ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
クリスマス・カヤック
12/24 親鼻水位1.34

カヤック体験
本日はクリスマスイブ。こんな日にカヤックを漕ぐのは、カヤック中毒患者か、クリスマスとは無縁の方・・・。こんな日にカップルでご参加頂きました。しかも初カヤック!クリスマスデートに長瀞でカヤックを選らぶとは、なんとも素晴らしいセンスではないですか!自然を愛せるお2人なら末永くお付き合いすることでしょう。
さて、カヤック体験ですが、岩畳も12月ともなるとさすがに週末でもひっそりとして、川の上はまさにプレイベートゲレンデ。渡り鳥のカモもいっぱい飛来していて、この地を気に入ってるもよう。私たちが近づくと、頭の上を飛び越え、少し横に舞い降りる、を繰り返す。カモと一緒に浮かび、キラキラ反射する水面を眺める。なんとも贅沢な時間です。特別なクリスマスを過ごせたかな?
b0225495_2130164.jpg
今日のアルバム


 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-24 21:30 | スクール | Comments(0)
販売もやってます
HPにショップのページを追加しました。
これまでもスクール受講者には割引にてカヤック用品の販売を行っていましたが、よりわかりやすく、お勧めグッズを紹介できるよう販売ページをアップいたしました。
これからカテゴリーを増やしていこうと思いますが、まずは、お勧めの特価案内からアップしてあります。ぜひ、ご利用下さい。もちろん、これ以外もお安く購入できますよ。また、どんな物がいいのか?ご相談も気軽の問い合わせ下さい。
b0225495_22455747.jpg
例えば、2FUN 税込¥160,000 !!
販売ページはこちら>>


 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-19 22:35 | ショップ | Comments(0)
暖かい週末
12/18 調布橋-2.4

御岳ダウンリバー講習

今日もなんて暖かい日!昨日、今日と12月なのにとってもラッキーな週末でした。
朝の回送の時は寒々していましたが、日が昇ってくると汗ばむ陽気。コースは放水口から軍畑まで。御岳は初ダウンリバーの方も2名いました。御岳はレベル的には長瀞と同じくらいですが、岩が多いのが特徴で、それだけエディがいっぱいあるということ。たくさんエディキャッチしながら下ります。
エディキャッチの中で、基本にあるのがエディラインを横切るときのアングル。これはもう知ってのとおりですが、横のスピードがカギです。アングルはなるべく横向きがいいですが、右岸エディキャッチなら9時前後。けど、8時と10時では特徴が違います。スピードに乗っているのは8時、10時はラインを落とされたときの保険的に使うのがいい。そして、横の慣性を作るにはラインの計算も重要です。早くエディに寄り過ぎても最終的な横の慣性は作りにくい。
ダウンリバーしながらいろんなパターンもトライしました。Sターンもいっぱいしましたが、Sターンは特に慣性を生かすやり方です。なので、まずもともとの慣性もイメージしやすいはず。それをいかに残すか、ですから。鵜の瀬(動画のとこ)のエディキャッチは皆さん、惜しかったですね。ここを取れるように頑張っていきましょう!
b0225495_196393.jpg
今日のアルバム


 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-18 22:39 | スクール | Comments(0)
カヤック日和?
12/17 親鼻水位1.29

ベーシック初級
今朝はこの冬一番の冷え込みだったそうです。長瀞の朝はコチコチです。しか~し!昼間は快晴、風もなく、川にいてもポカポカしてくるような陽気。12月でもこんなに快適に漕げるなんて幸せです。(泳ぐと冷たいけどね。)

さて、講習はIさん3週連続で来て頂きました。翌日は自主練するので、今日でなるべく川に慣れておきたいところ。本日、午前はドローストロークとスカーリングをやりました。どちらも横に進む漕ぎですが、実践で横に進むというシチュエーションはあまりないでしょう。しかし、実際にはドローとスカーリングは使います。使えると、とても幅が広がります。ロールもそう。スカーリングやドローの感覚がわかっていないと、ロールもできませんから。さすがにこの時期にロールは練習できませんが、春になったら覚えたいですね。
Iさん、パドリングはだいぶ良くなってきました。長瀞なら真っすぐ下るぶんには問題ないかな。ちゃんと水も捉えています。あとは、インアウトでリーニングの部分。今回は自艇だったので、余計、不安定な部分もあったけど、加重して傾ける意識です。箱舟は傾けにくい点があるのですが、エッジを利かすイメージで。目線でリードして傾けましょう!
b0225495_11351475.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-17 21:17 | スクール | Comments(0)
踏み切りを考える
12/15 親鼻水位1.35

