ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2018年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
夏だ、ダッキーだ!
4/30 親鼻水位1.33

午前はサクラでプライベート漕ぎ。昨夜の勉強屋BBQに続いて、昔のファンテックメンバーと。10~20年くらい前に一緒に漕いだイントラ仲間やスクール生たち。変わらずカヤックを楽しめるのは嬉しかったです。
b0225495_08483392.jpg
午後はダッキーツアー
ご家族での参加でした。カヤックの経験自体はあるが、ホワイトウォーターは初めてとのこと。ワクワクと不安が入り混じります。
初めての大波にびっくりですが、ダッキーの高い安定性でクリアしていきました。子供も怖いどころか喜んでいたようです。まだ水はちょっと冷たいですが、飛び込みもして楽しみました。川遊びは泳げるとより楽しいですね。

[PR]
by bpkayaks | 2018-04-30 21:47 | ダッキーツアー | Comments(0)
GW前半の中日は大賑わい
4/29 親鼻水位1.34

ベーシック初中級
前日から引き続き新潟のKさんとTさん。本日は皆野中学校から岩畳までダウンリバーしました。お二人は皆野中学校からの区間は初めて。短いですが、やなの瀬、捨て身の瀬とけっこう迫力ある瀬があるのです。スタートの瀞場では、今号のplayboatingJPに掲載したラダーの練習もしました。支点の感覚、これは、フォワードストロークもラダーも一緒。この感覚を大事にしてくださいね。
b0225495_23084913.jpg
今日のアルバム

カヤック体験
午後からは体験クラス。3組10名様と大賑わいでした。
このGW、ご家族で体験をされる方も多いです。前半は天気も良く、夏日予想。中盤に崩れる予報もありますが、また週末は良さそうですね。皆さんになるの楽しい連休になれるよう頑張ります。
b0225495_22543599.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2018-04-29 20:13 | スクール | Comments(0)
自分を知る
4/28 親鼻水位1.35

ベーシック初中級
GWに突入しました。ライン下りもそれなりに多かったです。カヤッカーは少なめかな。遠征に行っている人も多いのでしょう。まあ、天気も良く、新緑が気持ちいい日です。

本日の参加は2組、3名でしたが、偶然にも3人とも新潟から。遠いところありがとうございます。
午前は大岩周辺でストリームイン、アウトの練習。なるべく慣性を感じて、水の流れと合計してどう進むのか?を意識しました。これは結局、自分の実力を知るということ。流れを見て、自分の助走、アングル、踏み切りのタイミング、リーンの具合を決めていきますが、ベースとなる自分の漕力はどのくらいか?がわかっていないと計算できません。力みすぎる必要はないのです、自分のスピードが足りないと思ったなら、アングルやラインを変更すればいいのです。
午後は樋口までダウンリバーしました。途中、やっぱりインアウトの練習をしながら。流れの強いところはどう入るか?強い流れでも、その中でどの場所であればやさしいか、水を見ていきます。ちょっとサーフィンもやりましたね。やっぱり、川下りは楽しかったです。
b0225495_07254125.jpg



[PR]
by bpkayaks | 2018-04-28 21:53 | スクール | Comments(0)
中心固定と楕円
4/24 親鼻水位1.20

フリースタイル講習
タンの瀬の日本選手権が終了しましたが、そろそろJFKA関東大会に向けて、トレーニングが始まっくる時期です。まだまだ水が少ないのが、本番とはギャップがありますが・・・。

