ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2017年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
スクォートとプレイボート
5/31 親鼻水位1.31

スクォート&フリースタイル講習
本日はフリースタイル講習でした。しかも半日はスクォート。6月末にあるフリースタイルの大会を視野に入れてのチェックのためです。
自分はどういうことが出来ているのか(客観的な目線でみて)?出来るようになるには、何が足りないのか?より精度を上げるには何を練習をすればよいのか?を考えていきました。
講習の内容的には、細かいことやいろんなことをいっぱいやった(ほんとたくさん漕ぎました。つい5時過ぎまで。講習に夢中だったので、午前は動画も撮り忘れました)ので、ブログで詳しく書くには難しいですが、課題をみつけ、今後の練習に生きてくればと思います。

ところで、Sさん、スクォートとプレイボートの両方をやっていますが、この2つの乗り方やプレイは同じところもありますが、違うところもあります。スクォートは間口が狭いので、プレイボートからスクォートもやってみようなかな?というのが多いですが、スクォートを学ぶことで、プレイボートにも還元できる部分は多々あります。「流れを感じる(しかも立体的に)」、「体重移動を利用する。」というのは、スクォートに乗ることでより学びとることができるでしょう。
スクォート講習も受け付けておりますがので、興味のある方は問い合わせ下さい。
今日のアルバム
b0225495_10593432.jpg



 
[PR]
by bpkayaks | 2017-05-31 22:00 | スクール | Comments(0)
再スタート
5/29 親鼻水位1.35

カヤック入門
今日も暖かくなりました。講習はラッシュ1枚です。さすがに泳ぐには寒いですが、浮かんでいるぶんには気持ちよいです。

1日の体験コースに参加は、とても穏やかな雰囲気を持つご夫婦。奥様の方は、以前、経験があり、今回復活したいと。ご主人はカヤック初めて。ご主人は初めてで、けっこう緊張していた感じでしたが、面白いと言って頂き、最後の方は力も抜けてきていました。奥様は漕ぎだしてすぐに、昔を思い出したか、かなりいいストロークをしていました。怖がりだと謙遜していましたが、いろんな川で経験もあり、以前はけっこう漕いでいたのではと思います。しばらく離れていたければ、またカヤックの楽しさを味わえるようになるといいですね。こちらも全力でお手伝いいたします。
b0225495_8543444.jpg

 

[PR]
by bpkayaks | 2017-05-29 23:33 | スクール | Comments(0)
親子で楽しめるダッキー
5/28 親鼻水位1.39

ダッキーツアー
先日に参加頂いたTさん、本日もまた来て頂きました。今度は娘さんを連れてです。楽しいことは家族で共有したい。家族で楽しめる川遊びは素晴らしいですね。
娘さんも最初の練習では少し緊張した面持ちでしたが、いざ川下りがスタートすると、もう笑顔。波を怖がらないかな?と心配でしたが、急流の方が喜んでいました。途中、瀞場ではカヤックから降りて水遊びしたり、ダッキーの上に立って遊んだり。夏だったら泳いで遊んだりもするのですけどね。
今回はお父さんが2回目だったので、ロングコースを下りました。ロングだと7kmくらいはあります。次はリジットタイプのカヤックもどうですか?
b0225495_7404359.jpg
b0225495_7401538.jpg

b0225495_7402855.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2017-05-28 21:23 | ダッキーツアー | Comments(0)
スターンラダーも固定です
5/27 親鼻水位1.36

サーフィン講習
昨日、おとといの雨で増えるかな?と思いきや、さほど増えなかったです。これまでが雨降ってなかったからかな。梅雨はまだ先だけど、徐々に増えて欲しい気もします。

さて講習はリクエストでサーフィン。今年、講習初参加のAさん。忙しい中にも時間をみて来て頂きました。
まず、サーフィンのエントリーで使うのがスターンラダー。パドルの役目は上半身の固定とよく言っていますが、スターンラダーに関しても同じ。進行方向もしくは流れに対し水を切ることで、固定する。そしてそこを支点にお腹がボートアングルをコントロールします。裏面で抵抗を作るやり方もありますが、基本は水を切る感覚を持つこと。
Aさん、エディでの練習ではこれが出来ていたのですが、実際のウェーブエントリーでは、ブレーキが掛かりがちでした。そうなってしまうのは、バウが刺さりそうだから。つい、バックを入れてしまうわけです。それも1つの対処法ですが、ウェーブから落ちてしまう可能性がある。
そうならないようにするには、アプローチを見直すか、リーンで食われるの避けるか。アプローチラインは大切なので、なるべく漕がないで、慣性でエントリーできるラインを見つけましょう。
ウェーブに乗ってからは、バウに掛かる水をリーンでいなす練習をしました。最初は難しかったようですが、だんだん出来てきましたね。リーンしていれば前加重もやりやすくなります。ウェーブでの位置に合わせてどこに荷重するかがサーフィンを続けるポイントですよ。
b0225495_994516.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-05-27 22:59 | スクール | Comments(0)
やっと涼しくなりました
5/24 親鼻水位1.31