ベーシック初級
昨日の雨で少しだけ水増えました。といっても、冬なので少ないですけどね。今日も天気は快晴でしたが、風が冷たかった。手がかじかむ・・・。けど元気いっぱい漕ぎますよ。

今年は定期的にいらしているMさん、12月に漕ぐのは初めてです。まだウェアなど揃えていませんが、大丈夫です。すべてレンタルできます。フルドライのレンタルもあります。ただMさん背が高いので、ちょっとサイズがきつかったな。
本日の講習は『踏み切り』をテーマに練習しました。踏み切りとは、ストリームインアウトの際のエディラインを超えるときのストロークを指します。
上手に踏み切りには、いろんな要素があります。
①スピード
②進入角度
③タイミング
ここでは③のタイミングをいろいろ試しました。スピードはあった方がいいですが、そんなに速くなくてもOK。逆にスピードに頼りすぎるのもあまりよくありません。スピードを出せない状況もありますから。アングルもそれを変えることで、調整することはできますが、基本的には2時、10時を使います。あと、もちろんリーニングも必要です。
タイミングですが、一番大事なことはエディラインを超えること。標準的には、エディライン上が漕ぐタイミングの目安ですが、自分の漕ぐ力強さと流れの強さの関係で変わります。艇のスピードがあれば、タイミングは早くてOKという感じですね。あとは、上流踏み切りか、下流踏み切りか。フォワードストロークか、スイープストロークか。これも状況次第。逆算によって決めています。自分がどの流れに乗りたいのか?またはエディのどこに入りたいのか?行き先の目標によって変わります。いろんなパターンを試しましたが、難しいのはより奥まで進める方なので、なるべくボートの推進力を殺さないでターンできるよう目指します。強い踏み切りは大事ですが、変に力が入ってしまうとリーンが外にいってしまう。後半は上手く内側に体重を掛けられるようになって、ストリームインも良くなりましたね。Mさん、来年はもっといろんな川にも行けるようにさらにレベルアップしていきましょう。楽しみですね。
b0225495_0435659.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-15 21:05 | スクール | Comments(0)
NZに向け、ダウンリバー特訓
12/11 親鼻水位1.26

ベーシック初級
先週に引き続き参加のIさん。来年2月にNZでレースがありますから、頑張ります。先週はフォワードストローク中心の講習でしたが、今日は流れに慣れる目的です。それというのも、NZのダウンリバーコースはグレード2とのこと。2級の瀬は下れるようになっておかなくてはです。ちょうど長瀞も今の水量なら激しいところで2級くらいでしょうか。

本日は少し座学からスタートしました。装備やテクニック、川の流れについて解説。午後はダウンリバーするので、流れを読むのに予備知識を入れておきます。
午前はストリームインアウトを中心に練習。シンプルなダウンリバーレースでは、エディキャッチをすることはあまりないかもしれませんが、インアウトは流れの変化に対処すること。川を下っていて、何があるかわかりません。変化を感じ、不意の動きにもバランスを保てるようになりたいです。Iさん、今まではその驚異的な運動能力でノー沈だったのですが、今回は初めての沈がありました。防寒対策はしていましたが、フルドライではなかったので、冷たかったと思います。レスキューは座学だけでもしておこうと予定だったのですが、実践もトライになりました。沈した理由にはちょっと力の入りすぎがあったかな。2回目は前傾姿勢から自らパドルに体重が乗って、沈した感じでした。バランスボールに乗るような体軸を真っ直ぐにキープできるといいです。

午後はセイゴの瀬からくつなしの瀬までダウンリバー。先週は鉄橋下から亀岩まで下ったので、これで、長瀞のメインコースは下ったことになります。ドキドキだったけど、ダウンリバーの楽しさを味わってもらえたようです。レースのために始めたカヤックですが、カヤックそのものの魅力も感じれたかな。
b0225495_10122465.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-11 21:12 | スクール | Comments(0)
バウラダーとスターンラダー
12/10 親鼻水位1.27

ベーシック中級
昨日までは暖かかったのですが、今日は風が冷たかったです。ドライを着ているので体は寒くないですけど、手は冷えてくる。こういう時は温かい飲み物がじわ~っときますね。

