ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
見て考える
7/31 親鼻水位1.79-1.75

ベーシック初中級
なぜかまだ水が多い長瀞が続いています。楽しくでいいのですが、これ以上は増えないで欲しいかな。
今日の講習は午前はスポットでスピン。午後はダウンリバーしながら、フェリーやインアウトをしました。午前のスポットはコビトホールよりもまだ10数m上流の名もない場所。エディが狭いのがきついですが、スピンはとってもやりやすい場所です。水が多いとこんなとこにもホールができるのですね。

さて、今日の講習の中で感じたことですが、視線が甘いかなと。
スポットプレイのときも、インアウトやエディキャッチでも、もっと回りを見ることが大切です。スポットではまずは位置。ホールやウェーブがどういう形をして、この部分ではどういう流れが起きているのか?そして、自分がどこにいるのか?
エディキャッチでは行き先までのラインを導き、そのライン上ではどのアングルでいればよいのか?そこから逆算で、ストリームインやアングルを決める。そして、ストリームイン後も、狙ったラインからズレることがあります。それは大なり小なり必ずあります。それをどう修正していくか。常に行き先をみて、ラインやアングルを新たに変更していきます。時には目指すポイントを変更しなければならないときだってあります。
しかし、そこを見ずに必死に漕ぐだけになってしまっている気がしました。スピンで回す場所でないのに回したり、インアウトでラインがずれたにもかかわらず、最初の狙いと同じように漕ぎ続けたりと。簡単にいうと状況判断が出来ていないということなのかな。そのためには、まずはもっとよく回りや行き先を見ること。そして見て考えるクセをつけましょう。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-31 23:28 | Comments(0)
フォワードは骨盤歩き
7/30 親鼻水位1.80

サーフィン講習
今まで長瀞ではよく漕いでいた方ですが、初めて講習に参加頂きました。リクエストとしてサーフィンをしてみたいと。自己流ではなかなかわからなくて、やはりちゃんと教わってみようということで申し込んで頂きました。

K夫妻、これまでもちゃんと練習していたようで、基本はしっかり漕げていました。基本が出来ていると、進歩も早いです。それでもフォワードストロークは奥が深い。これで合格!というのはないので、突き詰めれば、もっと強く、もっと効率良く漕げるようになります。「フォワードは骨盤歩き」と説明したのですが、わかりやすいヒントになって頂けたようです。「漕ぐ」ことの狙いは、カヤックを動かすことであって、パドルを振り回すことではありません。なのでパドリングばかりに意識をとられるのではなくて、カヤックを動かすことを最優先したいです。で、カヤック=下半身です。下半身で動かしている感覚が身に付いたらわかってきた証拠です。そして、上半身は下半身を動かすための支点。上半身固定のためのパドルですね。

さて、リクエストのサーフィンですが、まずはスターンラダーから練習しました。ラダーもストロークと同じ役目です。ただラダーは水をキャッチしない。しかし、水を切ることで、横方向の上半身固定ができます。なので、この水を切り進んでいる感覚が大事です。二人とも一応、サーフィンは出来ていました。乗れたときのふわぁ~とした感覚は気持ちいいですね。サーフィンもスポットによっていろいろなので、これから、いろんなウェーブでサーフィンできるようになりましょう。
午後はスピンも練習しましたが、これも成功しました!初スピンです!くるっと戻ってくる。これも快感ですね。技術が上達してくると、遊ぶ世界も広がってきます。楽しみはまだまだこれからですよ!

b0225495_875733.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-30 07:36 | スクール | Comments(0)
相手のことを考えてプレイする
7/28 調布橋-2.35

フリースタイル講習
長瀞でのフリースタイル講習の予定だったのですが、急遽、御岳に変更して実施でした。朝までは長瀞のつもりでしたよ。雨が降っていたのはわかっていたけど、9時頃長瀞についたら、まっちゃ茶の大増水。こんな短時間でここまで増えたのはめったにないです。降った時間は短いので、すぐ減るとも思ったけど、予測できないということで御岳に移動。

講習はレンガでスポットメインに沢井から軍畑までくだりました。御岳は今朝の雨では増水しておらず、多めの水量でなかなかいい感じです。レンガにはベストに近い水量なのかな。御岳のスポットは小さめですが、その分、落ち着いて練習できるのがいいところです。
まずはサーフィンから入り、スポットの特徴を掴む。そして、スピンやエンダー、カートなどを狙っていきました。ここで大事なのが、スポットの特徴を掴む、流れに合わせるということ。流れを斜めに受けても、力を逃がしてしまったり、よじれてしまったりします。どう流れを受ければボートが回転する(立つ)か?考える。あきらかに斜めなのに、強引に差しにいこうとしていましたが、それではいけません。
スポットプレイは自分一人で行うものではありません。そのスポットと共演するものです。 「相手のことを考えて行動する。」あっ、これって今号のplayboatingに書いてあったことですね。う~ん、深い。

b0225495_8254925.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-28 22:12 | スクール | Comments(0)
playboating
playboatingの夏号、発売になりました。
b0225495_21264051.jpg