ベーシック初中級
今日はダッキーのみの予定でしたが、急遽、休みが取れたということで長瀞にいらしたYさんの希望で午前もスクール。先日の天竜川ツアーで気になった点をクリニックしました。
天竜川のとき気になったのは、エディラインで回されていたこと。最終的にはフォワードストロークの質、というところになりますが、カヤックを前に進める意識を持つことです。具体的に1ストロークでどれだけカヤックが前に移動するのか?というのを感覚的に理解しているか。Yさん、今日の練習ではよく出来ていました。ちゃんとエディラインを「超える」というイメージを持っていれば、難しくないのかなと思います。いつもこのイメージですよ。
きついエディラインでは、ちょっと食われがちだったのですが、そこは重心がやや後ろぎみだったから。どの位置に乗れば安定するのか?考えながら乗りましょう。
あと、ロールもパワーロールになってきたので、修正を試みましたが、以前のクセが抜けきれないので、かえって混乱する部分もありましたね。まずはスカーリングとドローを磨きましょう。そうすれば、自然とロールにも生かされるようになりますよ。スカーリングとドローは今号のplayboatingにも特集で載せています。
b0225495_1112441.jpg
今日のアルバム


ダッキーツアー
午後はダッキーツアー。ツアーというよりはダッキー講習でしょうか。自艇を購入したが、基本の操作を学びたい、ということでダッキーの講習を申し込み頂きました。
ダッキーは安定性の高いカヤックなので、初心者でも自分の力で川に繰り出すことがやりやすいですが、やはり基本を理解していると全然違うと思います。カヤックの操作だけでなく、川の知識についてもそうです。川では何が危険なのか?その回避方法は?安全にカヤックを楽しむためには大切なことですね。
Tさん、のんびりカヤックで自然を楽しみたいとダッキーを購入しましたが、今回、瀬を下って、川のスリルにも魅力を感じたようです。川の楽しみ方はいっぱいあります。欲張りに遊んで下さい。
b0225495_11175989.jpg



 

[PR]
by bpkayaks | 2017-05-24 22:24 | スクール | Comments(0)
信濃川ツアー募集
信濃川ツアー
b0225495_18205392.jpg
日本一長い川として有名な信濃川。区間は十日町を下ります。やや下流域にあたるこの区間は、瀞場と瀬が交互に現れる初級レベルからでも下れる易しめのコースとなります。易しいと言っても、落ち込みの落差は大きく、それなりの迫力はあります。ただ素直な流れなので、見た目ほどの難しさはありません。

期 日:6月18日(日)
集合場所:ミオンなかさと 
集合時間:10:00  塩沢石打ICより30~40分ほどです。
料 金:¥9000(自艇参加 ¥8,000)
*ダウンリバー中の昼食タイムはありません。飲み物、行動食は各自ご用意下さい。

b0225495_18215127.jpg
瀬はこんな感じの落差はあるが、真っ直ぐな流れ。

昨年のツアーの様子です
b0225495_9185720.jpg

b0225495_9191649.jpg
b0225495_9193189.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2017-05-24 09:19 | スクール | Comments(0)
重心位置を変えてみる
5/23 親鼻水位1.35

まだ暑い日が続いています。今日は久しぶりにフリースタイル講習で、スピン、サーフィンを中心に行いました。
その中で特に意識したのが、重心位置。自分がボートのどの位置に乗っているか?というもの。例えばリーンを掛けるときは、少し左右にずらします。同じように前後の重心位置を変えるときもある。
スピンのときに、バックサーフィン時はよく前傾姿勢をとる人を見かけますが、その理由(スターンが食われないように)はわかるのですが、いつも前傾がいいとは限りません。ときには後ろ荷重をすることも。ではいつ、そうするのか?を講習のなかでやりました。いつがわかるには、まず、カヤックの動きを感じること。自分で動かす面もありますが、まずは、流れが動かそうとする部分を感じる。
Sさん、姿勢を変えることで、カヤックの動きも変わることを実感できたと思います。いつも流れと相談しながら、自分は何をすべきか?です。

