ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
<   2017年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
カヤック体験と川下り体験
6/29 親鼻水位1.53

ダッキーツアー
本日もちょっと前まで雨予報でしたが、曇りに・・・蒸し暑いくらいの天気でした。結局、6月は梅雨入りしてからたいして雨は降らなかったですね。まあ、スクール的には助かりますが。

そして今日はダッキーツアー。最初はカヤック体験の予定でしたが、やっぱり流れを下ったほうが楽しいではないかということで、川下り体験のほうにご参加頂きました。
やはり、カヤックの王道はダウンリバー。美しい景色の中や、水しぶきのあがる急流を下ってみたいというのが、最初のきっかけではないかと思います。しかし、残念ながら長瀞は初中級レベルで、初心者が下るにはリスクがある。そこでダッキー(インフレータブルカヤック)なら、安定性が高く、もし転覆しても閉じ込められる心配がない。そういう点で当スクールでは、初心者向けにダッキーを使った川下り体験を行っています。まずはこういう世界を知って貰えるのはいい体験かなと思います。
もちろん、通常のカヤックにはより魅力もあります。いきなりは難しいですが、だんだん上達してくると、ダッキーよりも高い操作を行うことができます。こちらの方が楽しさの奥は深いと言えるでしょう。
b0225495_1603937.jpg




[PR]
by bpkayaks | 2017-06-29 15:48 | ダッキーツアー | Comments(0)
初リバーカヤック
6/26 親鼻水位1.50

流れ入門
ちょっと前まで雨予報でしたが、すっかりいい天気になりました。
これまで海と湖は経験があるが、川は初めてというOさん。カヤックの楽しさを知り、いろんな経験を重ねていきたいところだと思います。

さて川は海や湖との大きな違いは、流れがあるということ。海にも流れはありますが、川と質は違います。やはりこの流れがくせもので、流されるし、転覆もしやすい。けどこの難しさが面白さでもあります。カヤックにはエンジンがなく、人力で動くものですが、リバーカヤックに関しては、自然力とでもいうか流れが動かす部分もあります。流れを味方に付ければ、楽ちんな乗り物です。
今日は初歩の流れを横切る(フェリーグライド)、斜めに下ってみる(ストリームインアウト)をやりました。まだ押されている感がありますが、上手くいったときには、す~っとできちゃいますね。こういうのがあるから楽しい。
上手くなって、いろんな川に行けるようになりましょう!
b0225495_10483997.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-26 21:55 | スクール | Comments(0)
スライスとサーフィン
6/25 親鼻水位1.53

サーフィン・スピン講習
今日も長瀞は関東大会をやっておりました。フラットクラス、バーティカルクラスともに優勝は、当スクールの生徒さんでした。みんなが頑張ってくれているのはとても嬉しいです。

講習もフリースタイル。水量がやや多めでしたので、皆野中から下りながら遊びました。
講習の最初にスカーリング(サイドスリップ)とスターンラダーから練習しましたが、サーフィンでこのスライスが使えるとエントリーがずいぶんと楽になります。どちらも重要なのは、「ブレードを支点として、下半身でボートコントロールをする」という点。
まずはブレードが支点となっているか。ブレーキになってしまっては上手くいきません。支点が感じられたなら、下半身の調整もわかるはずです。静水ではできているので、あとは流れでも同じことができればです。
あと、サーフィンでボトムに落ちるのをどうしても嫌ってしまいますが、そこで「いなし」を覚えられるといいですね。リーンや重心移動でフェース面をかわします。かわしを使えればここでもブレーキを使わなくてすみますから。

今日のアルバム
b0225495_8311619.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-25 20:10 | スクール | Comments(0)
回転の中心はどこ?
6/24 親鼻水位1.53

ベーシック初中級
今日はJFKAの関東大会。私もスクォート部門に出場させて頂きました。講習中にもかかわらずです。応援ありがとうございました。

講習は「回転の中心を考えてターンをする。」をやりました。さて、ターンしているとき、回転の中心はどこにあるでしょう?ボートの真ん中?効率の良い回転は、コマのようにボートの中心にあるべきです。しかし、エディラインを超えるときはそうではないですよね。カヤック自体が前に進みながらターンしています。
短く回りたいのか?走らせたいのか?両方のケース、また複合させるケースもあります。この両方を練習しました。どちらも慣性を残したいのが狙い。このとき、エッジがポイントです。スキーでいう「切れ」と「ずれ」でしょうか。ターンの中心がどこにあるかわかってくると、ラインのイメージも必然と見えてくるとはずです。点でターンできるのか?膨らむ場合はどのくらいの弧なのか?それが正確に描けると狙ったところでターンできるようになりますよ。

