人気ブログランキング |

ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ:カヤックスクール ( 738 ) タグの人気記事
慣性を感じるインアウト
8/21 親鼻水位1.57

ベーシック初中級
お盆は体験とダッキーツアーばかりでしたが、本日は久しぶりの講習でした。
今日は皆中から亀岩までをダウンリバー。Tさんにとっては初めてのコースとなります。今回もストリームイン・アウトを中心に講習しましたが、ちょっと気になったのが、ターンのイメージ。静水のウォーミングアップでターンするとき、その場でくるっと回っています。別にこれが悪いことではないですが、これをストリームイン・アウトに置き換えると、エディラインでのターンになってしまいますね。
インアウトでは、ターンのときに、ボートが走るイメージがあるといいです。わかりやすくいうと、大きなターン弧を描いている。そしてターン弧を描いているとときは、漕いでいるのではなくて、慣性で回っていること。(ラダーやブレスは入っていてOK)
このボートが走っている感覚が、エディラインやボイルでの沈を防いでくれます。また、エッジで水を切って走るので、自動的にリーニングもともなうことになります。このリーンも『傾ける』ではなく、『エッジを入れる』押し込むような感覚です。
Tさん、ストリームインではだいぶ良くなってきましたが、アウトではまだ止まるイメージが残っている感じですね。もっと走らせましょう。そのためには、視線も重要ですよ。

あと、ロールがパワーロールになってきました。上がる時もあるので、それでつい「良し」になってしまいがちですが、力を抜いた自然と復元するロールを行いたいです。
『力を抜く』ってのは難しいことですが、ボイルで沈しているのも同じ理由です。体が固くなっているから。どこに重心があるか?を意識していけば改善できると思います。次回はそのあたりを重点にやりましょう。

by bpkayaks | 2019-08-21 21:23 | スクール | Comments(0)
基本が大事
8/2 親鼻水位1.61

ベーシック初級
今年の3月から始めたというMさん、ブループラネットには初めて来て頂きましたが、漕ぐのはもう10回ほどだとか。けっこういいペースです。集中して漕ぐとやはり上達も早いです。

最初の講習だったので、まずはパドルの持ち方、基本の構えから。なぜ、その位置で持つのか?どうしてそうい構えなのかを解説。これはお腹で使って、そのパワーをパドルに伝えるため。けっし、漕ぐとは、パドルを動かすことではありません。この基本を理解しているかどうかは、大きな違いです。まだ、感覚的にはすぐに理解できないでしょうが、とっても大事な部分ですから、常に意識していることで、だんだん解ってきます。

あと、フォワードストロークや、ドローストローク、スカーリングで下半身で動かすというのも講習しました。これは大事な漕ぎの基本です。これもやはり難しいですが、ドローとかでは感じることも出来たと思います。
それとリーニングも。リーンは上げるのではなくて、体重をかけて下げる。これも大事なベースとなる部分です。
基本ができていれば、上達も早くなりますよ。まだまだいろんな引き出しがありますので、次のステップを楽しみにしています。

by bpkayaks | 2019-08-02 22:55 | スクール | Comments(0)
ストリームインを極める
7/31 親鼻水位1.63

ベーシック初中級
先週に続いて連続参加のTさん。前回は課題といっていたストリームインを練習しましたが、今回もその続き。
前回は、アングルや助走スピード、リーニングといった一般的なストリームインでの要素について講習しました。そして、ある程度流れに押されないようになりましたが、ちょっと角度とかがずれると、やはり失敗してしまいました。
そこを今回は『微調整を下半身操作で行う。』というのを講習しました。これは、バウラダーやスライスで支点を作り、腰でカヤックのアングルを調整します。この方法だと右にも左にも(上流にも下流にも)バウを振ることができ、状況に合わせて変化もさせられる、微調整がとてもやりやすい。
例えば流れが強い場合は、リスクを避け、アングルは縦に近い角度を作りますが、それだとはじかれることもある。これを下半身操作で引き寄せることができれば、問題ありません。また、このときボートのどこに水を当てるか?というのも重要です。反対に
横アングル過ぎた場合も、それ以上回されないように踏ん張ることもできる。
Tさん、ストリームインで下流を漕いで、押されないようにしていたのが劇的に改善されました。押し返すのではなく、下流(行きたい方向)に向かってボートを動かせていましたね。流れに逆らうのではなく、流れと同調する。これは大きな違いです。失敗がだいぶなくなりました。

