ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2018年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
水がカヤックにあたると・・・
6/30 親鼻水位1.57

流れ入門
今日で今年も半分終わってしまいました。早いものです。一応、今日までは6月ですが、もう真夏日。熱中症に注意ですね。

参加のHさん、茨城から来て頂きました。那珂川で数回漕いだことがあり、安全に川下りするのに必要な技術を身に付けたいとのこと。
流れに入ると、カヤックは沈しやすいです。静水ではそんなことないのに、なぜか?それは、水がカヤックを上から押してしまうから。といっても、流れの中でもそうそうデッキの上まで水はきません。たいていは上から押されることはないのですが、ターンのときは要注意。遠心力でボートが傾いてしまうと、簡単にデッキ側に水が当たります。そうならないように、流れの方のデッキを高くする、下流側(水が来ない方)に傾けるのです。
沈する一番多いケースはエディラインで回されるときですが、リーニングは沈を防ぐためだけではありません。常に、流れは(カヤックの)どこに当たっているのか?に注意していましょう。沈はしなくとも、ちょっとした流れでも押されれば不本意に回ってしまいます。リーニングでいなしてあげるのも、狙いとおりに進むコツ。まあ、最初は細かい流れは読めないですけどね。まずは、よ~く観察するようにしましょう。
b0225495_00483271.jpg
今日のアルバム

[PR]
by bpkayaks | 2018-06-30 23:21 | スクール | Comments(0)
流れで必要なこと
6/27 親鼻水位1.63

流れ入門
暑い日が続いています。もう梅雨明けじゃないのか?という感じです。

海と湖でカヤックの経験があり、今回、初めて流れに挑戦して頂きました。やっぱり、リバーカヤックは川下りがしたい。急流のスリリングさ、たまりません。けど、そのためには、それなりの腕前が必要。
今回は「流れ初めて」ということで、流れを横切る『フェリーグライド』、流れに入る・出る『ストリームインアウト』を中心に練習しました。
流れの中で大切なのが、ボートを傾けるリーニング。食われて沈したり、流れをいなしたりするのに必要です。Mさん、このリーニングが良かったです。初めての人は怖さがあって、なかなか傾けられないものですけど、こっちがドキッとしてしまうくらい大きく傾けていました。
リーニングは体のひねりを同時に行うと効果的です。ターンしたい方向を振り向く。すると重心もそちらに移動しやすく、必然的にリーンが行われる。『先行動作』と呼んでいますが、これがMさん上手でした。
最後は小滝バイパスを下って、岩畳の景観を堪能。これから、もっといろんな流れを下れるようになりたいですね。




[PR]
by bpkayaks | 2018-06-27 21:59 | スクール | Comments(0)
悔しい思い
6/24 親鼻水位1.70

ベーシック初級
昨日の雨でけっこう水が増えました。ダウンリバーするには楽しいですが、スポット練には少し多いかな。
さて、講習は今年2回目のMさんと、ブループラネット初めてのUさん。フォワードストロークを少し突っ込んで内容で講習しました。
ストロークで大事なのは、まずは構え。よく言っていますが、
『胸の前にパドルの中心がある』こと。
これは絶対の黄金ルールです。パドルが常に体の前にあるということは、漕ぐときには体の捻りを使っているということ。
で、この捻りですが、
『上半身をねじるのではなくて、腰を動かす。』
ものすご~く重要な部分なのですが、説明されてもすぐに感覚として身に付けるのは時間が掛かるでしょう。それだけ難しい部分ですが、後に「これかっ!」とひらめく時がきます。
『パドルを動かすのではなくて、カヤック(腰)を動かす』
これを常に意識しておいて下さい。

Uさん、初めてカヤックをやった時に全然上手くいかなくて、悔しくてカヤックにはまったそうです。こういうのいいですね、大好きです。なかなか上手くいかないけど、だからこそ、すごく楽しさがある。もっともっと悔しがって、愉しみを見付けて下さい。
b0225495_21331518.jpg
今日のアルバム


