悪魔の階段」は水量が少なくても緊張するレベルでした。

朝から雲行きは怪しく、集合時間の頃にはけっこうな雨。寒い中のツアーかなと思いましたが、準備をするうちに、だんだんと明るくなってきて、午後は日差しも戻り、寒さは平気でした。スタートは水明館から。いきなり落差のある瀬ですが、スタート地点の感じが以前と変わっています。堰堤のように川幅いっぱいに石が積んであるのです。岩の上を水が流れいますが、これはゴンゴンとぶつかりながら下るような感じ。つっかえないか心配でしたが、どうやら問題ないようです。そして、この岩堰堤はこのあといくつもありました。工事して段を造っているのですが、なんのために?落差があって面白くもありますが、やはり自然な瀬の方がいいな。前半はこんな感じでドロップ&プール。
そして水上温泉峡へ。ここから川幅も狭くなって、本格的になってきます。温泉峡はストレートな瀬が長く続いて快適。温泉峡出口ではスポット。ウェーブとホールが繋がっていて、サーフィンとバーチカルムーブが楽しめます。下流も瀞場なので遊びやすい。スポットで来てもいいくらい。

そして水上峡の次はいよいよ諏訪峡。メインディッシュとなる悪魔の階段が待っています。ここは最後に区間最大の落差のドロップがあって、その手前ではホールがいくつもある中をラインを作って下らなければいけません。今回は水量が少ないので、多い時に比べればこのアプローチラインがそこまで難しくはない。けど、最後のドロップはやはり迫力あります。下る前はドキドキです。ラインをイメージしていますが、ドロップが目の前にきたら、もう考えている余裕もありません。とにかく漕げ!って感じです。結果は皆さん、見事成功!いい漕ぎっぷりでした。
そして短い諏訪峡ですが、まだ瀬は続きます。大きな瀬が2つ。悪魔の階段の後なので、見劣りする感じですが、こちらもけっこうな迫力でした。そして諏訪峡を抜けてゴール!  水量の少ない時期の利根川ですが、スポットもできて、ダウンリバーも十分に楽しめました。

b0225495_21475812.jpg
けっこうな瀬のように見えて、実は石の堰堤です。今回、いくつもあった。

b0225495_21483960.jpg
スポットプレイも楽しめた。Uさん、このあと奇跡の?2エンドが決まりました。

b0225495_21485032.jpg
水上峡入口の瀬。クランクになっていて、水量の多い時は難しい。

b0225495_2149668.jpg
水上峡出口のスポット。Mさんも見事なカートを決めました。

b0225495_21492434.jpg
諏訪峡をクリアし、皆でガッツポーズ!

b0225495_21491631.jpg
最後のドロップも迫力あり。Uさんボートは残念でしたが・・・。すいませんでした。


ツアーアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-29 21:00 | Comments(0)
流れはボトムで受け流す
11/28 親鼻水位1.33

流れ入門
紅葉ツアーから久しぶりの講習になりました。週前半は天気が悪かったので、漕ぐのも久しぶり。久しぶりといっても5日ぶりですが。長瀞の紅葉もだいぶ終わりに近い感じです。

参加のNさん、カヤックの経験は何度もあるのですが、流れの講習は初めてでした。流れ初なので、ダウンリバーの基礎を講習しました。まず姿勢や構え、ストローク、リーニングの基本をチェック。次にフェリーで流れに慣れていきます。フェリーのさい、まずリーニングがキープされているのは前提。上流を持ち上げるというイメージよりは、下流側の(エッジに)上に真っ直ぐ乗ること。そして、流れをボトムで受け流すイメージがいいでしょう。あとは、流れの強さとボートのアングル、漕ぎの強さです。この3つを計算して、カヤックを狙ったところへ進めます。まだ、エッジに乗るリーニングがなかなか難しいですね。上体が真っ直ぐになってくれば、安定感も増し、漕ぎも強くなっていくと思います。
フェリーの次はストリームインアウト。ここでもリーニングは大事です。流れを受けるタイミングで、踏み切りの漕ぎ方、流れキャッチなどを練習しました。これらの基本があって、ダウンリバーができるようになっていきます。
Nさん、秩父にお住まいで、とても近く、カヤックで遊ぶには絶好の環境です。すでに自艇だって持っているし。ちかいうちの長瀞ダウンリバーにも挑戦しましょう!

b0225495_2222470.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-28 20:30 | スクール | Comments(0)
紅葉ツアー最後は長瀞
11/23 親鼻水位1.24