今日のアルバム
b0225495_882226.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-24 22:51 | スクール | Comments(0)
前へ出る
6/22 親鼻水位1.55

ベーシック初級
昨日の雨で増水かと思われましたが、引くのも早かったです。結局、少し多いかなくらい。水も濁ってなくていいコンディションでした。

少し増えたということで、講習もくつなしまでダウンリバーしました。メニューはストリームインアウトにサーフィン、ロール練習。
ロールは前回、成功しましたが、体が覚えるように繰り返し練習です。まだ気持ちがあせると、スタートの動きが下に向かってしまいますが、ブレードがちゃんとスカーリングの動きになったときはきれいに上がっています。この感覚を体で覚えさせましょう。

インアウトでは、「一歩、前に出るように」としつこくやりました。沈する一番多いケースはエディラインで止まってしまうこと。まずはエディラインを超えること。これはアウトのときも一緒。そしてインで流れに入ったとしても、そこで止まってしまってはやはり沈する可能性が高くなる。本流を掴んで、さらに一歩、前に出るイメージが大切です。

サーフィンの時のスターンラダーも同じです。「前に出す」というよりは、「ブレーキを掛けない」ようにするわけですが、静水で置き換えると、前への慣性を残すようなラダーとなります。静水では出来ていたので、ウェーブでも同じですよ。力を抜いてやりましょう!

本日はダウンリバーしたので、やっぱり瀬を超えると楽しかったですね。秋の長良川が楽しみです!

今日のアルバム
b0225495_10424354.jpg




 

[PR]
by bpkayaks | 2017-06-22 21:43 | スクール | Comments(0)
爆裂、信濃川
6/17 信濃川ツアー

行って来ました、信濃川。区間は十日町、昨年に続き2回目の開催です。今年も爆裂な波でしたよ。水量は変わらず60t放水なので、期待とおりの波があるわけです。爆裂といっても、流れはストレートなので、見た目の大きさのわりには難易度は高くありません。しかも瀬のあとは必ず瀞場なので、泳いでも安心?
瀞場区間もそれなりにあるので、ツアー自体はのんびり進みます。そしていくつかある大きな瀬が出迎えてくれる。前半の最後に最も大きな瀬があるのですが、今年は岩が動いたのか、より大きな波が立っていました。波というより、もう壁。さすがにこれは自分も突破は無理と、ラインを外して下りましたが、なんとKさん、ここを中央突破しました。予想とおりボートは垂直に立ち上がり、空中へと飛び出して行きました。いや~、凄かった、それもちゃんと狙ったというからあっぱれです。

今回はダッキーで親子の参加もありました。こういう川なら子供と一緒にも楽しめる。まだ小学生なのでタンデムですが、怖がるどころか大波ほど喜んでいました。
後半はざら瀬が続くのですが、子供たちは泳いで遊んでおおはしゃぎ。楽しい日曜日になったね。
最後の堰堤の瀬も全員見事にクリア!ふわっと落ちるような感覚があるほどの落差。これほどの大きな落差の瀬をあまりリスクなく楽しめるのだから信濃川、面白いです。

ツアー後は新潟名物「へぎそば」へ。地元O氏に連れて頂き、総本店で食べました。最後はグルメで締めて楽しい1日となりました。
b0225495_211816.jpg

b0225495_2122690.jpg

b0225495_21222039.jpg
b0225495_21223339.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-06-17 18:26 | ツアー | Comments(0)
最高の一瞬
6/16 親鼻水位1.46

ベーシック中級
長瀞久しぶりのK島夫妻。先月は吉野川に遠征に行っていました。とっても楽しい遠征ができたようです。カヤックに出会ったことで、上手くなることで、素晴らしい世界が広がっていけたのですね。

さて、講習は午前は「立ち上がり」。スラ講習でもやったことなのですが、ターンからフォワードに移る部分です。キャッチ+ドローでターンを終えてからフォワードストロークに移ると、回転慣性を一度止めてからのフォワードになります。立ち上がりはそこの回転慣性を直進に変更させるもの。
スラロームであればタイムを縮めることができるし、ダウンリバーであれば、ストリームインアウトの時の安定性につながります。この感覚が分かってから、お二人ともだいぶ安定していましたね。いや~、スラの基本って凄いなと思います。

