ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
<   2015年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
前加重と後加重
4/30 親鼻水位1.32

ベーシック初中級
4月最終日、今年ももう1/3が終わりです。今日はGW中の平日ですが、カヤッカーはわずか。観光客も少なかったですが、遠足?の学生がライン下りでいっぱい下ってきていました。なぜ、混む時にわざわざ遠足なのか?

さて、今日の講習も親鼻キャンプ場横からスタート。目当てはホールライディング。ここはやさしいホールなので、ここでスピンが出来るようになりたいですね。まずはサイドサーフィンに慣れることから。ですが、まだ緊張が解けないようです。体が固くなっていると、余計ぐらぐらする。ぐらぐらするから逃げ腰になって、さらにスターンが食われやすくなる。という悪循環です。力を抜いてボートの揺れを腰で吸収できるようになると、たいしたことないと思えるのですが、まあ、そこが難しいところですよね。だんだんと慣れていくしかありません。
ホールのあとは、ウェーブを使ったフェリー。上手くウェーブを利用できないとキャッチできないエディを目標に練習しました。ウェーブを使うコツは、1つはボートアングル、ウェーブに乗り続けるなら、1時から2時アングル。そして、ストリームアウトでは4時になった方がエディキャッチが上手くいきます。もう1つはストロークのタイミング。基本的には、トップからボトムに落とすためのストロークですが、あまり前すぎてもフェースにバウが刺さってしまいます。同時に重要なのが重心。前加重をいつするか。このタイミングはシビアですね。
流れのインアウトでは、「3ストローク、1ストロークで本流から抜ける」練習。いずれも1ストロークで進ませる距離を伸ばすことが狙いです。この練習では、ストリームアウトの踏み切りが強くなっていました。やはり、長い距離を届かせようという意識があると、自然とストロークも強くなりいいですね。
もう1つ今回は「インアウトでの前加重、後加重」というのもやりました。例えば、インアウトではリーニングする。つまり、エッジに加重しているのですが、左右でけでなく前後も意識してみましょう。という内容です。
ストリームアウトでは、いつでも前加重。
ストリームインでは、前加重と後加重の使い分け。

試してみればよくわかりますが、インで前加重したときと、後加重したときの違いがはっきり出ていました。インでの後加重は意外と有効ですね。私はけっこう使っています。

b0225495_21544676.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-30 20:52 | スクール | Comments(0)
スピン始めました
4/29 親鼻水位1.33

ベーシック初中級
今日からGWに入った方も多いかと思います。長瀞もだいぶ賑わっていました。観光客もカヤッカーも多かったです。

しかし、講習はマンツーマン。びっしりやります。Yさん、レンタル艇ですが、今回からFUNに変えてみました。今までのスーパースターよりも、体格的にはこちらが合っています。少し横幅も狭くなり安定性は劣りますが、問題ない感じでしたね。そして、講習内容もフリースタイルプレイにトライです。ホールに初挑戦、そしてスピンにもトライしました。初めてなので、親鼻キャンプ場横にある易しいホールで練習。ここはサイドの流れがオートマチックに回してくれるスピンのやりやすい場所です。バックウオッシュも弱いのですが、慣れてないとそれでも怖いです。まずはホールに慣れるところから。いつでもホールから出られるという安心感や、捕まっていても安定性があれば、落ち着いてプレイできるようになるはずです。まず、ホールに入って出る、ホールに留まってみる、から練習。だんだん慣れてきて、いざ回してみます。リーンを切り返すタイミングが分かれば、そんなに難しくありません。それには視線が大事ですね。Yさん、初めてでしたが、何回かスピンできました。「なんか勝手に回っている」と言っていましたが、それでいいのです。いいポジションにいることが、コツです。

午後は流れでインアウトとエディキャッチの練習。ウェーブを利用したフェリーなどもやりました。エディキャッチで、あと少しを頑張ればは入れそうなこともあったのですが、あきらめるのがちょっと早いですね。もちろん無理をして沈をすることを避ける判断も必要ですが、あと一漕ぎを強くやってみましょう。

b0225495_2321262.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-29 22:05 | Comments(0)
GW最終日はザブンザブンで行こう!
破間川ツアーのご案内