長瀞紅葉ツアー
連休中日も快晴、小春日和でした。長瀞の混雑もすごい、帰りの渋滞は、舟玉祭に次ぐくらいの多さでした。参加の皆さん、お疲れのところ運転も大変だったと思います。遅くまでありがとうございました。
午前は大岩、鉄橋下周辺でインアウトなどの講習、午後は樋口までダウンリバーしました。紅葉の具合はばっちり。今年は色づくのが早めだったので、もう終わりかけになるかなと心配していましたが、まだ十分見ごろ。ライトアップも30日までですが、そこまでなんとか持ちそうです。
急流と紅葉を楽しみながらのダウンリバー。いい写真もいっぱい撮れました。とても楽しかったです。あと、やはり、ダウンリバーすると課題が見つかりますね。さらなる向上を目指して、続けて楽しんでいきましょう!

b0225495_21303159.jpg
b0225495_21304450.jpg
b0225495_21305676.jpg
b0225495_2131916.jpg
b0225495_21312225.jpg
b0225495_2131352.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-23 20:31 | ツアー | Comments(0)
本流から外れないように漕ぐ
11/22 親鼻水位1.23

流れ入門&紅葉ツアー
今年最後の3連休、今日、明日は最高の天気のようですね。予報では埼玉は20℃まであがるそうだとか。今日はツアー予定ではありませんでしたが、紅葉もいいし、こんな絶好のカヤック日和にダウンリバーしないのはもったい。くつなしまでダウンリバーしました。

講習は今年の夏に初めてカヤック体験して、面白さを知ったFさん親子。カヤックはもう数回漕ぎましたが、ダウンリバーは初めてになります。
午前はダウンリバーに向けて練習。川を下っているとき、大きくわけて、「本流から外れないように漕ぐ」ときと、「本流からアウトしていく」ときの2つがあります。(もちろんこれ以外もあるけど)長瀞の場合、本流=安全ルートのケースが多いので、まずは、本流から外れないように漕げば、けっこうなんとかなります。もちろん、エディに入るときもあるし、岩やホールを避けるときもあります。この時は本流から外れる動きになります。この2つを練習しました。
まずは本流から外れないように流れを1つの線とみなし、それをトレースする。つまり真っ直ぐ下るということですが、意外と難しかったりします。しっかりとしたスピードに乗るフォワードが大切ですね。
次にラインを変える練習。流れの速さを計算し、自分では横方向に漕いでいきます。このとき、イメージしたラインとずれがあると、慌ててしまうので、どのくらい流されるのかを計算できれば、漕ぎにも余裕が生まれます。
午後はいよいよ川下り。瀬の前ではドキドキでしたが、沈もなく無事完漕できました。瀞場では紅葉も楽しめたかな?初めてダウンリバーが体験できて、ドキドキとニコニコでした。

b0225495_22144440.jpg
快晴の青い空に紅葉の赤が映える。絶好のダウンリバーday。

b0225495_22145428.jpg
Nちゃんも、旋回より余裕が生まれたか、笑顔が増えました。

b0225495_2216241.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-22 21:43 | スクール | Comments(0)
思えば遠くへきたもんだ
11/20 親鼻水位1.20

長瀞紅葉ツアー
平日の長瀞紅葉ツアー。平日でも観光客はいっぱいです。ライン下りが次々と下ってきます。週末がおそろしい・・・。さてツアーといっても参加1人なので、のんびり講習して下ります。のんびりと言いながらも、午前はサクラウェーブ張り付きなのですが。
長瀞の水量もだいぶ少なくなり、サクラもコビトのよう。スピンのできる人には物足りないくらいです。Fさんもスピンはもう簡単なので、横にあるウェーブを使って切り替えしの練習をしました。ボートを前に走り出させる動き、ウェーブのショルダーを利用した切り替えし。このあたりがポイントでした。最後の方はできるようになってきましたね。
午後は樋口までダウンリバー。思い起こせば、Fさん、カヤックを始めたのは4年前のちょうど秋でした。初めての長瀞紅葉に感動し、冬には氷が張る長瀞で泳いでもいました。最初の頃は、まだロクにダウンリバーもできないのに、フリースタイルがしたいと背伸びしていましたが、今はいろんな川にもいけるし、フリースタイルも十分に遊べるようになりました。あの頃が嘘のような成長です。まだまだ、いっぱい遊んで下さいね。

b0225495_09169.jpg
b0225495_093044.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-20 23:38 | Comments(0)
静水楽しい~
11/19 親鼻水位1.25

