人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
エッジで走らせる
6/15 親鼻水位1.90
エッジで走らせる_b0225495_20505515.jpg
ベーシック初中級
今日はシトシト雨降ったり、曇ったりの梅雨らしい天気。○ちゃんはこの方が暑くなくて体調いいそうです。
そして、久しぶりにというか今年初の皆中から漕ぎ出しました。皆中河原は、今年から通年釣りが入るそうなので、釣り人がいる時は利用を控えた方が良さそうです。
水量も1.9あると、大波のバーゲンセール!今、長瀞のダウンリバーはお勧めですよ。

本日の講習ではキレのあるストリームインを目指してみました。スキーでいうと、ずれているのか、キレのあるカービングターンか、という違い。
カヤックも一緒で、エッジが効いていると、”ずれ”が少なくなります。”ずれる”ということは、ストリームインで回されやすいということ。『エッジが効いている』とは、水に食い込んでいる状態で、左右には水の壁があるので、横にはぶれず、縦には水を切り裂いて進むことになる。もちろん、リーニングをしっかりということなのですが、ただ大きく傾ければいいというわけではありません。
まず、”食い込ませる”という言葉のイメージからも、傾けるというよりは、沈ませる。荷重の意識。そして、その荷重位置は後半は後ろ側になります。つまり、スターンエッジを使う。前半は切り込ませるなら前荷重で、バウを持ち上げたいなら後ろ荷重。バウを持ち上げたいケースは、フェース(水の落ちてくる斜面)に乗り上げたいとき。上の画像は岩をフェース面と仮定して乗り上げる練習をしているところです。
キレのあるストリームインが出来ると、慣性でス~とボートが進むので、ちゃんと奥に入れるし、かっこいいね!



# by bpkayaks | 2022-06-15 20:43 | スクール | Comments(0)
ずっとやってみたかったカヤック
6/12 親鼻水位1.91
ずっとやってみたかったカヤック_b0225495_11161779.jpg
流れ入門
梅雨の晴れ間?日中は日差し十分な気持ちのいい日でした。しかし、水量は前夜の雨で少し増水。初めての流れの講習には多過ぎる水量。午前は岩畳で漕いで、午後は亀岩下で講習しました。

参加のSさん、これまで湖や穏やかな川も下ったことがあるということでしたが、ホワイトウォーター用のカヤックに乗るのは初めて。最初は安定性(の低さ)や取り回しの軽さに驚いていましたが、扱いはけっこう上手く操作できていましたよ。小学5年生のK君も、すぐにアドバイス通りに漕げていました。
流れに入るとき、ちょっとリーン(傾け)が足りないだけで、ひっくり返るときは一瞬。ここがレクリエーション艇との違いですかね。

ホワイトウォーターカヤックにも慣れてきたら、午後は上流に移動して、細かいストリームイン・アウトを練習しました。川下りをするには、『流れに入る、流れからエディに出る』という繰り返しが必要です。何も危険な箇所がない川であれば、水面に浮かんでいればそれでOKです。しかし、岩や危険な波がある場合は、当然ながらそれを避けなければならない。そのルートファインディングをするために、このストリームイン・アウトが必要なのです。
流れに入るとき、カヤックに水が当たるとどうなるのか?また、流れから出るときも一緒で、視界に入ってないから分かりにくいけど、カヤックの後ろだけに水が当たることになって、急回転してしまう。そういう対応を学びました。

最後は小滝バイパスにチャレンジ。流れの講習1回目で、この波はけっこう難しいですよ。けど、二人とも見事にクリアー!この爽快感が堪らないと思います。
どんなカヤックがいいかな?ともう悩んでいるお父さん、ぜひ、長年の願いを叶えましょう!



# by bpkayaks | 2022-06-12 22:59 | スクール | Comments(0)
間をつくる
6/11 親鼻水位1.86
間をつくる_b0225495_00183977.jpg
ベーシック初級
梅雨に入って、久しぶりに増水しました。ここ最近、昼間は曇りで夜に雨というパターンが続いています。今日も日中は天気はまあまあ良かったです。
川には・・・人は少ないですね。洗濯の瀬がベスト水量なので、フリースタイルパドラーはみんなそっちに行ってるようです。

さて、講習も久しぶりのHさん。けど、シーカヤックも乗り、毎週のように漕いでいます。前回は水が少なかったですが、今日は別な川のよう。さて、パワーがある流れでも通用するか?
フォワードストロークから入って、フェリー、ストリームイン・アウトと基本を講習しましたが、この中で、フォワードストロークの時に「ゆっくり漕いで!」とアドバイスしましたが、別に遅く漕いでということではないです。ストロークに入る前に『間』を作る、”ストロークの時間を長く取る”という狙いです。ストローク前のポーズは、ブレードに水圧が乗ってくるのを待っている時間です。早く漕ごうとすると、水を掴みきれていないのに漕いでしまう。これではパドルの方が動いてしまいます。まずは、ブレードが重くなるのを待つ。そしたら、次にカヤックを動かすことが出来ますから。