さて、本日の講習ではバウラダーとスターンラダーをメインに練習しました。サーフィンのエントリーで用いたのですが、サーフィンだけでなくいろんな場面でも使えます。特にバウラダーは応用範囲が広いので覚えると便利です。
スターンラダーは『なるべく慣性を殺さないでアングルをコントロールする』ことがポイント。バウラダーも基本は同じですが、さらに利点があります。ラダーからすぐにフォワードに移れるということ。「あれっ?ちょっとスピード足りなかったかな?」と感じたら漕げばいいわけです。ただバウラダーでアングル調整するには、下半身の踏ん張りが必要。あくまでもブレードが支点で、腰でボートを動かす感覚を持っているか。
スターンラダーはつい、ブレーキを掛けてしまいがちになりますが、(あえてそうする場面もありますが)皆さん、慣性を残しつつ調整できるようになりました。やはり、そのときはエントリーがとてもスムーズでしたね。ウェーブが難しくなると苦労していたので、もっと磨いていきましょう。バウラダーはスターンラダーに比べると難しかったですが、水を切って支点を得る感覚かな。ストリームインでも使う技術なので、いっぱい試してみましょう。
b0225495_11574952.jpg
今日のアルバム(メモリーを忘れて、解像度が低いです。すいません)
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-10 20:27 | スクール | Comments(0)
回転軸を固定する
12/4 親鼻水位1.33

ベーシック中級
土曜は12月とは思えない暖かさでしたが、今日は曇り空。それでも気温は高めのようで、動くと体はほかほかでした。

本日の講習はフリースタイル中心にやりましたが、位置修正を特に練習しました。スピンをやるときに、ポジションが大事なのはもうご存知と思いますが、その場所に行く、キープするというのが難しいわけです。このときに、ブレスやドローなど細かいパドルワークが必要になります。ということでドローの練習から入りました。
ドローに限らず、すべてそうですが、ブレードの位置にカヤックを寄せます。この感覚がドローストロークはわかりやすい。最初はオーソドックスな真横のドローから練習しましたが、次に、わざと前後にずらして漕ぐ。このとき、手漕ぎだと、横に進むのではなくて回転してしまいます。『ボートのほうを動かす、腰や膝で動かす。』ということがわかっていないと、これはできません。少し難しかったですが、二人とも出来ていましたね。この感覚を大事にして下さい。

その後は、エディでシュミレーション、ホールで実践、と試しましたが、流れだと静水ほどやり易くはなかったようです。しかし、やることは同じ。つい、回すことに意識がいってしまいがちになりますが、中心をキープすることを頑張りましょう。スピンは水車のようなものです。中心軸が固定されれば、あとは流れが勝手に回してくれます。足りない部分もあるので、そこだけ回してあげます。いかに、自分のポジションを固定できるか。そのために必要なドローストローク、いろんな場面で駆使することがありますよ
b0225495_11315726.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-04 23:06 | スクール | Comments(0)
フォワードストローク特訓
12/3 親鼻水位1.34

ベーシック初級
ついに師走に入りました。しかし、今日は暖かい、暖かい。講習内容もフォワードストロークとあって、汗をかくくらいでした。

さて、講習ですが、本日はフォワードストローク中心で行いました。ダウンリバーはもちろんですが、なぜフォワードストロークが大事か理解できていないと、フリースタイルも上手くならないでしょう。なぜなら、漕ぎはすべて「カヤックを動かす」ことが根本ですし、フォワードストロークを極めることはその体現だからです。
今回は、ダウンリバーレース(70㎞)に出場するので、その特訓をしたいというリクエストもあっての講習なのですが、
①効果的な体の使い方(パワーの伝え方)
②効率的なカヤックの動き

をポイントに練習しました。
①は体幹を使い、それを推進力に変える。という部分ですね。体のひねりや、いつパワーを出すかなど、そして重要なパドルの役目。いつもよく言っているのですが、上半身固定のためです。
②はムダな動きがないか?ということです。分かりやすいのが、左右や上下にぶれること。余計な抵抗を生んでいるわけです。使った力が推進力でない部分に消費されています。これを確認するには、『間』を利用するといいです。つまり、慣性を見ます。慣性がより残っているか?その方向は正しいか?という点です。

午前は静水だったのですが、午後は流れに出ました。もちろん、流水でも漕ぎは同じです。ただ、気をつけたいのは漕ぐタイミング。「いつ漕ぐか?」ですね。「えっ、いつ?ってのがあるんだ」と思うかもしれませんが、はい、自分のタイミングで漕ぐのではなく、流れやカヤックの動きに合わせて漕ぎます。わからないときは、「がむしゃに漕ぐ」でもいいでしょう。それも1つの方法ですが、欠点はそれでは体力が持ちません。例えば、波のあるところなら波のトップです。水が分かりにくいときは、ブレードに重みを感じたときに漕ぐといいでしょう。
フォワードに関しては、まだまださわりです。これからもっと磨いていきましょう!
b0225495_10502576.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2016-12-03 21:28 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