フリースタイル講習
本日の講習参加はOさん。昨日の講習は奥さんの方でしたが、今日は旦那さんです。昨年の今頃は、ダウンリバーがやりたいからフリースタイルボートはいらないと言っていたのが、いつのまにかボートは短くなり、今は毎週のようにスポットで楽しんでいます。

講習は静水フリースタイルとスポット特訓。午前は静水、午後にさくらに移動しました。静水では、まずはバランスの部分。大きくリーンしてもエッジに乗っていられるか。傾けるだけでなく、エッジで水を切り裂くイメージがポイントです。
次にカヤックを立たせる部分では、体のひねりを使うこと。つい、前加重に力がいってしまいがちですが、あくまでカートホイールも横の動き。横に回す意識が大切です。その動力は、体のひねりとひねり戻しです。ここまでやって、Oさん、簡単に立ちました。立たせることができたので、次はスターンに繋げる動き。これもスピンと同じで、エッジの切り替えしです。どのタイミングで切り返すか、重心のかける方向をやりました。そして、見事、2エンド成功。Oさんからついに「静水楽しい~」という声が。

午後はサクラウェーブ。すでにスピンはできているので、位置調整をすることをテーマに講習。スピンの途中、つまりバックサーフィンで一旦、フラットを作り、その時の状況で、すぐに回すのではなく、必要なら修正をします。こういう微調整があって、安定して確実に回れるようになります。もう1つ、一番のメニューだったウェーブのサイドを使った切り替えし。これも位置調整するために必要なことなのですが、これができるようになると、この先にカート、ブラントが見えてきます。ここでの切り替えしには、午前に練習したエッジの乗る感覚が必要です。これは難しくて、なかなかできなかったですが、最後の方でやっとできるようになってきました。ポイントは前に出す力とスムーズなエッジの切り替えしです。
Oさん、ますますフリースタイルが楽しくなっていきますね。

b0225495_8224611.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-19 20:50 | Comments(0)
下半身で動かす
11/18 親鼻水位1.25

流れ入門
長瀞の紅葉もとってもいい感じ。だんだんとピークも過ぎようとしています。今週までが見ごろかな。そんな中、講習参加は、今年夏にダッキーに参加して、カヤックが面白いと感じて始めるようになったRさん。旦那はすでにすっかりはまっているので、ギアはすべておさがりで揃っています。もうカヤック何度か漕いでいるし、先月は万水川のツアーも参加しました。けど、流れの講習は今回が初めて。
まずは、姿勢やパドルの構え、そして基本ストロークから。構えでは、「パドルは必ず自分の胸の前にある」というのが基本。これは、つまり、手漕ぎではなく、体幹で漕ぐということになります。そして、漕ぎで大切なのは、カヤックを動かすこと。まあ、当たり前のことだけど、この当たり前のことが、意外と理解が難しい。たいてい、カヤックでなくパドルを動かしているからです。ブレードで水をキャッチし、そこを支点に下半身を動かす。このブログを読んでいる人には、何度も出てきたフレーズでしょう。下半身は骨盤を前に出すように言っているのですが、感覚として掴むには時間は掛かるかもしれません。
流れの練習では、最初はフェリーをやりました。流れをみて、その強弱に合わせて、漕ぎの強さ、ボートのアングルを変える。行き先の目標を決め、そこに正確に行くための計算をします。いろんな場所でフェリーしてみることで、流れの中でカヤックがどう進むのかを理解します。斜め下流に行きたい場合、流れが下流方向には進めてくれるわけです、あとは自分が横方向に漕ぐだけ。単純な話ですが、この計算は経験が必要です。
もう1つ、ストリームインを練習。エディラインを超えることが、初心者の最初のハードルですから、だんだんと強い流れでも入れるように頑張りました。
今まで自己流に近かったので、有意義な時間を過ごせたようです。これから夫婦でいろんなところに行けるといいですね。

b0225495_23533473.jpg
b0225495_2353424.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-18 23:20 | スクール | Comments(0)
秋も夜も深まって
11/16 万場水位0.33