特集はフォワードストロークについて。
カヤックの上手さの差は、結局、フォワードストロークの差と感じる。それくらい、フォワードストロークは重要で、奥が深いです。
縦横無尽の投稿にヨシ君の海外記事、毎回、素晴らしいレポートです。

その他にもいい内容いっぱいですが、特に小森君の記事(クリーク始めました)はカヤックが上手くなりたいなら、初級者も上級者もぜいとも読んでおくべき内容です。
スクールでも言っていることと同じような内容ですが、それだけ重要で核心の部分。この記事だけで¥8,000の価値はあるとおもう。僕が言うのもあれだけど、僕の講習1回よりも内容が濃いと思います。
カヌビレで販売してます!
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-28 21:30 | Comments(0)
サイドサーフィンは脱力で
7/25 親鼻水位1.75

ベーシック初中級
暑いですね~。外にいるだけでぐたっとなってしまいそうです。そんな中、川にいれる自分らは幸せかなと思いますが、川の上にいても暑いくらいです。時々、ロールをして濡れないとやっていられません。

さて、講習はサーフィンにスピン、ダウンリバーではウェーブを利用したフェリーやエディキャッチ等。Mさん、ホールではまだ緊張して体が固くなっています。体が固いと余計に重心がぶれて不安定になってしまいます。柔らかくできることが、一番のコツですかね。まあ、それはわかっていても難しいと思うので、慣れていくしかないでしょう。今日もすこしずつ落ち着いてプレイできるようになっていました。あと、姿勢をまっすぐに!ベースはニュートラルな状態にあるのを常に意識しておきて下さい。

小滝を下る中で「6時から8時を作ってラインを変更」というのをやりましたが、8時になった時に上沈してしまいました。これは右ターンなので、少し右に傾き、右が上流だから食われてしまったわけです。さほど流れが強くない場所では上流が下がっても問題ないですが、小滝くらいの流れでは沈してしまう。
では、どうすればよいのか?
基本通り、リーンは上流側が上がってないといけません。ということは右ターンだけど、左リーンということになります。これは講習ではまだやってなかったけど、ピボットターンというものを使っています。ポイントは重心位置を意識し、上体がまっすぐ上にいることです。今度はこれも練習してみましょう!

b0225495_961588.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-25 23:53 | スクール | Comments(0)
きっかけって不思議
7/24 親鼻水位1.85

カヤック入門
3連休から夏休みらしくなってきた長瀞ですが、今日は比較的人も少なく、岩畳は静かな雰囲気でした。今日は久しぶりに1日コースのカヤック入門、これからしばらくは岩畳での講習が多くなるかな。
本日の参加のSさん、前々からカヤックに興味があったそうですが、ようやくその機会が訪れたようです。きっかけって、特にこれ!みたいなのは少ないような気がします。なんとなくの思いが、たまたま時間が空いたから・・・みたいなパターンが多いですね。
Sさん、アウトドアは好きとのことで、特にカヤックは自然を感じることが多いスポーツ。Sさん、ほとんど休まず、いっぱい漕いでいました。何を感じ、何を思ったか。そのたまたまから、人生を変えるような出会いになっていくといいなぁと思います。
b0225495_23264390.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-24 21:21 | スクール | Comments(0)
観察眼を身に付けよう
7/23 親鼻水位1.89

フリースタイル講習
台風の雨から1週間経ちましたが、思ったより水の減りはゆっくりです。フリースタイル講習希望でしたが、まだサクラはつぶれたまま。皆野中から小滝までで、スポットとエディキャッチの練習をしました。
しかし、この水量、皆中~ウォターパークキャンプ場区間は小さ目のウェーブがいっぱいです。フリースタイルの初級~中級くらいの方には手ごろなスポットがいくつもあります。キャンプ場のすぐ下流には、スピンもカートもやりやすいマイルドなホールだってあります。ここはスピンやカートが出来るようになりたい!という方にはとってもマイルドでいい感じなのですが、下流に落とされるとリエントリー出来ない・・・というのが欠点。ああ、このスポットの下流に大きなエディがあれば、ほんと最高なのに・・・。
参加のFさん、もうある程度のことは十分出来るレベルですが、まだ慣れてないスポットだとそうでもない・・・。
これはもちろんある程度は当然でもあるのですが、見ただけでも、いくらかは予想できてこそ実力が身に付いてきたといえるでしょう。スポットプレイは何度も試せますが、ダウンリバーは基本、1チャンスです。スポットも、どんな特徴(癖)があるのか?常に気にしていないといけません。そうすることで、いろななデータが頭にインプットされてくる。その情報(経験)がって、初めてでもある程度のことはわかるようになるのです。常に観察眼をもってプレイしましょう!例えば、右スピンと左スピンどっちをやった方がいいか?とかそういうことです。流れの特徴が見抜ければ、答えが出てくはずです。
そしてそれは、ダウンリバーでも一緒。見て、どのアングル、どのくらいの強度で漕がないといけないか、このエディラインではどのような事が起こりえるか?普段の観察が生かされるのです。

b0225495_042927.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-23 22:59 | スクール | Comments(2)
長瀞80tダウンリバー
7/20 親鼻水位2.12