単純にストリームインといっても、いろんな状況があります。対応も様々。いろんな引き出しを持っていることで、いつでも上手にイン出来るようになりますよ。

by bpkayaks | 2019-07-31 20:56 | スクール | Comments(0)
青春18きっぷで
7/29 親鼻水位1.75

ベーシック初級
ようやく梅雨明けも発表されたようです。梅雨明けとともに猛暑注意報。これから夏本番です。
さて、本日参加のTさん、カヤック歴は10年ほどですですが、長瀞は初めて。毎年、夏にいろんな川へと出掛けています。お歳は還暦を過ぎており、毎夏の楽しみにしているとのこと。移動手段は『青春18きっぷ』。この長瀞の後は、静岡・気田川に移動するそうです。まさに今が青春ですね。
ダウンリバーが希望だったので、講習しながらくつなしまで。ただ、今日は水量が多めだったので、念願の小滝の瀬は厳しいということでパス。それでも、セイゴの瀬、二股の瀬と大波が続きます。これらのようなストレートな瀬は、波が高くしても、本流をただ真っ直ぐがむしゃらに漕ぐ、で突破することも可能です。しかし、技術や流れを読むことで、もっと楽なラインや危険回避も容易になります。そして、さらにレベルアップした川にチャレンジできるようになります。
技術をあげて、次は小滝の瀬にもトライしましょう!
b0225495_09100154.jpg
b0225495_09094570.jpg

by bpkayaks | 2019-07-29 21:57 | スクール | Comments(0)
エディやボイルで止まらない
7/25 親鼻水位1.65

ベーシック中級
夏らしく暑い1日となりました。水量も多め。ということで、本日は皆野からダウンリバー講習。

この水量だと皆野中~親鼻間はちょっとしたプレイスポットがいくつもあります。午前はサーフィンやスピンにいっぱいトライしました。ヤナの瀬も、水上の悪魔の階段を小さくした感じでスリルある。波に乗り、戯れて、う~んやっぱりフリースタイル楽しい!

午後はストリームインアウトなどを中心に練習。流れを使う、流れをつかむ、などを確認していきました。
水量があると、エディキャッチも難しくなる。とくに荒れているエディはそこにいること自体が危ない。小滝でも大きな波よりも、波を抜けたあとのボイルの方がくせ者です。こういう場所では、とにかく止まらないこと。見た目的には、エディラインやボイルは別に激しいわけではないので、つい、波を超えたら気が緩んでしまいがちですが、そこでボートのスピードを落としてはダメ。超えたらさらに加速させるぐらいの気持ちで漕ぎましょう。
今日はインアウトもやりごたえがありましたね。やっぱり、カヤックは楽しい!

by bpkayaks | 2019-07-25 22:28 | スクール | Comments(0)
不意沈をするのは?
7/24 親鼻水位1.79-1.69

ベーシック初中級
水が澄んできた長瀞ですが、今朝は真っ茶色に。朝方、秩父で豪雨だったようです。夕方には減ってきましたけどね。

最近、ツアーにけっこう参加頂いているTさん、本日は久しぶりに講習です。ストリームインやフェリーで流れに押されてしまうので、そこを上手くなりたいと。
今回、気づいたことでは、まだ水の流れをよく読めていないかなと。例えば、ストリームインであれば、単純に流れに向かって真っ直ぐ進んでいる。まずインする地点を逆算して決めなければいけないし、そして、その地点までのエディもどう漕ぐか考えなければです。まだこのエディの中の流れが読めてませんでしたね。もっともエディだからこそ(流れが緩いので)分かりにくい点もありますが。
流れを読んで、『流れに対抗するのではなくて、なるべく流れに乗って移動する。』こういうイメージが持てるといいですね。
けど、Tさん、ロールはだいぶ確立が上がってきましたね。1回、失敗しても慌てずに2回目、3回目もトライできるようになるとさらに自信もつくでしょう。あと、なんでもないような所で沈することもありますが、これは、カヤックにちゃんと乗れてないから。『乗れてない』という表現ではわかりにくいですが、下に押せてない証拠。『荷重』を意識できるといいですよ。
次回は今日の続きのストリームインでもっとバウコントロールをするやり方を練習しましょう!
b0225495_22292091.jpg
今日のアルバム
by bpkayaks | 2019-07-24 22:28 | スクール | Comments(0)
肘にロックをかける
7/20 親鼻水位1.81

