ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
つま先荷重からかかと荷重?
1/29 親鼻水位1.29

ベーシック中級
本日は春の陽気。週中にまた寒くなる予報が出ており、ラッキーな1日でした。水量も、おやっ?10t以上。この時期にしては多いです。この陽気で、雪溶けが進んだと思われます。
せっかく水があるし、気温も高いので寄居会場ではなく、長瀞開催。冬季も、リクエストにより長瀞でも開催します。時間帯は暖かい昼前後に漕ぎたいので、スラ講習と同じ10:00集合~14:00解散の自艇¥6000です。

サクラウェーブも出現し、サーフィンメインの講習内容でした。波に乗れるかは、エントリーでほぼ決まります。エントリーはフェリーと同じこと。どのラインか、ボートのアングル、ストロークの強さ、これらを複合して考える。ムダな漕ぎはなくし、ウェーブに吸い込まれるようなエントリーがしたいですね。いいラインやアングルが作れたときは、すっと乗れました。サクラではスピンもできましたよ。

さて、冬はスキーもたしなむK夫妻ですが、カヤックもスキーと似ている部分があります。今日もエディラインを超えるときの踏み切りは練習しましたが、この踏み切りは、スキー板を走らせる、つま先荷重からかかと荷重の感覚と同じ。もちろんカヤックでは、つま先からかかとに重心は移動しませんが、板を前に出す感覚とボートを前に出す感覚が同じなのです。
エッジも一緒です。スキーでは、エッジを入れ込むことで、キレのある走りをする。角付けの大きさでキレとずれをコントロールしますが、カヤックもリーンで調整するわけですが、意識としては、傾けるのではなくて、エッジを入れ込む。そうすると前に走りますよ。スキーのときのイメージを利用してみるのもいいかもですね。
b0225495_10495445.jpg




[PR]
by bpkayaks | 2018-01-29 10:49 | スクール | Comments(0)
なるべく漕がない
1/18 玉淀ダム放水量9.6t

寄居スラローム講習
昨日の雨で水が増えました。水位にして10㎝くらい上がりましたよ。けど、元が渇水ですから、流れはあまり変化ありません。天気も4月頭の気温という予報で暖かかったです。

K夫妻、今年の初漕ぎです。前半は基本ストロークのおさらい。フォワードストロークに、ドロー、スカーリングと確認していきます。いつもことですが、カヤックの方を動かす意識。カヤックの方を動かすとは、下半身への意識になります。カヤックを動かすと、慣性がよく残る。この慣性をベースに漕ぎを足していきます。
なるべく漕ぎを少なして、どれだけ進めるか、正確なラインを描くか練習しました。これは、結局、1つの1つのストロークがどれだけ効いているかということ。
水面のボールを浮かべて練習していますが、ボール1個あるだけで、難しさも楽しさもアップ!さあ、冬の間に上手くなりますよ!
b0225495_21113852.jpg


[PR]
by bpkayaks | 2018-01-18 21:11 | スクール | Comments(0)
前に進んでいることを感じる
1/15 玉淀ダム放水量4.3t

スラローム講習
今年最初のスクールでした。天気は晴れ。気温はかなり低いです。けど、日差しがあって風はなく、太陽の暖かさを感じる陽気でした。先日の週末は長瀞で自主練をしたのですが、やっぱり寄居の方が暖かい。長瀞も楽しいのだけど、渇水ですし、冬は基礎練習が向いていますね。

さて、本日は基礎を見直すべく、フォワードストロークから。いつもよく言っていることですが、手漕ぎではなく体幹を使った『カヤックを動かす』を意識しました。カヤックの方を動かせているかどうかを確認するには、慣性を見ます。ストロークが終わったあとも、す~っとボートが滑っていくかどうか。すぐに次のストロークに移らずに、間を作って確認するといいでしょう。
ブレードを支点にして、下半身を前に出す意識なのですが、これがちゃんと出来ていれば、進む方向もコントロール出来る。真っ直ぐ慣性が残っているなら、すぐに次の漕ぎを入れる必要もない。なるべく自分の漕ぎは少なくても、カヤックが進むことを感じとりましょう。K島夫妻、意識していると、カヤックの進みが全然違いますね。いつもこうなるように、腰に意識を持てるように!
フォワードストロークの確認をしたあとは、流れで実践。ベースにはカヤックが前に進もうとしている。そこに流れを受けて、どう進むかを計算するわけです。緩い流れでも、これがけっこう難しい。イメージラインから修正する方法もあるので、最終、目標のところには行けますが、この修正がなるべくない方が効率良く漕げたということ。目標地点がはっきりしていると、ほんと、いい練習ができます。基本練習、違いを実感できてワクワクしますね。
b0225495_11275989.jpg






[PR]
by bpkayaks | 2018-01-15 13:06 | スクール | Comments(0)
2018 謹賀新年
あけましておめでとうございます!
昨年は多くの方に当スクールをご利用頂きありがとうございました。
今年も皆様が、安全に、そして楽しく上達できるよう邁進してまいります。
b0225495_11461758.jpg

1~3月は寄居にてスラローム講習がメインとなります。
スラロームといっても、本格的な競技を目指したものではなく、基礎を磨く内容になります。
なぜスラロームか?というと、ポールがあることで、自分の漕ぎをより客観的に見ることができ、課題がはっきりしてきます。また、目標があることで、単純に上手くいった、できなかった、というがすぐにわかり、やいがいもあり楽しいです。
寒い時期ですが、寄居会場は陽当りが良く、天気の良い日なら暖かいです。もし、天候が悪い場合はキャンセルOKです。
また、長瀞の通常講習も開催できますので、長瀞希望の場合はリクエスト下さい。

2018も素晴らしいカヤックライフにしましょう!

[PR]
by bpkayaks | 2018-01-07 11:55 | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