人気ブログランキング |

ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2019年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
冬季スクールの案内
新年、あけましておめでとうございます
冬季スクールの案内_b0225495_22560841.jpg
2019年はありがとうございました。
みなさんがカヤックを楽しむ助けになれたなら、ありがたく思います。
2020年も安全に、楽しく、エキサイティングに進めていければと願っています。

さて、冬季の講習ですが、通常より時間帯を変更して開催いたします。
1月~3月中旬まで、長瀞のレギュラースクールに加え、寄居会場にてスラローム講習も行います。メインは寄居ですが、冬でも長瀞はサーフィンやスピンのスポットなどあります。フリースタイル的な内容をやりたい場合は長瀞講習をリクエストください。
どちらも集合時間は10時、午後1:30くらいまでの講習になります。料金も同じです。
<1~3月の講習スケジュール>
集 合 10:00
解 散 14:00 昼食はありません。
料 金 ¥6,000(自艇参加)、¥7,000(レンタル艇)

すでに冬も漕いでいる方にとってはもう当たり前でしょうが、カヤックはオールシーズン漕げます。もちろん、水は冷たいですし、全く寒くないわけではありませんが、ドライウェアを着ていれば平気。特にスラローム講習会場の寄居は、河原が開けているので日が当たり、天気のいい日なら汗をかくくらいです。
このスラローム講習ですが、スラローム競技を目指した講習ではありません。3月中旬にある寄居カップという草大会を1つの目標にしていますが、一番の目的はカヤックの上達。やっていることは、基本のトレーニングで、より成果を上げやすいようにスラローム競技のポールを用います。
そして、これがまた面白い。基本のトレーニングとなると、ちょっとメニュー的につまらなくなってしまいがちなのですが、ポールがあるだけで楽しくなっちゃうのです。レベルは初級からで全く問題なし。流れは緩いところなので、沈するこはめったにないので心配しなくて大丈夫。ドライウェアも持ってない場合は無料レンタルしています。(サイズは確認必要)
カヤックが上手くなりたい!という方は冬こそが上達のチャンスですよ。

<スラローム講習のおおまかな講習内容予定>
1月:基本の漕ぎを見直し。体の使い方やカヤックを動かす意識を徹底してやります。最も重要な項目ともいえるでしょう。間違いなくレベルアップする内容ですよ。
2月:ポールを使って基本の漕ぎが出来ているか確認します。流れを使う、ボートの慣性を活かす。といった内容がメインになります。ここで学んだことをダウンリバーに生かしましょう!
3月:寄居カップに向けて効率的なゲートの通過を目指した練習を行います。スラロームの難しさと面白さが分かりますよ。
   

by bpkayaks | 2019-12-30 23:38 | スクール | Comments(0)
サーフィンも姿勢が大事
12/15 親鼻水位1.21

ベーシック初中級
だいぶ水位が下がってきて、冬の渇水という感じになってきました。それでもいつもと違うのは水の色。例年ならこの時期は3~4mは水深が見えるのですが、今も白濁りで50cmくらい?でしょうか。今年の台風19号の影響はまだ続いています。

参加のSさん、今日が漕ぎ納めになるかな。講習の前半は漕ぎの見直し。漕ぎの本質である”パドルを固定して、カヤックを動かす”を確認しました。体幹をブレードに伝えるには姿勢が大事です。Sさん、つい前傾がちになりますが、背筋は真っ直ぐが基本です。
後半はサーフィンを中心にスポットで練習。この水量では鉄橋下にサーフィンウェーブとスピンできるホールがありました。Sさん、確率良くウェーブに乗れていました。あとは長く乗り続けられるか?ですが、ウェーブの乗っている位置によって荷重を変えていきます。単純ですが、落ちそうであれば、前加重。前に行き過ぎれば後ろ加重ですが、ボトムに落ちたら後加重ではなく、リーンで対処する方法もあります。
そして、落ちそうになった時の前加重ですが、単に前傾すればいいわけではありません。上体が前に倒れても軸の付け根は変わっていません。(それに軸自体が倒れることも良くありません。)軸、そのものを前に移動させるには、骨盤がカギを握ります。骨盤を立てることで、軸はそのままに一瞬で前移動できます。それには、まず姿勢が真っ直ぐ伸びていなければです。体重移動でサーフィンが乗れるようになると、長乗りも楽ちんですよ。


by bpkayaks | 2019-12-15 21:54 | スクール | Comments(0)
関東の素晴らしい川
12/14 桂川ツアー

どこも渇水になってきて、なかなか関東で楽しいなぁという場所が少なくなっています。ということで、山梨の桂川へ。桂川もやっぱり水は少ないですが、水量があれば手強いことで有名、少なくてもプチクリーク的な要素を持つ下りがいのある川です。因みに水位は大月2.2ほどで、これは今までの感覚であれば増水なのですが、台風19号以来、おかしくなっています。

コースは猿橋~清流センターまで。10kmちょっとあります。前半は河原も開けて浅め。後半は渓谷に入り、ドロップが続きます。天気も快晴で実にカヤック日和。そして水もすっきり透明。いくつも現れるドロップはそれなりにドキドキで楽しかったです。しかし・・・、カメラを忘れるという大失態で写真がありません。一応、スタートでスマホで撮った写真がちょっとだけ。核心部とかいい絵だったのですけどね。いや、申し訳ない・・・・・・。写真は残ってないけど、皆さんの脳裏には素晴らしい景色が残っていることでしょう。
水が少なくてもこんなに楽しませてくれる桂川。関東にもこんないい川があるのですが、なぜかあまり下る人は多くないです。近い川なので、また行きましょう!






