ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
久々の長瀞、大混雑
6/19 親鼻水位1.65

今日の長瀞はカヤッカーがいっぱいでした。
さくらウェーブとスピンホールはエディ待ちも多かったですよ。
たぶん、7/10にある関東大会のためと思われます。
長瀞で大会が開催されるのも久しぶりなので、楽しみですねー。
そしてダウンリバーの人もいっぱい。
関東にカヤッカーが、こんなにたくさんいたんだ!と思いました。

さて講習は流れ入門クラス(Bクラス)。
まずは姿勢と基本ストローク。
パドルに力を伝えるには姿勢と体の使い方が大事です。
後半は、ストリームインの練習をメインに。
どの流れの水を掴むのか?を意識して練習しました。
掴む水によって、その次にカヤックが進む方向が変わるのです。
Iさん、まだ流れに対しちょっと怖さがあり、パドリングが小さくなりがちですが、
そこは思い切ってスピードをだすことで、エディラインの抜けが早くなり、
不安定な場所も早く回避できるようになります。
流れでも強いパドリングができるともっと上手くこなせますよ!

b0225495_22494749.jpg

リーニングの練習。けっこう体軸のキープができています。

b0225495_22503571.jpg

リーニングを理解したら、流れをフェリーグライド。
流れにも強弱があるから、それに合わせて調整が必要ですね。
# by bpkayaks | 2011-06-20 22:55 | Comments(0)
体のひねりで漕ぐ
6/18 親鼻水位1.66、玉淀ダム流入量33t。

週中はずっと40t超えてたのですが、やっと少なくなりましたね。
それでも、まだまだパワーあります!
さくらウェーブにはいい感じですよ。

今日の参加はA上さん夫妻。奥さまの方は当スクール初参加です。
カヤック歴は夫婦とも2年程ですが、最近、ロールが怪しいということで、
その辺も見て欲しいというリクエストでした。

初参加ということで、レベルを知るためにも、まずは基本のストロークをチェック。
けっこう腕漕ぎだったので、体のひねりの大切さを説明。
力強いストロークには体幹が大切です。

あと漕ぎ上がりや、ウェーブを使ってのフェリーをしました。
漕ぎ上がりやフェリーで、ただ、がむしゃらに漕げばいいというものではなく、
流れを読んで、やさしいラインを見つけたり、流れを利用したりします。
そういう流れを読む力も重要。

ロールは基本的なフォームは出来ていたので、
陥りやすいミスをチェック。
ロールはあまり考えすぎたり、力んだりしてもなかなか上手くいかない事は多いですね。シンプルに捉える方が理解しやすいですね。

b0225495_082534.jpg

不安だったロールも最後にはいいイメージが掴めたかな。
# by bpkayaks | 2011-06-19 00:03 | スクール | Comments(0)
バウラダーを特訓
6/15 親鼻水位1.79、玉淀ダム流入量44t。

なかなか水位は減りません。小滝ウェーブもずっと出ているのですが、
平日とあって遊びにきている人がいませんねー。

さて今日の講習はバウラダーをメインに練習。
ストリームイン、アウトで、水を掴むというのはとても大事ですが、
逆に、わざと逃がすという方法もあります。
ラダーで水を切ることによって、ボートをスライドさせることができ、
細かい調整が可能になるのです。
ところが、この「水を切る」という感覚は「掴む」よりも難しい。
まずは「水を切る」感覚の練習。
水を切ることで、パドル(=上半身)を安定させることができれば、
今度は、ボート(=下半身)をコントロールすることができるようになります。
この時のこつは、腹筋・上体のねじりです。
今日はこの練習にほぼ1日を費やしました。
しかし、そのかいあって、最後の方にはだいぶ感覚を掴めるようになりました。

写真は・・・、僕も、講習に夢中で撮るのを忘れてしまいました・・・。
Fさん、バウラダーは細かい技術ですが、とっても便利なテクニックです。
これが使えれば各段に応用が効きますよ。
あと、エディとか弱い流れでも油断せずに流れを読みましょうね。
流れを読んで、省エネパドリングでいきましょう!
# by bpkayaks | 2011-06-15 21:16 | スクール | Comments(0)
ラフトとカヤック体験
6/10 玉淀流入量38t

