ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2017年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
9月最後ですが、カヤックはまだまだこれから
9/30 親鼻水位1.31

9月も最後になりました。天気が良くて、ドライじゃなくてもまだなんとかできるかな。寒くなっても、レンタルでウェット、ドライ無料レンタルしているので問題ないですよ。さて今日も講習に、ダッキーツアーにとやる気の高い方が参加されました。

流れ入門
講習2回目です。ボートを前回より少し細いファンランナーにしてみました。軽くなったのが嬉しいですね。ボートはちょっとフラフラしたようですが、すぐに慣れてきます。楽しみは膨らむばかりです。
b0225495_16181383.jpg
アルバム(流れ入門)


ダッキーツアー
昨年にカヤック体験にご参加頂いたのですが、今年はもう少しアクティブに行きたいということで、ダッキーツアーに参加です。お母さんと娘姉妹の3人です。仲がいいですね。ラフティングとかもやったけど、これが一番面白いと喜んで頂きました。秋は水もきれいでカヤックにもいい季節です。
b0225495_16243484.jpg
アルバム(ダッキーツアー)

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-09-30 13:57 | スクール | Comments(0)
強いストロークとは
9/28 親鼻水位1.43

ベーシック初中級
すっかり秋らしくなって涼しい日でした。長袖トップは必須ですね。長瀞は彼岸花も花は散ってしまいました。

さて、講習はくつなしまでダウンリバー。午前は踏み切りを中心に、「その慣性を残し流れに乗って進む。」というのを練習しました。踏み切りのストロークは、がむしゃらに強く漕げばいいというものではありません。その先を「どう進みたいか?」で正解は変わります。(それも1つではないでしょうが)流れを利用して回りたいときもあれば、なるべくアングルが変わらないように入りたいときもある。進むラインはどの方向なのか?目標に対し逆算をして決定します。ストリームインだけに気を取られてはダメ、先を見ることが大事ですよ。
あと、ストロークの強くとは、パワーのことではなくて、支点としての役割を果たしているか?長い時間水をとらえていれば、それだけコントロールができます。ゆっくり大きく漕ぎましょう!

ストリームアウトでも、「押しだす」ということを意識しました。ストリームアウトで沈しないためには、エディラインで止まってしまわないこと。ダウンリバーの中でも危ない場面がありましたね。油断しがちな場面なので、エディの状況もよく見て奥に押し出すストロークを心掛けましょう。
b0225495_94413.jpg
今日のアルバム



[PR]
by bpkayaks | 2017-09-28 08:20 | スクール | Comments(0)
Jacksom kayak アンティックス
Jacksom kayakのダウンリバーボート、アンティックスのご予約を承ります。(10月入荷予定)
アンティックスはクリークに対応できるボリュームを持ち、かつスターン側は薄く経過なリバーランニングも得意。またボトムはフラットハルを採用し、プレイボートと似た乗り味となっています。
サイズはすでに販売されているMサイズに加え、Sサイズが登場!
b0225495_1492572.jpg

Antix / Jackson Kayak
Sサイズ:長さ=223.5㎝、幅=63.5㎝、重さ=15㎏、容量=212L
Mサイズ:長さ=240.7㎝、幅=66㎝、重さ=16㎏、容量=238L
カラーはアビス(写真の色)とレッドがあります。
お値段は、定価¥224,640(税込)を
ご予約のお客様に限り¥173,000(税込)
数に限りがあるため、申し込み順とさせて頂きます。

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-09-26 18:46 | ショップ | Comments(0)
夏休み、カヤック三昧
9/24 親鼻水位1.38

流れ入門
お彼岸も過ぎて、これからは夜が長くなっていきますね。なんとなく寂しい気持ちと、身が引き締まる思いがあります。

さて本日の講習は遠く青森から来て頂きました。ありがとうございます。わざわざこの講習のためだけではありませんが、夏休みにいろんなところを回って寄って頂きました。この休みに、水上、仁淀川(四国)、長瀞と漕いだそうです。水上ではパックラフトだったので、今日が一番ハードだったかなと思います。