フリースタイル講習
水の減り、けっこうゆっくりです。もう少し減るかなと予想していたのですが、遊ぶにはまだ多い・・・。フリースタイル講習の予定でしたが、あまりいいスポットはありませんでした。なので、午前は静水フリースタイル、午後はダウンリバーという感じで行いました。ダウンリバーも増水しておりますが、そんなに難しいわけではなく大味な感じです。ビッグウェーブを堪能したり、ちょこっとしたウェーブで練習したりして下りました。
静水でも、いろいろできたわけではなかったのですが、特にエッジのどこに乗るか?というのを意識しました。左右の切り替えしもあるし、前後の位置もあります。そして、基本はその上に真っ直ぐ乗っている。これはカヤックを立てられるようにと練習しているわけですが、別に縦回転の時だけに必要なことではありません。ダウンリバーでもおおいに役立つことなのです。総合的に上手くなれば、カヤックも幅広く遊べます。
二人とも80tの長瀞は初めてでしたが、もう別の川、大波の連続は楽しかったですね。夏はフリースタイル期間と決めてらっしゃるようなので、次回はみっちりやりましょう!

b0225495_21564571.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-20 21:22 | スクール | Comments(0)
夏休み突入!けど増水・・・
7/19 親鼻水位2.33(玉淀ダム約100t)

カヤック体験
7月3連休、台風で増水してしまいましたねー。各地、増水しているようですが、おかげでカヤッカーの皆さんも楽しめたり楽しめなかったりだったかと。
スクールの方も水が多いのですが、なんとか開催致しました。本日は午前・午後とカヤック体験です。(予定では午後はダッキーツアーでしたが、さすがにこの水量では無理ですね)
カヤック体験はもともとが瀞場なので、100tだとまだ静水域があるのですが、船着き場に戻るのが難しい場所もありました。
水もコーヒーミルク色くらいに濁っており、けっけして良いコンディションとは言えないのですが、皆さん、初めてのカヤックに喜んで頂きました。天気自体はよくて、とても暑く、いかにも夏休みという感じでした。ちょうどこの3連休から夏休みに入った学校もあるでしょう。これからシーズンまっさかりになります。どうかお天気さん、適度にお願いしますね。

b0225495_2123224.jpg
岐阜と東京からご兄弟でいらして頂きました。以前からカヤックはやってみたかったとのことです。

b0225495_2155381.jpg
ご家族でカヤックを楽しんで頂きました。夏休みのいい思い出が出来たかな?

今日のアルバム(午前)

b0225495_2194498.jpg
途中、にわか雨に降られちゃいましたが、楽しんで頂けました。今回できなかったダッキーにもまたチャレンジしてみて下さい。

午後のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-19 20:27 | スクール | Comments(0)
ダウンリバーの大切さ
7/12 調布橋水位-2.45

御岳ダウンリバー講習
久しぶりに御岳で講習しました。御岳は水がきれいで、渓谷の雰囲気もいいです。水も冷たいから夏はよりお勧め。そして、今日の天気は夏日でした。高温注意報が出てたかな?。こんなとき、川の上は気持ちいいです。

講習も定員いっぱいの6名。そのうち4名は御岳上流部は初めてでした。放水口から寒山寺までダウンリバー。レベル的にはそんなに難しいわけではありませんが、岩が多く、エディキャッチの練習に向いている。どのラインを選ぶかによって難易度は変ります。
たくさんエディキャッチしながら下っていったわけですが、より確実にエディに入るにはどうすればよいか?
まず、ベースとしてエディラインに対して横向き。これはよく言われることですね。たいていの方が知っていることかと思います。けど、わかっているけど、そうならないことがあります。
それはラインとアプローチのスピードも関係しています。アングルは横向きでも、結局は横向きのスピードがないと意味ありません。なので、まずライン。ライン自体が横向きに近ければ、慣性も横向きに働きます。しかしながら横向きに近いライン=目的のエディから横に離れた位置からスタートということになります。あまり最初から近くても十分に横移動ができないからです。横のラインを取ると、ラインの移動中に落とされる可能性もあって、そこがまた難易度を上げてしまう。これはフェリーですから、フェリーの練習をいっぱいして、流れの強さと自分の漕力の相対関係をわかるようにしましょう。そして漕力があった方がいいわけですが、体力的な面はそうそう伸ばすことができません。そこはアングルで調整。漕ぎは弱くてもアングルの調整でラインを確実にトレースできるようになります。ただこの時も、例えば2時アングルなら確実ですが、スピードが出るのは4時アングル。スピード=突破力ですから、できるなら4時でどう進めるか、練習するといいでしょう。

ダウンリバーをすると、自分の課題がよくわかります。ただ下るだけだと、そうでもありませんが、エディキャッチを狙いに難しいラインに挑戦してみる。きれいに決まったときは快感ですね。

b0225495_12524398.jpg
遠く新潟から来て頂きました。けっこうラインは攻めてましたね。

b0225495_12525431.jpg
初めての御岳。初めての川はいつでも楽しいですね。

b0225495_1253443.jpg
こちらも初御岳。長瀞での練習の成果が出ていましたよ。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-07-12 22:44 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