神流川ツアー
先週の渡良瀬川に次いで第2弾、神流川に行ってきました。長瀞から1時間という比較的近い場所にあります。春はアッパー部に行きましたが、今回は下流部(万場~神流町)です。下流部の方は傾斜は緩く、渓流といった川相で、比較的やさしい川です。しかし、数カ所、落差の大きいところもあり、スカウティングも必要。1か所はエスケープする場所もありました。(ログが入っているため)
この川の特徴は、まず水がきれいなこと。これだけでテンションあがります。渓谷で景色も綺麗。そして、紅葉も素晴らしいのですが、今年は紅葉が早く、やや終わりかけている部分もありました。
参加は8名様と多く、この細い川では縦に長い列となって下りました。昨年も参加した方は、去年に比べて進歩が見られましたね。ラインを読んで下れるようになりました。流れは弱いですが、岩が多いので、ラインを読む技術が求められます。今年、泳いだ方は、来年への課題にしましょう。水量が少ないのが残念なのですが、とてもいい川です。
ゴールした時には、あれっ??すかっり暗くなっていました。5時にゴールでしたが、この時期はもう暗いですね。来年はもう少し距離を短くしましょうか。申し訳ありません。遅くまで付き合い頂きありがとうございました。

b0225495_8242321.jpg

b0225495_8245264.jpg

b0225495_8251095.jpg

b0225495_8252995.jpg



ツアーアルバム(2ページ目もあるよ)
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-16 07:51 | ツアー | Comments(0)
まずはサーフィン、サイドサーフィン
11/15 親鼻水位1.27

フリースタイル講習
紅葉シーズンの晴れた週末、見ごろをむかえ長瀞も観光客で大賑わいです。ライトアップも始まったため、夕方、帰るときにカヌビレ前も大混雑。ライトアップきれいですよ~。

講習は久しぶりにフリースタイル。水も少なくなったので、サクラウェーブで講習できました。ホールではまずトップどり。playboatingでも何度も書かれていますが、ホールもウェーブも、まずはトップ。ここからすべてが始まります。トップを取れなくてもスピンはできます。けど、それでは安定しないし、そのさらに先は望めないでしょう。
エントリーでは、できるだけ漕がないでバックウォッシュのトップを移動、真ん中にきてもすぐにサイドサーフィンにならずに、できるだけフロントサーフィンを維持。こういった練習でバックウォッシュトップの感覚を養っていきます。
参加3人のレベルも少しづつ違ったので、「とりあえずホールに入って、サイドで安定する」、「スピンがやりやすいポイントを探す(移動する)」、「バックサーフィンからの切り替えし」、「サイドサーフィンから態勢の立て直し」など、それぞれ課題をトライしていきました。

最後は静水もちょっとだけ。ダブルポンプを中心にやったのですが、ダブルポンプとピッチングは違います。上体の前後でボートを揺らしてはいけません。ダブルポンプ(カートホイール)はあくまで、「ひねり」です。スィープ、バックスィープの横の動き、お腹のひねりを使っています。

インアウトなども少しやりましたが、まだまだ不十分なところがありました。今度はダウンリバーテクニックもやりたいですね。

b0225495_744290.jpg
今の水量のサクラは、フリースタイル初心者には練習しやすい。だんだんと慣れていきましたね。

b0225495_7462393.jpg
写真はブレていますが、Nさん、角度立ったじゃないですか~

b0225495_7484845.jpg
紅葉もばっちり!

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-15 21:09 | スクール | Comments(0)
岩を避けるのではなく、流れに乗る
11/12 親鼻水位1.29

ベーシック初中級
今年の長瀞の紅葉は色つきがいいようです。ライトアップも14日から始まりますよ。

本日の講習は、週末の神流川ツアーに向けて、「岩の避ける」ことをテーマに練習してみました。今、「岩を避ける」と書きましたが、「避けよう」と思っていると上手くいきません。昨年の神流川ツアーの時も書いたのですが、「避ける」のではなく、「流れに乗る」こと。あくまでも、自分がどこを通りたいのか、その流れを探して、その流れに乗ることです。「岩に向かっている流れはどれで、抜ける流れはどれなのか?」を判断、現在のライン上に岩があるなら、ライン変更を行います。ライン変更は講習の中でもよくやっているメニューです。
ボートを6時の慣性から急に4時や3時の慣性に変えるのは簡単なことではありません。6時のスピードが速いほどなおさらです。車が急に曲がらないのと同じです。そこで、緩やかなカーブラインをイメージすると曲がりやすいし、きっかけのスイープストロークだけでターンするのではなく、その前からの数ストロークのフォワードで、曲がる方向の慣性をある程度つくっておくことで、ターンからの立ち上がりがスムーズになります。
Kさん、「今まで見えてなかったラインがわかるようになってきた」とのこと。いいですね。流れを線でとらえ、どの線に乗るのか?これが川下りの基本ですよ。週末、楽しみですね。

b0225495_0371066.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2014-11-12 23:44 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