本日は、ラフティングのサポートのお手伝いと、
午後はそのままラフティングの続きでカヤック体験。
ラフトには久しぶりに乗りました。
今日は水量が多いので、小滝もスタンディングウェーブがばっちりです。
カヤックよりも座高が高いので、より上下動を感じ、迫力がありました。
ラフトもたまに乗ると楽しいですね。
そして、午後はカヤック体験。
ラフトでは、激流を体験してもらいましたが、
カヤックではコントロールの難しさに苦労にします。
しかし、「自分で動かす」というのが、カヤックの楽しさなのです。
ラフトの激しさの後にカヤックでは、物足りないかな?
とか思ったのですが、皆さん、けっこう喜んでいましたね。
本日の参加の方々は夢の国からいらした方でした。
(ミッキーのお土産ありがとうございます)
8月には、もっといっぱいで来られるそうです。

b0225495_11245286.jpg

午後は岩畳みでカヤック体験。
岩畳みは景観も良く、気持ちいいですね。
# by bpkayaks | 2011-06-13 11:28 | スクール | Comments(0)
シットオンからリバーカヤックへ
6/9 親鼻水位1.71。

ここんとこ、水位はあまり変動がないですねー。
ずっと水たっぷりです。
今日の生徒さんは、実はフィッシングカヤックの方でお付き合いのある方です。
カヤック歴は長いが、ずっとシットオンで、川は初めてというAさん。
リバー艇を知人から譲ってもらったということで、
この機にリバーカヤックデビュー!というわけです。

カヤックの経験自体はあるわけで、基礎は十分に知っているので、
まずは基本のおさらい。
フォワードやスィープでも、より効率良く漕ぐポイントを確認しました。
その次は、川と海の違いというか、
リバーカヤックとシットオンの違いで、今まで経験のなかった
リーニング、そしてストリームイン、エディキャッチを練習。
初めてのチャレンジで苦戦していましたが、
基礎は出来ているので、全くの沈なし、なんとか無難にこなせました。
ストリームインもエディキャッチも、どの水を掴むのか?
水を選んで掴むというのを意識して練習しました。
最後は、小滝にチャレンジ!
といっても、水量が多いのでバイパスですが。
それでも、初めての瀬の挑戦に変わりはありません。
バイパスでも、落ち込みの部分は、十分にバックウォッシュができています。
ここはアドバイス通りにしっかり漕ぎ抜けて見事クリア!
流れの速いところほど、手を休めずに、しっかりと漕ぐのがポイントですね。
「最高に楽しい!」とAさん。
瀬が楽しいと感じるとは、立派なホワイトウォーターカヤッカーの素質ありですね。

そして岩畳では、長瀞の雄大な景色を堪能して貰いました。
いつもの海とは違う景色に感動していました。

b0225495_231047100.jpg

初の流れチャレンジで、臆するどころか、楽しい!と積極的にトライ!
# by bpkayaks | 2011-06-09 23:20 | スクール | Comments(0)
上流から流れてきた・・・
6/5 親鼻水位1.70、玉淀ダム流入量40t。

スクールAクラス
今日の参加は、カヤック2回目のMさん。なんと年齢は還暦を過ぎています。
しかし、カヤックをやるのに全く問題ありません。
カヤックは子供からでも、いくつでも楽しめるのがいいところです。
前回は真っすぐ進まずにいろいろと苦労していた点も、
今日はかなり、自分の思う所にボートを進めるようになりました。
岩畳みも水量が多くて、やや流れがあるのですが、
上の方まで漕ぎ上がりもできました。
今回はフォワードやスィープといった基本のストロークの他に、
ドローストロークとスカーリング、スターンラダーもやりました。
最初はスカーリングの手本に、どうして、横に動くの?と、?マークでしたが、
自分でもやってみて、上手くいきましたね。
ドローやスカーリングは「水を掴む、逃がす」という感覚が磨かれます。
実はMさん、来月にはカナダのユーコン川に行きます。
楽しみな旅ですね。

b0225495_9114926.jpg
スカーリングの練習。すーっと、カヤックが横に進む。不思議な感覚です。
しかし、これができると細かい操作ができるようになるのです。

今日は講習中になんと、上流から「カメ」が流れてきました。
b0225495_9134665.jpg

捕まえて、岩の上に置いて撮影。まだまだ赤ちゃんのようです。
甲羅干しをしているところは、たまに見かけることはありますが、
本流を漂っていたのを見たのは初めてです。

あと、もう1匹。捕まえました。
タガメか?と思ったけど、巨大なヤゴかな?
写真ではわかりづらいですが、けっこう横幅もあったのです。
b0225495_9173734.jpg
ま近で見ると、けっこう怖い顔でした。
# by bpkayaks | 2011-06-06 09:21 | スクール | Comments(0)
季節の花
6/4 親鼻水位1.75、玉淀ダム流入量40t

カヤック体験1日コース。
梅雨入りし、寒い6月となっていましたが、今日はもう夏。
Tシャツで十分に漕げました。
明日はまた、午後からは崩れるそうなので、6月は春と夏をいききする季節ですね。