流れの講習は初だったので、まずは基本的なストリームインとフェリー。運動神経は良くて、これらはすぐに出来ていました。フェリーができるなら、次はフェリーアングルをいろいろ変えながら、対岸へ渡ります。この時、大切なのが、流れを利用できるか?目的地があって、流れに押されてしまうのではなくて、流れに乗って近づけるかという感覚。このちょっとした違いはフェリーアングルによります。Fさん、力抜けて漕ぐことができていましたね。そう、流れを利用すればカヤックが進むことは簡単なのです。
関東は遠いですが、これからもカヤックを続けられるといいですね。
b0225495_10471365.jpg
今日のアルバム

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-09-24 21:10 | スクール | Comments(0)
体のひねり
9/23 親鼻水位1.47

夜中の雨で増水するかな?と思ったけどさほど雨もふらずに、少し増えただけ。遊ぶにはいい水量になりました。サクラウェーブは大勢で賑わっていたようです。

講習はK島夫妻。長良川ツアーに向け、ロールなど調子を上げていきたいところ。体を思いっきりひねるターンを練習し、いいお腹の感覚ができたかな?今日のブログは写真はありませんが、講習の動画のみで。
アルバム(ベーシック中級)


もう一つ、ダッキーツアーもありました。
昨年も来て頂いたリピーターです。2回目なので、ロングコースの樋口まで下りました。1年ぶりのダウンリバーでしたが、皆さん「やっぱり、川は楽しい!」と喜んで頂きました。また来年もよろしくお願いします。

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-09-23 20:57 | スクール | Comments(0)
カヤックを動かす
9/22 親鼻水位1.37

流れ入門
本日は平日ながら講習に3人も。Aさん夫妻は初めての参加ですが、このブログは以前から見て下さっていたようです。ありがとうございます。

ということで、本日は『漕ぎ』の最も重要な部分を講習しました。それは何か?というと、「カヤックを動かす」ということ。当たり前といえば、当たり前のことですが。それが、けっこうパドルを動かすことに意識してしまっているのです。
まず、カヤックを動かすために、まずパドルの構えからレクチャー。「パドルは胸の前にある、肩とシャフトは平行。」というのが黄金ルールです。
つぎに、腰で体幹を動かす仕組みをやりました。よく、体をひねって漕ぐと言いますが、上体をねじるだけではありません。腰との連動がポイントです。とっても大事な部分ですが、実感できるにはちょっと時間が掛かるとは思います。けど、ここが分かってきたらかなり違いがでますよ。

午後はバランスの部分をやりました。重心や軸がどこにあるか?荷重がわかってくるとバランスも保ちやすくなります。そして補助としてキャッチを使う。キャッチは支えのようなものなので、支えがあれば、大きなリーンも簡単です。これは3人とも上手くできていました。これなら、次回はもう少し強い流れでも行けそうですね。
b0225495_2372239.jpg
今日のアルバム



[PR]
by bpkayaks | 2017-09-22 21:38 | スクール | Comments(0)
万水川・犀川ツアー 
やってきました秋のツアー案内です。

10/1,2日 万水川・犀川ツアー

一般的にはあまり知られてない名前の川ですが、カヤッカーにとっては水と景色が素晴らしい川として超有名です。レベルも易しく、川の流れを経験したことがある方なら参加可能です。カヤックをやったなら、ぜひ、一度は行ってみたいブループラネット一押しのツアーです。

開催日:10/1(日)or 2日(月)
    1日単位の日帰りツアーです。
料金:¥9,000(自艇参加¥8,000)
集 合:スワンガーデン安曇野10:00
    (電車の場合は9:20 松本駅)
>>詳細
b0225495_1054643.jpg
b0225495_106874.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-09-20 09:55 | ツアー | Comments(0)
台風一過
9/18 親鼻水位1.91