破間川(あぶるまがわ)は新潟県、魚野川の支流で、4月下旬から5月中旬くらいまでの雪解けの時期のみに下れるホワイトウォーターエリアです。
水量に左右されますが、大きな波と大きなボイル?が特徴。雪解けのビックウォーターが楽しめます。サーフィンが楽しめるウェーブは多くあります。
レベルは中級。長良川程度でしょうか。水温はかなり低いのでフルドライが必要。泳ぐ恐れがある場合は、インナーも暖かめがいいです。

期日:5/6(水)
集合:道の駅 入広瀬 9:30
   (お車の場合、関越自動車道・小出ICから約30分。)
料金:¥8,000 (レンタル艇¥9,000)

下見をしてきたので、以下、瀬の様子等です。
b0225495_20322364.jpg

b0225495_20324572.jpg

b0225495_2035586.jpg

b0225495_20394867.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2015-04-28 20:27 | ツアー | Comments(0)
結果が大事
4/26 親鼻水位1.30

ベーシック初中級
暖かい日が続きます。今日は観光客もパドラーもけっこう多かったです。
講習は今シーズン、すごいやる気になっているMさん。フォワードストロークの改善とフリースタイル的なことも少しずつやっていきたいというリクエスト。
午前はフォワードストロークをみっちり。まずは姿勢からです。姿勢は重心位置に関わってきます。中心に乗り、そこを軸にして漕ぐ。姿勢が真っ直ぐしていないと、軸も真っ直ぐになりません。
いろんな点をチェックしながら講習。ストロークライン、パワートルク、パドルの重心、シャフトの角度、骨盤の動き、視線・・・等。そして一番大事なのが、結果。つまりカヤックがどう動いているか?カヤックを動かすという意識です。
パドリングの練習をしているから、どう漕ぐか?ということを気にしてしまいそうになりますが、大事なのは、カヤックがどう動いたか。1ストロークでの距離、左右の慣性、水面との抵抗・・・。カヤックの動きを調整しようとすると、お腹に力が入っていることに気付くかと思います。狙ったところにカヤックを運ぶ、そのための漕ぎです。なので、1パドルずつ、カヤックの動きに集中しなければいけません。
静水での練習では、だんだんと形になっていきましたね。これを流水でもできるようにしていきましょう。流れでは不意沈が多かったですが、パドルに体重が乗っている証拠です。カヤックの重心がどこにあるか意識し、そこに乗り続けられるよう頑張ってみましょう。

フリースタイルでは、ちょっとしてウェーブとドロップに入ってみました。サーフィンはまだあまりできませんでしたが、いいスポットがあると、けっこう出来たりします。また、サーフィン自体はフェリーの延長。フェリーの練習で上手くなっていきますよ。今度は場所を変えていいスポットでトライしてみましょう。

b0225495_854481.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-26 21:14 | スクール | Comments(0)
踏み切りで押し出す
4/25 親鼻水位1.31

ベーシック初中級
今日からGWに入るのかな。とりあえず前半はずっと天気良さそうですね。

今シーズンはまだ本格的に漕げてなくて、流れの基本を見直そうということで、講習に入って頂きました。
静水でのフォワードはいい感じです。冬はスラローム講習もあったし、静水で基本を見直ししていたからでしょう。そこで、片漕ぎの練習(光り輝く1ストロークです)。まだこれは完全ではないですね。これが出来てくると、パドルでなく、カヤックを動かすということが出来るようになった証拠です。下半身でコントロールするとは、こういう感覚なのだということがわかってくると思います。自主練のときもぜひメニューに入れて下さい。
インアウトの練習では、踏み切りでの押し出しを特に意識。このときこそ、片漕ぎの光り輝く1ストロークを使います。不意沈を避けるには、ちゃんとカヤックが進んでいること。自転車が倒れないのと同じ。多少、リーンは甘くても前にスピードがあれば沈しません。最高のリカバリーは前進することです。
インしてから流れキャッチ(バウラダー)のところでも、スライスが出来ていました。腕を伸ばしきってキャッチするのではなく、軽く曲げて遊びがあることで、ボートの慣性をキープでき、ブレードはスライスすることができるのです。
サーフィンも少しやりましたが、いいスポットがなく、あまり十分に練習できなかったですね。今度はショートボートでじっくりトライしましょう。

b0225495_23404472.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-25 21:25 | スクール | Comments(2)
NEW FUN入荷
2015モデルのFUN入荷しました。
けっこうきれいなカラーだと思いますけど、どう?
b0225495_10285534.jpg

