ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
今年もありがとうございました
年末になりましたが、長瀞のほうは相変わらず天気の良い日が続いています。
今年は夏は水量は多めがずっと続き、しかも台風などで増水で漕げないということも少なかったです。秋~冬も例年より暖かくて漕ぎやすかったですね。

おかげさまで、今年はより多くの方にブループラネットをご利用頂きました。ありがとうございました。スクールは先週日曜で最終になりましたが、先週はプライベートで桂川に、長瀞さくらスポットでと漕ぎました。今年はこれが漕ぎ納めかな。1月はそうそうに漕ぎだしたいと思います。寄居会場のチェックもしたいですし。
皆さん、今年1年多くのご参加ありがとうござました!
b0225495_9394423.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2015-12-28 09:41 | Comments(0)
沈ませるのではく浮かせる
12/20 親鼻水位1.28

フリースタイル講習
今朝は冷え込みましたねー。長瀞ではカヤックの中に残っていた水が凍っていました。そろそろそんな季節です。それでも日中は晴れて、風もなかったので漕いでいてあまり寒さは感じませんでした。日曜ということでサクラウェーブも賑わっていましたからね。カートが出来るいい楽しい水量です。

そして講習もフリースタイル。まず午前は静水から。なんとかカヤックを立てたい。リーニングのウォーミングアップから岩ステーションで重心の位置を意識。エッジを伝って、前に移動しているの感じます。
それを静水でも同じようにパドルワークで出来ればいいのだけど、やっぱり難しい。つい、前傾姿勢になり過ぎてしまいます。バウを沈めるイメージではなく、カヤックを転がすイメージで。沈めようとすると抵抗なので、持ち上げる感覚です。この感覚はまだ掴みにくいかもしれませんが、わかってくれば簡単ですよ。
その後は小滝とサクラでスポット。サクラでは最初はスピンも失敗しがちでしたが、だんだんと安定して回れるようになってきましたね。ブレスをもっとしっかりいれて、軸を固定できるようにするといいでしょう。
あとは、もっとサーフィンです。サーフィンが安定して、自由自在に動けることが基本の部分。そのベースをもとにスピンやカートが生まれます。サーフィンの長乗りは重要なトレーニングですよ。
b0225495_2015266.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-20 18:29 | スクール | Comments(0)
ブレードと水との対話
12/16 親鼻水位1.31

ベーシック中級
今日も12月なのに季節外れの気温。カヤックには暖かくていいけど、スキー場は大変ですね。しかし、明日からは寒波で、冬型らしい天気とのこと。私も来週にはスキーに行くかもしれません。
さて、講習はK島夫妻にSさん。久しぶりの再会だったようで、賑やかでした。

午前はバウラダーというかスライスの練習。ラダーの目的は「慣性を持続させながら方向をコントロールする」こと。漕がなくても、ポーズの姿勢でボートコントロールができるという便利な技術です。しかし、使いこなすには、まず慣性があることが前提だし、ブレードと水との対話が大切です。この「ブレードと水との対話」が難しい部分でしょうか。ブレードのどの面で水を受けているのか?その力はどのくらいか?水を切っている感覚は?感覚を磨くにはたくさんやってみるしかないかな?あとは、リラックスできれいること。力が入りすぎていると、細かいところは感じにくいでしょう。それと、シャフトはなるべく垂直。
午後はこれをもとにSターンやインアウトを練習。少ない漕ぎで狙ったラインを取れるかです。ダウンリバーという常に動いている時間、場所の中、すばやい対応が求められる。そこで、これらのテクニックが発揮されるのです。
最後は小滝で実践として使えるかテスト。早い流れの中でいきなり応用は難しいけど、頑張っていました。Sさんも、K奥さんも小滝左岸エディキャッチは初めて成功!練習の成果がでてよかったです。

今日のアルバム
(写真は動画撮るのに夢中で忘れちゃいました)
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-16 17:47 | スクール | Comments(0)
背を高く見せよう!
12/14 親鼻水位1.38

フリースタイル講習
12月も中旬になり、さすがに冬らしくなってきました。それでも例年よりはまだ気温が高いのか、そこまで寒く感じません。なにせ今日はフリースタイル講習ですから。しかもYさんはウェットだった。ウェットはさすがにこたえたかと思うけど、「上手くなりたい!」という気持ちの方が勝つのでしょうね。今日は中古ですが、Starを購入して、初乗りでした。来年は大会にも出てみたいとのことなので、これからフリースタイルにいっぱいはまって貰いましょう。

