ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
長瀞花見ツアー
b0225495_13133229.jpg
お花見の季節になってきましたね。今年は暖冬で、開花が早いかと予想されましたが、そこまで早くはならなかったようです。長瀞も花見で有名ですが、今年もツアーを開催致します。
当初は4月第1週と考えていたのですが、あまり天気が良くなさそうなので第2週の10日開催です!やや桜は散りかけているかもしれませんが、終わり際の方が、川面に花びら漂って風情があります。
この時期、水量は少ないので、レベル的には易しく、のんびりとしたツアーになるでしょう。冬にカヤックから遠ざかっていた方、これを機にシーズンインしましょう!まだ長瀞のダウンリバーが不安な方は、小滝など大きな瀬は、エスケープすればOK。他はこの水量ではたいして難しくありません。もちろん、万全のサポートですし、ウェアが心配な方はご相談下さい。
今回、ツアー料金は特別、半日と同じ¥5000(自艇参加)。昼食も付きますよ!

<長瀞花見ツアー>
期日:4月10日(日)
集合:カヌービレッジ長瀞9:45
料金:自艇¥5000 レンタル¥6000 (昼食付)
b0225495_13145853.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2016-03-30 13:16 | ツアー | Comments(0)
フリースタイルの季節ですよ!
3/20 親鼻水位1.42

フリースタイル講習
寄居カップも終了し、これからは長瀞ベースとなります。長良川ツアーの予定だったのですが、もろもろとあり、本日はフリースタイル講習。この時期にしては水量があって、サクラウェーブは2段目も出ていて、フリースタイル初級にはいい水量です。今はフリースタイル講習狙い目ですよ!

参加のMさんはカート等、十分に出来るレベルですが、より安定してプレイしたいとクリニックです。午前は静水から。よくありがちな、力にまかせたカートをしていたので、そこを修正。重力落下を待って必要最低限の可パワーを使う。それとスターンステーションがよくできていたので、ステーションを利用して先行動作の作り方をアドバイス。回転のスピードコントロールが出来るようになったから、最初はただスターンを落とすだけの動き(同じ場所に差せない)だったのが、場所を選んで差せるようになりました。静水カートも、とりあえず立てる、回す。が最初の段階ですが、徐々にいろんなこと、回転速度や角度、差す場所などコントロールできるようになっていきたいです。そのことで、ホールでも通用するカートになっていきます。

午後はサクラウェーブ。Mさん、スピンで落とされやすい。とのことで、チェック。ポジションがちょっとボトムです。その反動で出されやすくなっていました。まずは、ウェーブを広くサーフィンすることから練習。サーフィンの中から、どのポジションでどういう感覚があるかを把握していきます。もっと具体的にいうと、どこがバックウォッシュトップで、どこが走り易いとか。Mさん、トップの引っ掛かりがわかったら、あら不思議、簡単にスピンできるようになりました。
スピンもカートも、まずはポジションニングから。どこがやり易いい場所か、見つければいいのです。もっとも、場所はわかっていても、そこに行けるかは別問題で、Mさんが簡単にできるのは、その基礎力があるからこそですけど。

最後はエディラインを利用して、バウ・スターンと同じ場所に差す意識を練習。軸がずれないことが、スムーズなカートに繋げるコツです。
b0225495_13255448.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-20 20:21 | スクール | Comments(0)
2016 寄居カップ
2016寄居カップに参戦しました。
今年は寒波に覆われ寒い週末でしたが、参加したスクール生の皆さん、頑張りました。お疲れさまでした。
b0225495_1302934.jpg

これまで1年、またこの冬の成果あって、立派の成績も納めました。
皆さん、講習の内容が生かされていたし、もちろん、さすがにすべてが上手くいくわけではなく、悔やむ部分もあったと思います。しかし、この悔しさが、また次のエネルギーになってくれます。
雰囲気的にはゆる~い草レースなのですが、それなりに緊張もするだろうし、なによりも『本気で頑張れる』ことが、かけがいのない体験だと思います。皆さん、いっぱい楽しめたと思います。これからは、本格的なカヤックシーズンです。来年に向けてもっともっと躍進していきましょう!
アルバム(2016寄居カップ)