by bpkayaks | 2019-12-14 22:04 | ツアー | Comments(0)
下に押すとは?
12/7 親鼻水位1.26

ベーシック中級
本日は実に久しぶりな方達の講習でした。すでにベテランなので、普段の練習での課題を聞きながら講習しました。
写真や動画は少ないですが、たくさんの項目を講習しました。一つのことをじっくりやった方が伝わりやすいかとも思うけど、たくさん伝えたくて、つい色々とやって、けっこう遅くまで漕いじゃいました。
いくつかあった内容の中で、「”下に押す”という感覚が分からない」と質問があったのですが、講習の中では、バイクやスキーを例えて、傾ける話しに少しずれてしまったので、別な例えで。
テントとか張るときのペグの場合。ペグは垂直に立てて、真上から真っ直ぐに叩きますね。ペグが斜めだったり、曲がっていたりしたら、真上から叩いても押し込むことができません。カヤックもこれと同じ、軸が傾いたり、曲がっていたら、下に押すことができないのです。
ペグは地面に対し斜めに刺すこともありますよね。その時はやはり、ペグに対し真っ直ぐに叩きますね。つまり押し込む方向は斜め。カヤックでも、もし外に押すことがあれば軸も同様に傾く。けど、この状況はほとんどないと思うので、基本、カヤックでの荷重は真下。だから軸は真っ直ぐ、空に向かって伸びていないといけないのです。
言いたいことは、下に押すには、まず、体軸を真っ直ぐにすること。そうしないと”下に押す”という感覚(カヤックに乗るという感覚)も生まれません。それぐらい姿勢は大事なんです。


by bpkayaks | 2019-12-07 23:01 | スクール | Comments(0)
ひじに気を付けよう
12/5 親鼻水位1.37

ベーシック中級
久しぶりな長瀞の講習。水位は少なくなってきましたが、まだ水の色は台風19号の影響でうすく緑に濁っています。こんな長く続いたことは初めてです。
12月になり、すっかり冬らしくなってきましたが、今日みたい天気のいい日は川に出るのも気持ちいい。昼間は陽気を感じるくらいです。

さて、講習ではサーフィンやインアウト等をやりましたが、漕ぎのチェックも。Kさん、気があせると手漕ぎになっているので、「杭打ち方式」の漕ぎを見直しました。
これまでも何度も書いていますが、『パドルは固定して、カヤックを動かす。』これが漕ぎの本質ですが、出来ているかどうか、チェック項目のひとつとして、”ひじ”を意識してみるといいです。簡単に言うと脇をしめているか。”ひじ”が曲がっている、脇が開いている、状態だと、ブレードに掛かっている圧は肘で逃げています。体幹を使って漕ぎたいのだけれど、それがブレードまで伝わらない。なので結局、腕を使って漕ぐことになります。
私は「ひじをロックさせる」という表現を使っていますが、Kさん、「添え木をあてている状態ですか?」と答えてくれました。そう、その感覚です。腕はパドルと体幹をつなげるシャフトの役割をする単なる棒です。その棒が曲がってしまっては、シャフトの役目を果たしません。
意識て漕げばできるのだけど、つい夢中になると手漕ぎに戻ってしまうので、くせになるように体に浸み込ませていきましょう。

あと、二股出口に、サーフィンにいいウェーブが出来ていました。今度はここでもっと長い時間練習してみたいですね。

by bpkayaks | 2019-12-05 18:40 | スクール | Comments(0)
冬こそ渓流!桂川ツアー
桂川ツアー
冬こそ渓流!桂川ツアー_b0225495_16055709.jpg
12月になり、冬らしくなってきましたが、カヤックシーズンに終わりはありません。
寒くなってもやっぱり川に出たい!川に行くとやっぱり楽しい!ということで、桂川ツアーを開催します。
桂川(山梨県)は水量の多い時期ならそれなりのレベルの高い川ですが、今は少な目で、プチクリークといった感じです。それでもレベルは御岳・長瀞よりも1ランク上になります。後半は深い渓谷になり、落差も大きく、美しい景観をみせてくれます。

開催日:12月14日(土)
料 金:¥8,000(レンタル¥9,000)
    *昼食は含まれません。軽食をご準備ください。
    


by bpkayaks | 2019-12-02 16:01 | ツアー | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
記事ランキング
最新のコメント
初ロール講習で、このよう..
by チーム勉強屋 at 08:20
> ノンデルさん 久し..
by bpkayaks at 23:21
最高の夏休み企画、ありが..
by ノンデル at 21:14
kimidoriって懐か..
by bpkayaks at 22:52
午前中だけでしたがたっぷ..
by kimidorikayak at 21:40
はたの様、先日はありがと..
by bpkayaks at 21:49
川ってこんなに楽しいんだ..
by はたの at 07:54
神田様、先日はご参加あり..
by bpkayaks at 07:22
日曜日にカヤック体験をさ..
by erina at 23:19
返信が遅くなってすいませ..
by bpkayaks at 11:33
最新のトラックバック
画像一覧