[PR]
by bpkayaks | 2018-06-24 21:18 | ツアー | Comments(0)
梅雨はハイウォーター
6/23 親鼻水位1.60

ダッキーツアー
昨日の夏日から一転、梅雨らしい天気となりました。そりゃ、晴れた方が気持ちいいのですが、どうせ濡れるので、あまり気になりません。実際、川にいるときは、雨が降っていることも忘れるくらいでした。参加のAさんなんと、梅雨なら水量も多いだろうと、この時期をわざと狙って申し込みしたとのこと。そして、狙い通りに水量たっぷりの長瀞を満喫しました。
天気が悪いと寒いのがネックですが、そこはちゃんと寒くないようにウェットを着ます。雨でももう6月、ウェットを着るとちょっと暑いくらい。岩畳の瀞場では思わず、川に飛び込んで泳いで遊びました。今度は本格的なカヤックはどうですか?


[PR]
by bpkayaks | 2018-06-23 22:26 | ダッキーツアー | Comments(0)
梅雨の晴れ間
6/22 親鼻水位1.57

カヤック体験
まだ梅雨が続きますが、今日は刺すような日差しの中、カヤック体験でした。何か水遊びがしてみたいということで、カヤックを選んだとのこと。泳ぎたくなるような天気で良かったですね。
お二人は大学の時の囲碁サークルの仲間ということで、あまりアウトドアの経験は少ないとのこと。重たいカヤックを運んだりと、ちょっと大変な部分もありますが、それだけに自然の中での遊びは新鮮だったかな。川の中を覗くと、小魚たちがいっぱいいます。5月に比べると少し大きくなって、群れがよくわかります。瀞場を漕ぎ上がり、浅瀬では水の中に飛び込みました。漕いで、泳いでと休日を満喫。
それにしても平日の岩畳は静かですね。のんび~りとした時間を過ごしました。


[PR]
by bpkayaks | 2018-06-22 22:22 | カヤック体験 | Comments(0)
THE DAY 的な信濃川
6/17 信濃川ツアー

梅雨の最中、天気に恵まれました。朝、関東はまだくもり空でしたが、関越トンネルを抜けると・・・、そこは雪、ではなくて真っ青な空。梅雨が嘘のよう。自分は4回目の信濃川ですが、こんなに晴れたのは初めて、最高の日に出会いました。水もいつもよりキレイな気もしました。

川ですが、流れが大きく変わっている場所もありました。昨年は真ん中が本流だったのが、中州ができ二股になっていたりと、川が陸地に、岸が流れにと変化していました。川って生きているんだなぁって思います。ここにこんな危険な場所があった、と覚えましたが、それが来年もまた同じとは限りませんね。もちろん記憶することも大事ですが、その場で見て解る目も必要ですね。
最後の堰堤のドロップも健在でした。ここはホント、落差が大きい。この大きさだと通常なら相当の勇気がいりますが、瀬はこの落ち込みのみ、下流もプールとなっているのでトライはしやすい。Tさん、見事、一昨年のリベンジを果たしました!
信濃川はダイナミックな瀬に瀞場が交互に現れる、見た目は激しいけど、レベル的にはトライしやすい川。瀬はクリアしているのに、エディ沈が何度かありましたね。流れが終わったら、漕ぎを緩めてしまっています。完全なエディの安全地帯まで漕ぎ抜けるクセを付けましょう!
b0225495_21354698.jpg
b0225495_21354216.jpg
b0225495_21353407.jpg
ツアーの帰りは『小島屋』この総本店がまた美味しい。ここの蕎麦を食べるために信濃川に行きたくなっちゃいます。

[PR]
by bpkayaks | 2018-06-17 23:38 | ツアー | Comments(0)
梅雨で水量安定しています
6/16 親鼻水位1.61