午前は鉄橋下メイン。サーフィンとスピンを練習しました。サーフィンはエントリーから。ラダーの使い方ですね。まだちょっとブレーキになっています。水を切る感覚、もっと慣性を残せるラダーを使えるようになりたいです。Yさんはスピン初成功でした。鉄橋下は初めてだったので、サイドサーフィンができればいいと思っていたのですが、スピンまでいきました。こうなってくると、さらにワクワクが増えていくことでしょう。新潟から参加のOさんは鉄橋下ならまだ余裕でしたね。
午後はサクラウェーブ。Oさんもサクラはこれまでは手こずっていました。しかし、今日は何回もスピン連続できました。これだけ調子よく回れたのは初めてなのかな。けど、まだ安定しているというわけではないので、そこを確実になっていくといいですね。
講習のときにはあまり言わなかったのですが、軸が立った姿勢が大事です。(Yさんはとくに猫背でした)背筋を伸ばし、できるだけ背が高く見えるようにしましょう。はい、僕もできるだけ見栄をはっているのです。ニュートラルな姿勢。最近は、これがすごい大きな差を生むというのを実感しています。ニュートラルでいられるととっても安定して乗れるのです。実際には難しいことだと思いますが、常に意識しておいて下さい。
b0225495_9132936.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-14 21:48 | スクール | Comments(0)
1チャンスを確実にする
12/13 御岳講習(調布橋水位-2.48)

目指せエディキャッチ100!と銘うった御岳講習、果たしてどうでしたでしょう?もちろん、たくさんたくさんエディキャッチしましたよ。遠く長野からの参加もありました。

確実にエディキャッチするには、まずはライン、そして進入角度。どちらも一般的には横のベクトルを強くするといい。横向きに近いラインは、当然ながら流れに押されるので、流れの強さを読む力が必要だし、途中に岩があったり、流れが岸近くだったりすると、横のラインやアングルを作れないときもある。そういうときも6時プラス、最終的には3時9時に近い角度を作る。こういう基本を考えながらの講習です。難しい流れの場所では担いで何回かトライもしました。
講習だから何度もトライするけど、通常ならダウンリバーでは1チャンス!その1回を確実に取るためには、見ただけで、自分がどのラインを通ることができるかイメージできないといけない。そのための流れを読む力。いろんな場所でたくさんエディキャッチして経験を積んで、初めての流れでも自分のラインがわかるようになります。みなさん、後半はラインがスムーズだった気がします。
なかなか上手くいかなかったのはSターンかな。エディキャッチはできるのだけど、そのあとのストリームインにスムーズに繋がらない。これにはバウラダーのテクニックが必要なので、そこはまだトレーニングが必要ですね。Sさん、今度は長瀞にもいらして下い。
b0225495_21373713.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-13 21:02 | スクール | Comments(0)
ももいろ現る!
12/11 親鼻水位1.40

ベーシック初中級
当初は雨予報(関東南部は大雨)で延期にしようかと思っていたこの日ですが、関東北部はそこまで降らないとの予報で実施。そしたら、朝は曇り空でしたが、だんだんと陽も差してきて気温も高くなりました。そして、朝の雨で予想以上に増水。ももいろウェーブが出ていました。ダウンリバー系の練習をしようと思っていたのですが、今日は予定変更、サーフィン特訓です。

午前は鉄橋下、午後はももいろ。K夫妻、2人とも最近上手くなってきました。これまでよりだいぶ長乗りできました。長く乗るには、バウが食われたときの処理、横に移動したあとの切り返しができるか、まあ前後左右のコントロールですね。1つのポイントとして目線。エントリーでもそうだし、切り返しでも大切。基準が見えていることで、自分が位置がわかるし、切り返しでは体が向くことで、ターンをリードしてくれます。
ももいろウェーブは状態のいいときはほんと気持ちいいウェーブですね。サーフィンの楽しさを感じさせてくれるスポットです。
b0225495_19121066.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-11 18:49 | スクール | Comments(0)
まだまだ遊べます
12/10 親鼻水位1.27

アドバンス
すっかり水位も減った長瀞ですが、スポットは小さいなりにまだ遊べます。本日の講習はフリースタイル希望、ええ大丈夫ですよ。スポットでカートの練習です。この水量でも、いやこの水量だからこそ、サクラは十分カートができるのです。カートの後、ウェーブに残ることだってできます。まあ、Sさん、実際には難しかったかな。カートというよりは、その前のポジション作りのところ。そこができればあとはいけるはず。
さて講習、スタートは静水から。できるだけ力を抜いてカートができるのを意識しました。要点は
①重心がエッジの回りを動くようにスムーズな移動
②バックストロークは最後まで力を使わない(すばやい切り替えしに繋ぐため)
③上体の位置を保つ
こんなとこでしたでしょうか。ヒントは掴めていましたね。

その後は小滝。んっ?小滝でスポット?そうです、小滝のウェーブでカートができるのですよ。しかも残ります。サクラと感じとしては一緒ですね。ただ小滝の方がバックウォッシュが小さい分、難しいかな。
やはり、サーフィンがポイント。ただサーフィンをするだけなら、たいして難しくはないのですが、狙った位置で12時をつくるとなると少し難しい。そして、そこからバウを差すには、ニュートラルな姿勢であること。ここが難しいんですね。ここまでこれないなら、もっともっとサーフィンの練習をしましょう。
午後はサクラ。惜しいとこまでいけましたが、最後の姿勢で体が前を向いています。バウを差そうという気持ちが強すぎるのかな?バウは当てるくらいの感覚、差す部分ではなく、回す部分でストロークを使いましょう。(先行動作ということです)あとは、思い切ったリーニング。デッキでなくサイドに水を当てる意識です。