下記、サイズが大きくてアルバムにアップできなかったのでリンクです。

女子P1 1本目
女子P1 2本目
全体2本目
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-13 21:10 | Comments(0)
スラローム講習の成果
3/9 玉淀ダム放水量8.2t

スラローム講習
昨日は初夏の暖かさだったのに、また冬に逆戻り。天気も小雨模様。とはいってももう3月なので、漕いでいると気になりません。週末は寄居カップなので、テンションも高いです。

講習はこの冬、やってきたことの復習。実践的にゲートを通ることで、これまで学んだことが生かせるか。
見ていて、皆、踏み切りは強くなってきました。いっぱい練習してきた部分ですからね。成果がみえるのは嬉しいです。もちろん、踏み切りがすべてということはないですが、ストリームイン、アウトでの踏み切りが良いと、そのあとが易しい。2分以上漕ぐスラロームの中では、力をセーブすることも大事な要素。流れをプラスに生かせると、楽ができるラインが見えてきます。
本番では、「やや遠回りでも確実なラインを通る」か。「リスクを承知で攻めてみる」か。それは自分の楽しみ方でOKですし、2本あるので作戦を変えてもいいですね。ただ、どちらも、自分の技量を分かっているほど正確になります。そこを理解していくには、ていねいな漕ぎと、行き先をしっかり見た目線です。

毎年、冬は寄居でスラローム講習を行っていますが、とっても気に入って貰えました。基礎の確認になって、レベルも上がるし、実際に楽しいと思います。出来ること、出来ないことがはっきりわかり、ごまかしがきかない。何が足りないか発見できるし、出来るようになった達成感も味わえる。今日でこの冬のスラローム講習は終わりですが、これを長瀞やいろんな川、場面で生かしていきましょう!
b0225495_1115749.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-09 20:04 | スクール | Comments(0)
スピンとカートの違い
3/8 親鼻水位1.28

フリースタイル講習
今日は春と通り越して初夏の暑さでした。こんな日は水の中が気持ちいい。ということで、本日はフリースタイル講習。
最近、カートが下手になってきたとのことで、見直しのクリニックです。水量は少なかったので、静水とサクラウェーブを使用。
まず静水でチェックしてみると、少し強引に回しているところがありました。力で無理矢理みたいなのもありますが、力というよりは、早く回そうとしている感じ。もう一通りのことは解っているので、先行動作を急いでしまっている。もちろん先行動作は大切な要素だけど、ひねり過ぎて軸がぶれて沈・・・みたいな。
アドバイスしたのは、もっと重力を感じて回すこと。90度まで立てることが出来るなら、そこからは落とすだけでいいのです。力で回す必要はない。もちろんエンドが落ちる直前には、先行動作ができていないといけないけど。この先行動作をするタイミングがステーションのとき。完全に止まる必要はないけど、ニュートラルなポジションを感じられればOKです。そのためには、つねに重心はどこにあるるか?を感じること。エッジの上に軸が真っ直ぐにあるのを意識したいです。

サクラに移って、ここでもカートを狙いましたが、基本やることは静水と同じです。ウェーブ上でのポジション取りが加わるだけです。(これが難しいのだけど)リーンが足りなくて、スピンに近いのが多かったけど、スピンとカートの違いは何でしょう?「動差は一緒で、ボートの傾きが違うだけ」と私もよく言っているのですが、他に違う点が1つあります。それはエッジを切り返す位置。スピンだとフロントサーフィンからバックサーフィンになったとき、つまり6時を向いたときです。しかし、カートは垂直方向に立ったとき。時計の方向でいうと、3時または9時です。この時に重心が移動するということ。そのためにはつま先に1度乗る必要もあります。
スピンは基本、カヤックの中心に乗っているけど、カートは左のエッジから、つま先、右のエッジと乗るポイントが変わってくる。ごく当たり前なことを書いたけど、この意識をおろそかにしないように。
Sさん、すでにカートは十分にできるレベルにあるけど、講習では、より効率的なやり方をアドバイスできたかなとは思います。1つの技も、まずはといあえず出来る。次に美しく出来るようになる。そいうふうにステップアップできればいいなと思います。
b0225495_016583.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-08 21:39 | スクール | Comments(0)
流れの力や、カヤックの慣性を生かす
3/6 玉淀ダム放水量6.4t