ダッキーツアー
梅雨らしい天気が続いていますね。水量も少し多め。明日はフリースタイルの関東大会ですが、フラットクラスにはきつい水量かな。
さて、本日も大会はスクォートクラスがあったのですが、自分はダッキーツアー。同じ場所だったので、横目で見ていましたが、盛り上がっていましたね。当スクールサポートの平澤氏が、高得点で優勝。いいライドでした。
ツアーの方も水量多めで迫力あるダウンリバーが楽しめました。参加のお二人は、カヤックが初めてだけど、自分たちでも大丈夫か?と心配していましたが、はい、問題ありませんでした。最後、くつなしの瀬ではお約束がありましたけどね。
初カヤック、十分に楽しんだようでした。またカヤックにチャレンジして下さい。
b0225495_21323327.jpg
b0225495_21322866.jpg

[PR]
by bpkayaks | 2018-06-16 20:56 | ダッキーツアー | Comments(0)
オー、マイ、ガッ!
6/9 親鼻水位1.45

ダッキーツアー
台風が近づいていますが、嵐の前の静けさ?かな~り、暑い日中となりました。
本日はダッキーツアーでしたが、2組3名の参加。女性お二人はアメリカとフィリピンの方です。日本語も上手で、コミュニケーションは問題ないかったですが、二人で話すときは英語で話していましたね。3人ともカヤックの経験はあり、ということでいつもより長いロングコースを下りました。
最初に鉄橋下で練習しようとしたけど、フェリーで落とされて、いきなりセイゴの瀬をどんぶらどんぶら。落水はありましたが、大岩に漂着して、ここで練習。慣れたところで、ダウンリバーへと再スタート!
小滝ではスカウティングして下りますが、小滝の瀬を目にした外人お二人は「オー、マイ、ガッ!」と叫んでいました。あっ、やっぱり、こういうシチュエーションで使うのですね。しかし、瀬は3人とも見事クリアー!「楽しい!」を連発していました。この後もいくつもの瀬でも大満足頂けたようです。

[PR]
by bpkayaks | 2018-06-09 20:38 | ダッキーツアー | Comments(0)
皆中はサーフィン三昧
6/6 親鼻水位1.53

ベーシック中級
梅雨入りしました。1日中しとしとした雨でした。たいした雨量じゃないと思ったけど、水位は上がっています。関東大会、どうなるかな。

本日の講習は久しぶりに皆野中からダウンリバー。この水量だと小さいながらもサーフィンできるウェーブがいっぱいで楽しかったです。特にヤナ横のウェーブはバックウォッシュもそれなりにあって、カートも可能。Kさん、今までで一番長く乗れていましたね。
サーフィンをしていて、アウトしてしまいやすい原因が、バウが食われてしまうこと。対策としては、①リーンして水を落とす、横に走る。②バウを上げてブラスティングでかわす。ブラスティングができるようになれば、ボトムに走ってしまってもいなせるのでいいですよ。
午後はセイゴや小滝で練習。ベストなタイミングで漕ぐには、その前に準備期間である『間』も必要。がむしゃらに漕ぐのではなく、待つことも大切です。
b0225495_23070966.jpg


[PR]
by bpkayaks | 2018-06-06 22:04 | スクール | Comments(0)
黄金ルール
6/4 親鼻水位1.38

ベーシック初級
講習2回目のSさん。ラフトガイドをしているので、水のキャッチとかは分かっているので上達も早いです。
前回はインアウトのターンでローブレスを使いましたが、今回はハイブレスの練習をしました。慣れてきたら、断然、ハイブレスの方が使いやすいです。ハイブレスはキャッチにいくので、水を掴んでいることは、大きなアドバンテージになります。Sさん、最初はリーニングが甘かったですが、キャッチが強くなってから、リーンも大きくなりましたね。
午後はドローストロークやスカーリングもしましたが、構えが大事です。それは、ハイブレスのときも、フォワードストロークもスイープストロークも同じ。講習の最初にやりましたが、『胸の前にパドルを構える』これは、ホント重要です。腕が体の横にあると、掛かる力に対して耐えられません。胸の前に構えていると、圧力を体幹で受けることができます。この黄金ルール、いつでも守らなきゃいけないので、癖付けしていて下さい。

[PR]
by bpkayaks | 2018-06-04 22:47 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