今日はちょっと長瀞の自然を紹介。
長瀞の河原ですが、春ランが咲いています。
見つけた人はいるかな?ある場所にはけっこうな数ですよ。
今の季節、長瀞界隈では、庭先とかでもけっこう見かけますね。
長瀞は季節、季節で、りろんな姿を魅せてくれます。
b0225495_21453168.jpg
春ランは写真のようにムラサキのと白の花が咲いてますよ。

b0225495_21461869.jpg
こちらはモミジですが、なにやら赤く色づいています。
もう紅葉か?なんでしょう?

b0225495_21471072.jpg
種を付けているんですね。
これが風で飛んでいき、実生となって増えていくのでしょう。
# by bpkayaks | 2011-06-04 21:49 | 長瀞紹介 | Comments(0)
下半身でコントロール
6/1 @親鼻水位2.30、玉淀ダム流入量100t。

週末の増水から減ってきてはいますが、まだ100tありました。
うす茶色の水が川幅全体を流れていました。
このくらい多いと、面白そうなウェーヴとかもあるのですが、逆に大味になりずぎて、あまり練習に適した場所が少ないのが難点。まず、エディが少ないですね。

そんなで、今日は増水しているけど、緩い流れを選んで基本をチェック。
午前はバウラダーの確認とストリームインの踏み切りを練習。
フォワードや、ターン、フェリーでもボートの向きをどう維持するか?
これには、下半身が重要です。
例えば、ただ水面に浮かんでいるだけでは、ボート(下半身)はコントロールできません。
水のキャッチ(上半身の固定)、はじめて下半身を動かすことができます。
ここを意識して、バウドローやスライスを練習。

後半はフォワードストロークもやりました。
ポイントは体幹。
体幹をつかった、上体のひねりを使います。
しかし、それはわかっていても、実際にはなかなか難しかしい部分もあります。
より、理解できるように練習メニューを工夫してやりました。
Fさん、最後の方にはだいぶいいフォームになりましたね。
どんな時でも、この漕ぎで出来るようにいきましょう!
# by bpkayaks | 2011-06-01 22:30 | Comments(0)
梅雨入り
親鼻水位1.75、玉淀ダム流入量40t

今日のスクールは流れ入門。増水気味で、亀岩の流れも強いというほどではないですが、幅広くなっています。
ただ、やはり流れ入門の生徒にとっては、大きな流れは怖さがあります。
スタートは瀞場で、基本の漕ぎやドロースロトーク、バウドローをやりました。
ドローストロークはキャッチの重さを感じるのにいい練習になります。
そして、バウドローでは、
1、上半身の先行(ひねり)、
2、水を掴む、
3、下半身のひねり戻し
と「ブレードの場所にボートを近づける」という練習。
どの漕ぎもそうですが、動かすのはパドルでなく、カヤックです。
この意識は大切ですね。

午後は流れを使って、バウドローを実践。
大きな流れにちょっと緊張しましたね。
しかし、漕ぎがしっかりしてくれば、どんな流れもでも安定してきますよ。


b0225495_10111083.jpg

家の庭でも、しゃくなげ(ヤクシマシャクナゲ)とアヤメの花が咲いた。
梅雨ですねー。
水が増えるのは嬉しいけど、漕ぐときには晴れて欲しいですね。
# by bpkayaks | 2011-05-29 10:13 | スクール | Comments(0)
久々増水、ダウンリバー
親鼻水位1.75、玉淀ダム流入量40t。

週始めの雨で増水しました。といっても、たいした増水でもないですが・・・。
久しぶりに水がたっぷりなので、今日の講習はくつなしまでダウンリバーしました。

増水すると当然、流れのパワーは増す。そのパワーに翻弄されないためには・・・
いつもやっている基礎と同じことですね。
つまり、いつも練習の成果を試せるときでもあります。
注意点は、やはりエディライン。いつもよりもエディキャッチも難しくなります。
ここでもやっぱりスピードが大事ですね。
Fさん、流れの中でのキャッチもだいぶ良くなってきましたね。
小滝の瀬は前回の時、泳いでしまったのですが、
今日は増水小滝にもかかわらず、見事、突破しました。

ダウンリバーでは、瀬の前でエディキャッチして、ルート探索。
どういう流れで、どこが難しいのか?
それを避けるには、どのラインを選ぶのか?
まずは、ラインを考える。そして、それをトレースする技術は?
これらをポイントにダウンリバーしながら講習しました。
結果は、いっぱい泳ぎましたけどね。
けど、またこの経験が次のステップにとなるはずです。

b0225495_2252992.jpg
大波の小滝を見事に突破!
ちゃんと水を掴み、スピードをつければけっこう大丈夫なもんです。
# by bpkayaks | 2011-05-25 22:55 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