スラローム講習
週中くらいの天気予報では雨模様だったのですが、予報は外れてくもり~晴れの天気。多少曇っても汗かくくらいの気温でした。

昨日、ゲート設営を行ったので、今日からは寄居カップとほぼ同じコースになります。ここは、もともと緩やかな流れで、大会も初心者向きのものになります。ゲート数も少ないのですが、平行ゲートを置くなどして、緩やかな流れでも、なるべく難しくなるような設定です。
講習は、ストリームインとエディキャッチの基本確認から。ストリームインでは2パターン。①流れを切って本流深く入るパターン。②流れを利用したターンで本流手前に乗る。①では流れをいなし、フェリーアングルをいかにキープするかがポイントです。②では、流れを受けてターンし、自分の力はなるべくセーブし、立ち上がりに準備する。この2つは、エディからのアプローチは同じですが、踏み切りの仕方で、その後のカヤックの進み具合が変わります。実践ではこの2つの組み合わせで、細かく調整しています。
エディキャッチ(アップゲート)では、横から入って、横にでる。が基本。なるべく手数を掛けずに終了させたいです。この3つの確認はいかに省エネでいくかということ。もともとある流れの力や、カヤックの慣性を上手く生かしたいです。

基本をおさらいした後は、ゲートを通して練習。前半は難しめで、油断すると不通過もありえるかもしれません。そして後半はやさしい設定。難しい場所では、ていねいに確実なラインを通りたい。そうは言っても、早く漕ぎ抜けたいわけですから、リスクを冒して攻めるのも楽しみ方の1つです。やさしい設定の場所では、自分の漕ぎをアップさせる部分です。緩急をつけて、ここでは思いっきりいきましょう。
ただポールに向かって真っすぐ漕ぐのではなくて、エディラインを利用してターンきっかけに入ったり、放物線の膨らんだラインであえてターンポイントをあいまいしたり(フォワードのみで漕ぐということ)、流れをよ~く観察することで、こっちの方が早くないかな?(あるいは力を使わなくてすむ)なんてラインを発見できるとスラロームの楽しさが広がると思います。来週は頑張りましょう!
b0225495_1184874.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-06 21:00 | スクール | Comments(0)
長いストローク
3/4 玉淀ダム放水量6.4t

スラローム講習
今日は外にいることが気持ちいい1日でした。週末は下り坂のようですが、もう春だなぁと感じます。

講習は久しぶりにK夫妻。ちょっと体調を崩していたようですが、復活です。漕げなかった分まで、はりきって取り返しますよ。
今日は寄居カップのことも視野にいれて、上流のゲートのないコースも少し練習。ゲートもないし、特に流れも難しいコースではありませんが、より早く漕ぎ抜けるには、本流に沿ってきっちり6時に進むこと。もし、ちょっと本流から反れたら、戻すために修正ストロークが必要です。その修正ストロークはあまり推進力にはなってないわけで・・・。こういうロスをいかに少なくするかが目指すところです。簡単そうだけど難しい・・・。「緩やかにカーブしたラインをフォワードストロークだけで漕ぎ抜けられるか。」いい練習なので、皆さん、試してみるといいですよ。また、逆に「流れが変化している場所を真っ直ぐのラインで漕ぐ。」これもいい練習になります。

ゲートではいくつもパターンを変えて練習しました。これまでもいっぱいやってきましたので、もう基本な考え方は理解していますね。ターンポイントもよく狙えているし、緩急のつけどころもわかっているようです。踏み切りで、つい、力強く漕ごうとして、早く漕いでしまいがちですが、そういうときこそ、ゆっくりと。長いストロークで、下半身を使いアングルをコントロール、そしてカヤックを前に出す意識です。踏み切りが上手く決まったときは、あとのラインが楽でしたね。これが安定してできるようになればです。気持ちがあせるとストロークが短くなってしまうので、いつも大きな漕ぎで!
b0225495_9382688.jpg
今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2016-03-04 22:33 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