どこも水が少ないですが、少なくても工夫すれば練習することはいっぱいあります。基礎練だってそうですし、フリースタイルにしても、大きくて楽しい!というわけにはいかないけど、小さくてもちゃんとやれば出来るんだ!ということ。
つい、講習も熱くなってすっかり暗くなるまでいっぱい漕ぎました。冬だというのに信じられません!いや~カヤック楽しい!
b0225495_953339.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-10 20:06 | スクール | Comments(0)
流れに負けないストリームイン
12/8 親鼻水位1.28

ベーシック中級
今朝はかなり冷え込みました。寄居の方は初霜で朝は真っ白でした。しかし日中の天気は快晴で講習は暖かでよかったです。

前回の講習はフリースタイル的な内容が多かったですが、今日はインアウトがメイン。「コンディションの悪いエディ」を想定した練習をしました。コンディションが悪いとは、狭いとか水が動いているという状況です。
まずは、ストリームインでスピードをつけない方法。助走スピードがあれば、エディライン突破をしやすくなるわけですが、エディが狭い場合はその助走スペースがない。そういう時に重宝します。ポイントはいかに流れの影響をうけないか。エディラインにゆっくり乗っかるように入り、あとはフェリーアングルで吸い込まれるようにインします。このストリームインは面白くて、通常はスピードが必要といわれるけど、スピードがあった方が反発も大きい。初級者はこの反発にタイミングが合わなかったり、力負けしたりする。そこで反発を起こさないという逆転の発想です。
そのあとは、助走を十分につけてストリームインの練習。もちろんこの方法も大切です。両方を比べることで、状況で使い分けができるようになるでしょう。

午後は実際に「狭い」、「動いている」という条件の悪いエディで練習。まず、このエディに入ること自体、少し難しいです。ボートを止められる位置はピンポイントですから、そこにピタッと入らなければいけません。ちょっとずれたら下流に落とされます。ダウンリバーしていてよくある状況ですね。小滝入口では何度も落とされて、その度にかついでリトライしました。けど、何度も練習したので、できるようになりました!ここでも、流れをいなす入り方、狭くても少ないストロークでスピードを出す入り方、両方をやりました。さあ、これでまたダウンリバーの幅が広がりましたよ!
b0225495_8173294.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-08 21:44 | スクール | Comments(0)
岩と友達になる
12/6 桂川ツアー(大月水位1.40) 

ブループラネットで初の桂川ツアーを実施、6名も参加でありがとうございました。
水量的は少ない方で、そこまで難易度は高くなかったのですが、落差はそれなりにあり、岩の露出も多かったので、細かいテクニカルな要求もあるツアーでした。

前半の猿橋~鳥沢区間は川相もやや開けていて、ざら瀬的な区間が多く、(水量が多いとそれなりのウェーブ立ちます)後半の鳥沢を過ぎてから渓谷らしくが増し、メインディッシュの核心部を迎えます。その後も手ごろなドロップが続く、そんなダウンリバーでした。

こんな川相のダウンリバーでは、岩にぶつかることを完全に避けることはできません。もちろん、岩は避けるラインを狙うのが通常です。けど、避けれないときもある。そういうときは、「ぶつかり方」というのがある。『ぶつかる』と『弾かれる』のですが、簡単にいうと、上流側に弾かれると沈するので、やや下流(横)に弾かれればいい。言うのは簡単だけど、そうするのは簡単ではないので、やはり、何度も何度もいっぱいぶつかって経験することです。もちろんリスクのない場所でね。それと、ブローチングは絶対避けなければいけません。これも当たり方をわかっていれば出来るようになりますよ。あとは柔らかさかな。不意にぶつかることもあるから、それに対応できるには柔らかさです。
今回は水量は少な目だったのですが、今度は多めのときも挑戦してみたいですね。
b0225495_0555037.jpg
今日のアルバム

[PR]
by bpkayaks | 2015-12-06 22:45 | ツアー | Comments(0)
めざせ100キャッチ!
御岳ダウンリバー講習

御岳ダウンリバー講習を募集します。今回は「とことんエディキャッチをする!」という内容です。御岳は岩が多く、パワーはあまりありませんが、流れが細かくテクニカルな川です。ゆえにストリームインアウトの練習をするのにとても向いている川なのです。エディキャッチもラインをいろいろ設定することで、難易度が変わり、面白さも増します。どれだけエディを掴めるか!チャレンジ!

期 日:12月13日(日)
集合場所:寒山寺駐車場
集合時間:9:30
料 金 :¥8,000(レンタル参加¥9,000)
*昼食は含まれておりません
[PR]
by bpkayaks | 2015-12-02 20:56 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