昨年も関東大会に出場しているYさん、スピンはもうできますが、今年はさらに何かを上乗せしたい。そこはやはり、縦系。スピンもより安定してプレイできるよになりたい。
スピン(に限ったことではないですが)はどこでやるかが、ポイント。ホールのサイドに流れているダウンストリームを利用して回るきっかけを作りますが、自分がいる位置はバックウォッシュ上です。それもトップが理想。そして、そのトップからなるべく動かないで、定点で回れるのがベスト。そう、ポジションは動かないのがベスト。けど、そうはなかなか上手くいかないですね・・・。トップはちょっと下流にずれただけでアウトしてしまいやすいし、今日のサクラみたいに引きが弱いとなおさら。なので、もっとバックウォッシュを強く感じれるボトム側でプレイした方が残りやすい。けどそれも、ボトムにいすぎるとスターンを食われるので、またトップに上がらないといけない。そうなると、スピンは楕円を描くように回ることになります。
ベストではないが、これでOKです。『楕円を描く』というより、『位置修正を常に行っている』というイメージかな。自分の置かれた状況(どこにいるか)を把握して、何をすれば(どこに移動すれば)よいか考える。
最後にスターンを食わす練習もしました。いい感じで出来ましたね。これも、わざとボトムに落とすという位置修正ができたからこそ。これからもっとバーチカルな動きができるようになるといいですね。
b0225495_09181811.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2018-04-24 20:21 | スクール | Comments(0)
ざっぷん、ざっぷん
4/22 天竜川ツアー

春の雪溶けを狙って開催した天竜川ツアー、狙いとおり、水たっぷりでした。色からして雪溶け特有の白にごり。
天気も快晴で、夏日予報の熱い日差しの中、たっぷたっぷのダウンリバーを楽しめました。
波は大きいものの流れはストレートで、基本、本流上を進んでいれば、危険なところはありません。見た目の大きさほどの難しさはなく、ど真ん中をイケイケで下っていきます。もちろん、あなどってもいけません。こういう水量はエディラインのボイルがきつい。ストリームアウトするさいには、流れをよく見る必要がります。
そして、危険なところといえば、合流ライン。沈しやすいし、ロールも上がりにくい。早めにラインを選んで避けました。
20㎞近いけっこう長い距離なのですが、流速があるのでどんどん進んでいきます。3時間ちょっとでゴール。爽快なダウンリバーを楽しみました。

写真はあまり激しくないのですが、波の大きいところは自分も撮影ができず、波が収まったところからしか撮れないので、人、波とも小さいですね。こういうエディのない川は写真は難しいです。


[PR]
by bpkayaks | 2018-04-22 21:48 | ツアー | Comments(0)
流れを受ける、いなす
4/21 親鼻水位1.23

流れ入門
新緑がきれいな季節のなりました。
今年初漕ぎ、シーズンインのMさん。昨年の夏以来ですが、夏休みに家族で釧路川に行ってきました。家族でカヤックにキャンプ、こういう楽しみ、いいですね。
今年はもう少し本格的に練習して、もっといろんな川に行けるようになるのが目標でしょうか。
本日は久しぶりの講習ということで、フォワードストロークから。いろいろと大切な部分をやりましたが、フォワードストロークはすぐに出来上がるものではないです。キャッチと下半身を動かす感覚を少しずつ磨いていきましょう。
流れの講習では、ストリームインの練習をしながら、「流れを受ける、いなす」という意識しました。
いなすには、ボートのスピード、リーニング、流れに対するアングルで変わります。どうすればいなせて、影響を小さくできるか。流れがあたるタイミングも分かるか重要です。
そして、すべていなせるのがいいとも限りません。わざと受けてその流れの力をプラスに持っていけるとすごい楽になります。これもスピード、リーニング、アングルの計算。それに目標地点からの逆算。余裕あるラインを描けば、流れに押されることをプラスに捉えることができますよ。
b0225495_19032585.jpg


[PR]
by bpkayaks | 2018-04-21 19:05 | スクール | Comments(0)
春の雪溶けツアー
破間川ツアー
b0225495_21483452.jpg
破間川(あぶるまがわ)は新潟県、魚野川の支流で、4月下旬から5月中旬くらいまでの雪解けの時期のみに下れるホワイトウォーターです。
昨年はなかなかのビックウォーターでしたが、今年は雪溶けが早く、多過ぎず、少なすぎずという感じでしょうか。レベルは中級、長良川程度。水温はかなり低いのでフルドライが必要です。