午後は水量が良かったので、サーフィン。サクラ2段目のももいろウェーブが気持ち良かったです。サーフィンは、エントリーがポイント。まず、乗れるかですからね。どのラインを移動すれば乗りやすいのか?あまり漕がないで進むラインを探します。これはフェリーの技術と同じですね。よ~く水を観察することから始まりますよ。あとはボトムから感じる水の動き。スターンがふわっと浮いたときが、前加重(フォワード)のタイミングです。乗れたときの、すっと走る感覚、最高の一瞬ですね。

今日のアルバム
b0225495_7174192.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-16 21:41 | スクール | Comments(0)
趣味として選べる
6/15 親鼻水位1.37

カヤック入門
梅雨ですが、いい天気が続いていますね。今日もカヤック日和でした。
今日は1日コースのカヤック入門。カヤックが趣味になるといいなということでご参加頂きました。年齢的なこともあるので、体に負荷の大きいものでなくて、自然の中で遊べるものはないかとカヤックに目を付けた。
カヤックは一見、腕力が必要みたいに思われる部分もありますが、実際にはあまり力は入りません。自然の前では、人間の力なんて微々たるものです。もちろん運動的要素はありますが、カヤックはバランス重視で、体幹が重要なアウトドアスポーツです。

カヤックの愉しみ方はいろいろ。のんびりと景色を味わいながら川下りしたり、スリルを求めて急流を下ったり。スピードを競うスラロームや、フリースタイルプレイも面白い。旅のツールとしても使える。自分に合ったものを選べばいいし、全部やったって構わないのです。これから素晴らしい世界がきっと待っていますよ。

今日のアルバム
b0225495_14145.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-15 22:11 | スクール | Comments(0)
姿勢=軸の意識
6/13 親鼻水位1.37

フリースタイル講習
今日は雨予定でしたが、結局、ほとんど降らず・・・。また1.4を切ってしまいました。関東大会はどうなるかな。サクラには十分ですが、スピンホールは厳しいなぁ。

さて、講習も関東大会に向けての特訓。課題はスピンを安定して出来るようになりたい。Yさん、スピン自体は出来るのですが、時々スターンが食われてしまう。そこを減らしたい。
では、スピンでスターンが食われてしまうのは、どうしてでしょうか?
1つは、スピンを行っている場所。ボトム(上流)に近ければ、バックサーフィンになった時にスターンがフェースに刺さってしまいます。
他には、リーンの切り返しのタイミング。早過ぎたり、遅すぎたりすると上流が下がっているので、これも食われます。Yさん、タイミングは悪くないようです。むしろクイックでいい感じです。
ということで、まずはスピンを行うポジション。どこがいいかは、基本的にはバックウォッシュトップをベースに考える。ただ、そのスポットや水量によってやり易い位置は変わることはあります。トップがどこか分かるには、視線、よく見ることです。フェースとバックウォッシュを直接見るといいでしょう。そして、毎回、「この位置ではこうなった」というのを覚えていること。そのトライの中で、ベストポジションはしぜんと見えてくるはずです。

講習でもう1つやった大事な項目は姿勢。姿勢は重心位置と同じでもあります。基本は上半身は真っ直ぐです。もちろん、状況で前傾や後加重も行います。しかし、基本は真っ直ぐ。講習の中で、地球に対して真っ直ぐと言いましたが、これは軸の意識から。軸が真っ直ぐしている意識を持ちたいです。スピンに限らず、どんなときもですね。この意識だけでかなり変わりますよ。

今日のアルバム
b0225495_2037548.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-06-13 18:09 | スクール | Comments(0)
晴れが続く梅雨
6/11 親鼻水位1.43

ダッキーツアー
梅雨に入ってから、ずっと良い天気が続いています。今日は暑かったですね。
こんな日のダッキーツアーはとっても気持ちいい。瀬の中に入って、水しぶきを浴びるのも爽快だし、瀞場ではぽっかり浮かんで、のんびり空を眺めていると心が静かになる。
初めてのカヤックでも、そんなカヤックの醍醐味を味わえるダッキーは素晴らしいなぁと、自分でもつくづく感じます。
b0225495_15594734.jpg
b0225495_15595633.jpg
b0225495_160891.jpg




[PR]
by bpkayaks | 2017-06-11 21:15 | ダッキーツアー | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