ストリームインのターンで、”バウが回ってくるのを待ってストロークに入る。”というのをやりましたが、これも『間』を作っています。ただ待っているだけでなく、”上体を捻って行き先を見ている”ことがポイントです。待ってはいるけど、タイミングを逃してはいけないので、上体が先行動作しているように。

最後は小滝バイパスを下りました。小滝本流はまだ難しいけど、今日はバイパスもいい落ち込みでしたね。近いうちに、小滝、くつなしまで下りましょう。




# by bpkayaks | 2022-06-11 22:47 | スクール | Comments(0)
バウラダー続き
6/4 親鼻水位1.37
バウラダー続き_b0225495_23115752.jpg
ベーシック初中級
今日は午後もステップアップ講習。
前回に上手く出来なかったバウラダーを午前にも自主練していたSさん。引き続き、講習もバウラダーを使ったストリームインを練習しました。
最初はスライスで水圧を受け続けるというのが難しい。なので、まずは『水圧を感じて支点にする』という段階を習得するために、ブレードが流れを受ける。というところからスタート。そこは、キャッチでOK。水(流れの強いところ)を選んで掴む。パドルはググッと引き寄せつつ、下半身は外に開くようにブロック。Sさん、ここは出来るようになりました。自主練では「支点になる感覚が掴めない」と言っていましたが、はい、この重い感覚ですよ。
次のメニューでは、狙った水の少し手前からブレードを入れてみる。もちろん、そこは掴みたい水ではないので、掴みたいところまで、スライスさせる。ブレードに重みを感じたら、そこからはさっきと一緒。
上手にバウラダーを使おうとするのではなく、強い水を狙いにいくだけ。ラダーは手法で、何が目的かをはっきりさせるといいかな。

今日はロールも初めて実践で成功しましたね。だんだんと自信も付いてくるかと思います。ロールが平気になると、またチャレンジが広がりますからね。




# by bpkayaks | 2022-06-04 22:57 | スクール | Comments(0)
荷重ポイントでサーフィンをコントロール
6/4 親鼻水位1.37
荷重ポイントでサーフィンをコントロール_b0225495_23115604.jpg
サーフィン講習
6月に入って最初の週末。梅雨前の恵まれた天気でした。川にはブループラネットステッカーのカヤッカーが多かったです。嬉しいですね。

久しぶりに講習のWさん。自主練の中で自分で課題を見付けて、こういう点を改善したいとリクエストです。「何を習いたいか?」目的がはっきりしていると、講習内容もより充実すると思います。
サーフィンを長乗りするのに、必要なのは左右の切り返しや前後の調整。それを行うのになるべく漕がないでやりたい。もちろん、必要なときは漕ぐのですが、パドルに頼るのではなくて、荷重、ボートのどこに乗るか?でコントロールする。
例えば、ふつうのサーフボードに乗るサーファーはパドルを使いません。ボードの上の立ち位置で操っていますが、カヤックも一緒です。そして、その補助にラダーを使うとやりやすくなる。ラダーはあくまで補助で、バックストロークにならないように注意。
さて、その切り返しをどこで行うかがポイント。たいていは、トップの巻いているところ。かつ、ウェーブの端。フワッと止まる感覚きたときがタイミングだけど、その前にフェリーしているから、フェリー時はやや後ろ荷重、切り返しでグッと前荷重になるけど、ここをタイムラグを計算して柔らかく。これを遂行するには姿勢が一番重要かもしれませんね。

ボトム落ちて、バウを食われそうになったときは、ブラスティングを使ってみるといい。ブラスティングとは、サーフィンの一種ので、後ろ荷重になってバウを持ち上げた状態のサーフィンです。ボトムに落ちると逃げたくなりますが、ブレーキを掛けるのもひとつの手だけど、そこを逆にさらに前に走ってみる。前に走っても、待てば戻ってきますから。

半日の短い時間では、そこまで改善は出来なかったかもしれないけど、どういう点を意識しながら練習すればいいか分かったと思うので、練習励んでください。
翌日のGopro Water Gamesにも観戦に来てくれましたし、来年は一緒に出場しましょう!




# by bpkayaks | 2022-06-04 21:56 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
記事ランキング
最新のコメント
自分も週末は忙しいので、..
by bpkayaks at 22:20
すごく参考になりますね。..
by チーム勉強屋 at 16:51
Oさんも早く膝を治して漕..
by bpkayaks at 11:21
毎度ありがとうございます..
by チーム勉強屋 at 08:17
歩き回送? 練習、続け..
by bpkayaks at 17:24
講習ありがとうございまし..
by イケダ at 20:31
沖中千沙
by 嵐山渓谷 at 07:32
嵐山渓谷
by 足代弘訓 at 07:31
小倉さん、お世話様でした..
by チーム勉強屋 at 07:27
上達してきていますね。い..
by チーム勉強屋 at 12:08
最新のトラックバック
画像一覧