期日:5/6(日)
集合:道の駅 入広瀬 9:30
   (関越自動車道・小出ICから約30分)
料金:¥8,000 (レンタル艇¥9,500)
  昼食は各自、軽食をご用意下さい。

[PR]
by bpkayaks | 2018-04-20 21:49 | ツアー | Comments(0)
水に食われるとは
4/14 親鼻水位1.14

ベーシック初級
また水が減ってきました。日曜は雨予報なので、いくらか増えるといいな。
さて、講習は今年初漕ぎのTさん。フォワードストロークやドローストロークといった基礎の部分からやりましたが、カヤックを動かす意識がのちのち重要になってきます。
講習前、「ダウンリバーをしていて、岩などを避けようとして、向きを変えると水に食われてしまう」という相談を受けました。
なるほど。ふつう、向きを変える=ターンしようとすると内傾です。それを流れの中でやると、上流側が下がります。確かに食われてしまいそうですね。
では本流上で内傾したら(上流を下げたら)いけないのか?そんなこともありません。ある程度の経験のある人ならふつうに行っていると思います。
これには、スピードが関係しています。
『岩を避けようとして・・・』というところに隠されたポイントがあります。岩を避けようと速度が落ちたことで、水に追い付かれているのです。食われて沈するのは、流れがデッキに乗るから。ボートのスピードが流速と同じか早ければ、上流が下がっても水が乗ることはありません。
岩があってもラインを変えるのにスピードを落とさないことです。(それまでが早くて、流速と同じまでに減速するのはOKです)もし、どうしてもブレーキをかけなきゃいけない状況=流速より落ちるなら、また、もう岩にぶつかってしまう状況なら、フェリーのイメージで上流側を上げましょう。
水が食うとはどんな状況なのか、イメージがあれば、その回避もできるかと思います。
b0225495_22292954.jpg


[PR]
by bpkayaks | 2018-04-15 08:59 | スクール | Comments(0)
体の芯で受ける
4/9 親鼻水位1.21

ベーシック中級
桜はすっかり散ってしまいました。今年はどこも早かったですね。しかし、長瀞はもう新緑がききれいになっていました。なんかすがすがしいです。

さて、講習は寄居のスラ講習で学んだことを復習しつつ、ラダーに焦点をあて練習しました。あっ、ちなみにカメラを忘れたので、今回は写真も動画もありません、すいません。
バウラダーは、水を切りながらも水圧も受けている。この微妙なさじ加減が難しいのですが、水圧を受けても、その姿勢を保っているにはラダーの構えが正しいかどうかキモになります。腕だけでパドルを支えていると、水圧に負けてブレードが持っていかれます。また、肩に負担がかかり、ケガの恐れもあります。両手でしっかり持っていれば、水圧は体の中心で受けられます。コツとして肘を内に入れる意識を持っているといいです。軸がぶれないと、ほんと楽ですね。
b0225495_21130410.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2018-04-09 20:45 | スクール | Comments(0)
春のカヤック体験
4/4 親鼻水位1.25

カヤック体験
本日は桜がかなり舞って、桜吹雪が綺麗でした。道路の吹き溜まりには花びらが積もっていましたよ。まだ花も枝に沢山残っているのですが、これだと週末にはもうだいぶ落ちているかな。

『長瀞で花見して、他に何して遊ぼう?カヤックも面白そう!』
そう、体験コースはそんな軽い気持ちでいいです。まず、水面に初めて浮かんで驚き、ちょっとゆらゆらするカヤックに不安を覚えながらも、水面をすべる感覚に、すぐに「これ、面白い!」となる。
慣れてきたら、水面を自由に散歩して、のんびりと過ごし、時に流れに立ち向かってみる。そんなのがこのカヤック体験です。本日はまだ4月頭だというのに夏日で、もうTシャツのみで漕いでも大丈夫でした。気持ちのいい1日でしたね。
b0225495_09025664.jpg
今日のアルバム

[PR]
by bpkayaks | 2018-04-04 21:57 | カヤック体験 | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