ベーシック初級
今日から夏休みに入りました。けど、梅雨がまだあけないので、ちょっと寂しい長瀞です。

講習は久しぶりのMさん。昨年はケガ等いろいろあってカヤックが漕げなかったそうです。今年はなるべく多く漕げるといいですね。
久しぶりということで、フォワードストロークが強くなりたいと、基礎を見直す内容で講習しました。フォワードに限らず、しっかりとした漕ぎを身につけるには、まずは姿勢や構えが大事です。今日は特に『肘』に注意してみました。
いつもよく言っていることなのですが、肘の角度はどのくらいがいいのか?これは、力を抜いた状態の角度にしましょう。曲げたり、伸ばしすぎはよくありません。これらは筋力を必要とします。角度が悪いと単に力が入るからだけではありません。
体幹のパワーをパドル(ブレード)に伝えるのが腕の役割です。肘が曲がっている、脇が開いていると、力が逃げてしまいます。なので、力が逃げないように筋力を使うことになります。肘の角度が良いと、筋力ではなく、骨格で漕げるようになります。力はたいしていりません。「コツを使う」とよく言いますが、この「コツ」とは「骨」のことですから。
どんな感じかというと、講習で実験もしてみましたが、肘にロックが掛かった状態です。腹筋がパドルに直に伝わる感覚となります。すぐに実感できるのは難しいかもしれませんが、たくさん漕ぐことで解ってくると思います。肘のロックですよ!

by bpkayaks | 2019-07-20 20:51 | スクール | Comments(0)
いつでも杭打ち方式
7/3 親鼻水位1.47

フリースタイル講習
今日は曇りでしたが、今後は雨予報が続きます。今年の梅雨は長いですね~。7月になったので早く夏らしくなって欲しいです。

本日は先日の講習で自信を取り戻しつつあるので、今度はスポットプレイをして、そこから沈して、もっと自信をつけたいと、来て頂きました。
はい、望みとおりホールに入って、沈もしました。けど、沈脱はなかったです。もうロール大丈夫なようですね。
聞くとホールに入るは10年ぶりくらいとか。久しぶりにスピンが出来て楽しかったようです。
ホールプレイは久しぶりなので、サイドサーフィンも久しぶり。このサイドサーフィンでボートを動かすときも、基本のストロークとやり方は同じです。『パドルで支点を作り、下半身でカヤックを動かす』よく登場している言葉ですが、フリースタイルプレイのときも、ロールのときも、この基本は同じです。playboatingJPの最終号、クリーク始めましたで『世界標準、カヤックの動かし方』と解説してもあります。
『体幹で漕ぐ』とわかっていても、気持ちがあせると、つい手漕ぎになりがちです。ブレードが水を捉え、腰(またはお腹)を動かす感覚をいつも感じるようにしていましょう。これだけで、かなり上達しますよ!


by bpkayaks | 2019-07-03 20:14 | スクール | Comments(0)
パドルは胸の前
6/29 親鼻水位1.70

ベーシック中級
連日、雨予報ですが、今日も曇り。ここのところずっとたいして雨降っていません。予報だけ雨ってのも困る・・・。

さて、講習は初参加のFさん。だけどベテランカヤッカーです。ここ数年はあまり漕いでいなくて、ロールとか不安だそうです。
しかし、実際に漕ぎを見てみると、ブランクがあるとは思えないくらい、しっかり漕げていました。
「体のひねりが足りない」と自覚があり、では、どうやったらひねりを大きくできるか?基本の姿勢や構え等を確認して講習しました。パドルの構えで、大原則として『パドルは胸の前で持つ』というのがあります。もちろん、普通に持っていれば胸の前にあります。しかし、スイープやフォワードストロークでも最後の方とか、体の横に来るときがあります。これは、腕で漕いでいて、ひねりが足りない証拠。
ではなぜ、パドルは横に来たらダメなのか?それは『圧力に耐えられない』からです。肩を痛める原因になるし、体幹からのパワーも伝わらない。関節の0ポジションを実験もしましたが、常にこの構えを注意していてください。
あと、ストリームインで下流を強めに漕ぐことが多かったので、これも修正。下流を漕ぐのはよくあることなのですが、それでは流れに対抗している。流れを足し算として捉えられるストリームインを練習しました。

ある程度漕げるパドラーなら、自分で課題も見つけられると思いますが、その解決に手助けできるようアドバイスしますので、どしどしリクエストしてください。

by bpkayaks | 2019-06-29 23:14 | スクール | Comments(0)
幻想的な長瀞
6/28 親鼻水位1.77

カヤック入門
心配だった台風の影響はほとんどなく、開催できました。雨も朝だけでたいして降りませんでした。その代わりというか、川面には霧が掛かって幻想的な風景を映していました。こんな日もまた貴重ですね。

参加のKさん、映画『激流』を見て、カヤックをやってみたいと思ったとのこと、かなりな猛者です。初めは上手くコントロールできないカヤックに「難しい~」と言っていましたが、けっこういけてましたよ。最初なので、上手くいかなくて当たり前なのです。その難しさが、また面白い。上手になって、ぜひ激流を下りましょう!

by bpkayaks | 2019-06-28 21:43 | カヤック体験 | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