この形をみていると、ダウンリバーがしたくてうずうずしちゃいます。
昨年モデルより、少しだけ長くなり、スターンのボリュームがアップしており、
ダウンリバー性能が向上しています。フットスペースも広いですね。
サイズ的に体重65kg以上の方にお勧めです。

価格は¥120,000
2FUNの予約も承っていますよ。
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-24 10:32 | Comments(0)
光り輝くシリーズ?
4/23 親鼻水位1.33

ベーシック初中級
本日は暖かい1日でした。5月中旬くらいの気温だったそうです。川の上は気持ちいいとういか、濡れないと暑いくらいです。

講習はK夫妻、今日は踏み切りと左ロールを練習しました。踏み切り自体はこれまで何度もやっていますが、その1ストロークのみで、ラインを決定づけるような、そんな強い踏み切りです。ポイントとなるのは、押し出す漕ぎとタイミング。タイミングを合わせて流れに対抗し、ぐぃっと前に出すことで、アングルをキープしたままエディラインを超えられる。エディラインが突破できれば、あとは目標の地点のラインに合わせて徐々にターンを行っていけばいいのです。
この押し出す漕ぎ、フォワードストロークはplayboatingで紹介している「光り輝く1ストローク」です。小森君、ほんとにいいこと書いてくれます。雑誌は¥800だけど、彼の記事だけで¥8000の価値は十分にあると思う。ちなみに今度の春号は、続編、「光の玉」です。う~ん、タイトル怪しくなってるなぁ。重心について書いてあります。ああ、またカヤックの核心に触れている・・・。

少し話題がそれましたが、午後はロールも。右が出来るようになってきたので、今日は左です。「左は難しい?」なんて質問していましたが、そんなことはありません。難易度は全く同じです。当たり前ですよね。けど、左は苦手という人はいます。理由は単純に、やってないから。それだけです。まあ、右を覚えると、その感覚で左も考えようとするので、やりにくいのですが。あまり余計なことは考えず、とにかくスイープ、体を回す。これでOKです。はい、練習してちゃんと左も上がりましたよ。簡単でしょ!

最後はサイドサーフィンもやってみました。ホールというよりはドロップですが、わざと掴まる練習。最初は怖いですが、サイドサーフィンで安定できる、出たいときは逃げれるというのがわかれば、たいしたことはありません。さあ、だんだんとホールにも入れるようになるかな。

b0225495_810358.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-23 21:31 | スクール | Comments(0)
トップをとる
4/22 親鼻水位1.35

フリースタイル講習
長瀞の水量もだんたんと減ってきました。GWまで天気良さそうなので、このまま減り続けるかな。スポットはちょっと寂しいかも。

講習は月曜の雨を期待してフリースタイル講習。結局、少な目だったけど、この状況の中でやれることをやります。
最初はサーフィンから。場所はスピンホール下。落差は十分ですが、フェースが短く、そう簡単ではありません。ポジション調整が難しい。だからこそいい練習になります。ホールでのフリースタイルムーブで一番大切なのはサーフィン。これでポジションを作れないから、スピンもカートも難しくなる。もちろんスピンやカートとか派手な技をやりたいけど、一番練習すべきはサーフィンです。長乗りのコツは上体の姿勢ですね。ニュートラルポジションから前後の加重で、ボートの動きを調整します。とにかくいっぱいやることで感覚が磨かれていきます。
次はサクラウェーブ。Sさん、スピンはもう十分にできるので、「トップを取りにいくスピン」を練習しました。トップポジションを取ると、カートやブラント、ループとその先の仕掛けが見えてきます。逆に言うと、トップを取れないと、それらはありません。縦技をするには厳しいコンディションでしたが、ポジションの調整は上手くなってきたと思います。Sさん、JFKAの大会に出場予定なので、そこも仮想して練習しました。長良のこんのと形は違うけど応用できる部分はあるから試してみて。

最後は静水でなかなか習得できない?バウステにトライ。毎回、「あとちょっと」と言われていますが、今回は本当にステーションする時間が作れてきました。下半身ですが、力は入れ過ぎてはいないけど、やはりホールドはしています。いつでも一体感はありますね。フォワードからのバウステですが、僕も今日初めて出来るようになったのですが、コツが整理できました。今度会ったときに聞いて下さい。

b0225495_813185.jpg
スピンホール下でのサーフィン。かっこくよく決まっている!ように見えるのは青いライジャケのせいか?