あと、ウェーブやホールの中で、ドローやスライスができるといい。これができると、エントリーや微妙な位置調整が格段に簡単になる。これにはあまり時間を割けませんでしたが、playboatingの今号に特集で掲載した部分です。ダウンリバー技術はフリースタイルにも生かせますね。
b0225495_09025784.jpg


 


[PR]
by bpkayaks | 2017-05-23 21:49 | スクール | Comments(0)
リーンは上げるのではなく下げる
5/21 親鼻水位1.27

ベーシック初級
今日も夏日でした。いやほんと暑い。まだ5月ですが、泳ぐのが気持ちいいくらいです。ラッシュガード1枚での講習でした。

参加はGW前に来て頂いたMさん。あまり間を空けずに次の講習があると上達も早いですね。前回は「流れをいなす、掴む」というのをやりましたが、そこに復習から。掴む水の種類が最初は上手くいきませんでしたが、途中から良くなりました。流れの強いところを狙いますが、目線を行き先に向けられるようになったのが、良くなった理由です。
いなす部分もだいぶ感覚は感じているのではないでしょうか?リーンはまだ甘く、足りないケースが多かったですが、流れを強く受けたとき、いなせているときの違いがわかれば、調整も身についてきます。
リーンが上手くいかない理由の1つに、そのやり方があるかもしれません。上流を上げようとひざを持ち上げるには力がいります。この力を掛け続けるといのがやりにくい。リーンの基本は荷重です。エッジを入れる感じで、重心を低く加圧してあげるとリーンが安定しますよ。
b0225495_833724.jpg
今日のアルバム(初級クラス)


本日はもう1クラスの開催、カヤック体験
2組の方がご参加頂きましたが、はい、やっぱり泳いで遊びましたよ。この暑さなら水遊びが最高です。
b0225495_8103311.jpg
今日のアルバム(カヤック体験)

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-05-21 20:56 | スクール | Comments(0)
長瀞は注目のデートスポット
5/20 親鼻水位1.29

眞子さまの婚約報道で、長瀞をデートされたというのがあり、今、デートスポットとして注目されつつあります。
そんな人気スポットにカップル川で遊びに来て頂きました。「長瀞に行きたいけど、何しようか?」ということで川下りダッキーツアーを選んだとのこと。
今日は夏日、青い空と緑の山に囲まれ、川でスプラッシュを浴びる。最高の選択ではなかったでしょうか。おふたりとも、「楽しい!」、「気持ちいい~」の連発でした。ダッキーはアクティブで多少の難しさはありますが、初心者でも長瀞の急流を自分の力で川下りできる。そんな最高の体験をできます!
b0225495_22045694.jpg
b0225495_22054870.jpg
今日のアルバム




 






[PR]
by bpkayaks | 2017-05-20 21:42 | ダッキーツアー | Comments(0)
流れをいなす、計算する
5/18 親鼻水位1.39

ベーシック初級
ツアーから帰ってきて、なんとなく久しぶりに漕ぐ気がします。3日空いただけなのですけどね。現役選手のころ、3日漕がなかったらすごい久しぶりな感覚でした。このブログのタイトルにもなっていますが、毎日がふつうって大きいなぁと感じます。

さて、講習は昨年秋ぶりの参加のOさん。近場で少しは漕いでいたようですが、今シーズンはいっぱい漕げるといいですね。
今日は『流れをいなす』、『流れを計算して進む』という2点を中心に講習しました。
まず流れをいなすには、ストリームインの進入角度。縦に近いとあまり流れを受けず済みます。それともうひとつ、リーニング。サイドでなくボトムで水を受けるようにします。リーンが大きければいいというわけではありませんが、最初のうちは足りないことが多いので、なるべく大きくリーンをかけることを心がけました。あと、タイミングも必要ですね。
『流れを計算する』は、ある地点に行きたい場合、ベースに水の流れを考えること。例えるなら、ベルトコンベアの上を歩くようなもの。地面が動いていますから、突っ立っているだけで、下流方向に勝手に進むわけです。それもベルトコンベアは速さの違うものがいくつもある状況です。やっかいではありますが、流れが進めてくれるというありがたい面もあるのです。これをいかに利用できるか、です。ベースに水流があって、そこにどう漕ぎをプラスしていくか。計算が上手くいったときには、軽く漕いでいれば目的地に行けましたね。流れに逆らうのではなくて、乗っかる。こういう考え方が重要です。ポイントは間を作れるか。次がまた楽しみですね。
b0225495_9283.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-05-18 20:21 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