台風一過で、気持ちのいい秋晴れ、気温も30度を越えセミが鳴いていました。増水で開催が危ぶまれましたが、そこまで雨量は多くなく、たぷたぷの楽しい水量となりました。

午前はカヤック体験
ご家族3人の参加で、5年くらい前にもカヤックに乗ったことがあるとのこと。その時は小学低学年だった息子さんも今回は中学生。もう大人よりも上達早いですよ。お父さんが張り切って、ガシガシ上流まで漕ぎ上がっていましたが、負けじとついて行ってました。午後は続けてダッキーツアーに参加。急流を下って特に楽しかったとのことです。
b0225495_10184149.jpg
アルバム(カヤック体験)



午後はダッキーツアー
昨年も参加された方が今度はお友達も連れて来て頂きました。ダッキーはリピートの方も多いです。今日の水量は約50t。迫力あるダウンリバーでした。二股の瀬にも大きなウェーブが!しかし、この水量では私もさすがに下りながら撮影することができなくて、瀬の写真はあまり撮れませんでした。すいません。迫力ある映像は皆さんのまぶたに焼き付いたと思います。
やっぱり川下りは楽しい!10月の安曇野ツアーもお勧めですよ。
b0225495_10581071.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2017-09-18 20:10 | ダッキーツアー | Comments(0)
遅くまで漕ぎました
9/16 親鼻水位1.38

カヤック体験&ダッキーツアー
本日は3プログラム。台風が近づいていますが、今日はまだ大丈夫。明日がどうなるかな?
ダッキーツアーは満員御礼の7名でしたが、1組の方は午前にカヤック体験をして、午後にダッキーに参加。小学生のお子さん自ら流れの早いところを下ってみたいという希望でした。
でも、低学年くらいだと実際に川の上に浮かんでみると怖い・・・。最初は怖さが先にたって、体が動きません。しかし、徐々に慣れてくると・・・、もうスイスイ漕ぎまくります。子供は覚えが早いですね。すっかりカヤックにも慣れて、午後はいよいよダウンリバーです。
他の初めての方々も最初は上手くいかない操作に戸惑っていましたが、いざ、ダウンリバーが始まれば歓喜の叫びです。子供たちも、瀬の方が面白いと喜んでいました。
b0225495_1055414.jpg
アルバム(ダッキーツアー)


流れの講習の方は中級クラス。
こちらも5名と盛況でした。漕ぎだすと止まらない、遅くまで盛り上がったようです。ロールはお腹ですよ。すでに形を覚えている人は、あまりパドルの動きは気にしなくていいと思います。意識をお腹に集中です。丹田に光の玉があるのを感じて、それを逃がさないように腹筋をキープします。光の玉が動きのスタートになっていることを感じるといいでしょう。ロールの練習をするより、フォワードストロークやスイープを練習をした方が、この感覚はわかりますよ。
アルバム(ベーシック中級)
[PR]
by bpkayaks | 2017-09-16 21:06 | スクール | Comments(0)
お腹でボートをコントロールする
9/15 親鼻水位1.37

川岸は彼岸花でいっぱいになってきました。風も涼しい。かなり秋らしくなりましたね。

本日は午前講習、午後はダッキーツアーでした。Yさん、忙しい中も、平日に時間が空いたときに長瀞に漕ぎにきています。
ダウンリバーの技術を上げたいということで、ストリームイン、アウトを中心に練習しましたが、ストリームインの引き出しを増やすべく、いろんなパターンを試しました。
まずはオーソドックスに流れを掴む。これは基ベースですね。流れを掴むことで、安定性を生む。次に、流れにはパドルを入れないバージョンも。これができるには、流れをいなす感覚と踏み切りがポイントになります。最後は流れを掴んで、サイドスリップを使う。これはちょっと難しいです。ボートのアングルをお腹をコントロールするのですが、これが出来るようになると、ストリームインでの失敗はぐんと減るでしょう。「お腹でボートをコントロールする。」ベースでありながら難しい部分でもあります。
b0225495_22405318.jpg
今日のアルバム

b0225495_1055115.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2017-09-15 20:23 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