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-22 22:31 | Comments(0)
続々シーズンインしてますよ!
4/18 親鼻水位1.43

ベーシック初級
playboatingの編集も終わって忙しい週が終わりました。気付くと、もうGWも近いですね。長瀞は桜も終わり、藤のつぼみが次をうかがっています。春らしいシーズンになっています。

さて、講習も今年初漕ぎのIさん。シーズンスタートです。シーズン最初だったので、まずは基本から。フォワードストロークとスイープストローク。まあ、この2つは基本であり、かつ重要なので、常時チェック必要ですけどね。それだけ奥も深いということです。いつも言っていますが、パドルを動かすのではなく、ボートを動かす意識。これがとても重要です。
流れでは、フェリーとストリームインの踏み切りを練習。フェリーでは、アングルを変えながら、それぞれのアングルの特徴を理解。あっ、この練習は今度のplayboating春号にも出てきます。playboatingはためになる内容いっぱいですよ。まあ、いつも講習でやっている内容と同じですけどね。狙ったアングルをキープするのは意外と難しいです。けど、「このアングルでどういう具合に進む」というのがわかってきて、実践で組み合わせてダウンリバーに生かせるようになるのです。
踏み切りは、走り幅飛びの踏み切りと同じこと。踏み切り具合で、ストリームインが決まってくる。ストロークの強さ、入れる位置、タイミング、ボートのアングル。これらの要素で決まるし、それぞれを調整することで、ストリームイン後のラインが変わる。特にタイミングを合わせるのは難しいです。タイミングを合わせるには、3ストロークで。1パドル目の位置がわかってくれば、最終の踏み切りも合うようになります。

午後はロールの練習も少ししました。初めてだったので、浅い所とパドルフロートを使っての練習しかしていませんが、おおまかな形は出来たと思います。次回は本番、やってみるかな。

b0225495_23422767.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-18 21:39 | スクール | Comments(0)
パラレルターン?
4/16 親鼻水位1.53

ベーシック初中級
週前半の雨でやっと水量が増えました。通常の長瀞に戻ったという感じです。瀬もスポットも適度。これからは長瀞、いい練習ができます。

講習はせっかく水が増えたので、午後はくつなしまでダウンリバー。午前は亀岩下にウェーブができていたので、サーフィンを主にやりました。
本日のサーフィンでは特にエッジに切り返しを意識しました。サーフィン自体は、比較的やさしく(フラットで)乗れるので、意図的に切り返しを行ってみようと。右エッジを入れるとカヤックは右に走ります。そのままでは、ウェーブアウトしてしますので、ウェーブの右端にきたら、左エッジに切り返し。そして左に走る。左端にきたら、右エッジに切りかえ。この繰り返しですね。スターンラダーを併用してターンしていますが、タイミングが遅かったり、エッジやラダーが弱かったりすると、アウトしてしまう。急にラダーを効かすのではなく、徐々に効かせ、ゆったりターンするのがコツです。
もう1つ、細かい切り返しもあります。右、左、右、左と1テンポごとに切り返す。ラダーも同様。大きく左右に動かないので、ウェーブの真ん中をキープしやすいです。ただ、これはフェースが緩やかなのとき。フェースがきつくなると、ボトムに落ちてしまいがちなので、ウェーブの端まで逃げる必要があります。この細かい切り替えしですが、スキーの小回りパラレルターンみたい?自分はスキーは初心者で、ちゃんとしたパラレルターンができないので、よくわからないけど似てる気がします。エッジを入れ込みながらサーフィンしていて、こんな風にすれば、パラレルターンも出来るかな?とイメージしていました。要は加重です。単に傾けるだけでなく、加重することでエッジが効く。

午後はロール練習に、ダウンリバー。瀬は適度な波で爽快でした。ロールができると、ダウンリバーも攻めるコースを選ぶことができる。同じ瀬を下っても、自分に幅があれば、楽しさも増す。ここからは長瀞本番ですよ!

b0225495_19562175.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-04-16 19:14 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