人気ブログランキング |

ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
タグ:カヤックスクール ( 717 ) タグの人気記事
マイボート、ゲット!
4/20 親鼻水位1.10

ベーシック初級
サクラはすっかり散り、ハザクラとなりました。今度は藤が咲き始め、GWの雰囲気が漂いはじめています。
先月末からカヤックを始めたKさん、ついに自艇ゲットしました。中古ですが、最初は何がいいのか?ボートのことも、自分の進みたいスタイルもよくわからないので、とりあえず、たくさん乗ってみるのはいいことだと思います。さっそく、翌日曜は自主練もしましたし。
講習は基本のストリームインと、エディキャッチを中心に練習。ストリームインだけでなく、流れをアウトして、狙ったエディに入るのも、意外と難しいものです。この辺の計算が出来てくるようになると、ダウンリバーもやりやすくなってきますよ。今度、長瀞も水が増えたら、もっと長い距離をダウンリバーしてみたいですね。

by bpkayaks | 2019-04-20 20:26 | スクール | Comments(0)
まだまだ桜楽しめます!
4/13 親鼻水位1.08

ダッキー講習
長良川から1週間経ち、桜も散ったかな?と思ったら、まだ長瀞は見ごろでした。散り始めていますが、そこがまた花びらが舞って美しい。

講習は2回目のHさん親子。ダッキーで講習です。特にダッキーにこだわりがあるわけではないですが、最初はこちらの方が簡単だからという理由です。確かに、お父さんは体重的にも、子供は体力的にも、ダッキーの方が無理がないですね。お子さんの方は、少し上手くなってきたらリジットタイプのカヤックにチャレンジしてみたらいいし。
前回は最初、パドリングに慣れるのに時間が掛かりましたが、2回目の今回は、最初からスイスイ漕げます。やはり子供は覚えるのも早いです。
フェリーやストリームイン・アウトを練習しましたが、ダッキーならある程度流れがあっても平気。2回目でやや流れがある場所で練習できるのはダッキーならではですね。ホワイトウォーターの楽しみを知って、ますますカヤックにはまってください。



by bpkayaks | 2019-04-13 22:11 | スクール | Comments(0)
リーンが大きくできない理由
4/3 親鼻水位1.07

ベーシック初中級
水がまたまた少なくなりました。4月にここまで少ないのは初めてじゃないかな?GWまでには増えて欲しいです。まあ、週末は長良川ですから。こちらは水量たっぷり!楽しみです。

その長良川ツアーに向け、Tさんの特訓でした。まだ上手くリーニングが出来ないとのことで、その辺りを重点に講習しました。
実際にはTさん、フェリーやストリームインでちゃんとリーンは行っています。ただ、やはり少し足りないかな。リーンが大きくできない理由のひとつに、「傾けすぎると沈しそうで怖い」というのがあるかと思います。
確かに、そうですね。内側に大きく傾けようとすると無理があります。バランスを取るのが難しくなりますから。
傾けるのではなく、イメージ的にはいかに押すかです。エッジを入れるという感覚でもいいです。加重方向は下ですが、遠心力を感じているなら、ある程度外に向かっても構いません。そのためにはボートを走らせると感じやすいでしょう。
もう一つ、リーンでは『いなす』ことを意識しているといいですね。流れが当たるとき、ボートのどこに、どのように当てるか?ただ傾けようとするのではなく、当たり方を調整する感じでしょうか。
あとは、リラックスがコツかな。これは慣れないと難しいでしょうけど。


by bpkayaks | 2019-04-03 21:35 | スクール | Comments(0)
今度はダッキーにトライ
3/31 親鼻水位1.12

流れ入門
3月も最終日で明日からは4月ですね。長瀞も桜は3分咲きくらいですっかり春らしくなってきています。

講習は先週に引き続きKさん。今回は体格的な面を考慮してダッキーに乗ってみました。ダッキーの方が安定性が高いので、まだ講習2回目ですが、流れにもいろいろとトライできました。ダッキーでもやっぱりストリームインやフェリーのときにはリーニングは必要。艇幅が広いだけに、しっかり体も重心移動させないとです。ダッキーなら大丈夫かな?と思っていましたが、1回ですが見事に転覆しましたね。流れを横から受けると、こうなるというのが良くわかります。
しかし、Kさん全体的には上手く対応できていました。最後は小滝にもチャレンジして終了。今は水が少ないですが、増えてくるとまた面白いですよ。

by bpkayaks | 2019-04-01 21:17 | スクール | Comments(0)
南極で漕ぐ?
3/24 親鼻水位1.11

流れ入門
今日は陽射しはポカポカだったのですが、風が冷たかったです。
参加のKさん、カヤックはほぼ初めてですが、今年の年末に南米パタゴニア・南極にカヤックに行く予定があり、その前にある程度習得しようといらしてくださいました。
午前は岩畳でまずはカヤックに慣れてもらい、午後は亀岩~大岩あたりで流れの練習。カヤック初めてだと、なかなかリーニングまで上手くは出来ないものですが、Kさんいい感じにボートを傾けていました。
カヤックと言ってもいろんな種類があります。シーカヤックもあるし、川でもインフレータブルやフォールディング、競技用とかもあります。自分にあった楽しみ方があるし、なにも一つに絞る必要もない、色々楽しんじゃっていい。そのためのベースは一緒ですしね。南極、楽しみですね。

by bpkayaks | 2019-03-24 21:56 | スクール | Comments(0)
6+2=4
3/19 親鼻水位1.11

ベーシック中級
また水が減ってきました。先週の雨ではまだ不足のようです。もうちょっと降って欲しいですね。

本日の講習は寄居カップを終えて、久しぶりの長瀞。4月の長良川ツアーに向けて特訓です。そうは言っても、水が少ないのでパワーのある流れの練習ができません。今日はマイクロエディキャッチの練習を主に行いました。
基本、エディキャッチはなるべく横向きが理想ですが、流れの幅が狭いと、どうしてもアプローチが6時近くになります。そんな状況でも確実にエディキャッチするにはどうすればいいか?が狙いです。よくありがちなのが、バウを5時や7時に向けて近づくこと。このアングルは基本使いません。なぜかというと、横向きベクトルを漕ぎの強さで調整出来ないからです。
左岸のエディに入るとき、流れを6時で進んできて、ターンポイントで2~4時のアングルに変えて、ラインは4~5時くらいに進むことができればOKです。あくまで自分の漕ぎは横のスピードに使うということ。実際にターンポイントからエディに入るまでは、距離と時間が掛かりますから、そこを計算できるかどうか。
これも上手く計算できたときは、たいして漕がなくても取れましたね。難しいエディだからといって、必死で漕ぐ必要はないのです。なるべく流れに運んで貰う。このイメージを持ちましょう!

by bpkayaks | 2019-03-19 10:47 | スクール | Comments(0)
重心移動で回る
3/13 親鼻水位1.28

フリースタイル講習
久しぶりに長瀞も増水しました。水が多かったので、1日延期して開催でした。これで春はそこまで渇水を心配しなくてもいいかな。今日の目標はカートホイールが3エンド入るようになることです。

カートが2エンドしか入らないとのことで、まずトライしてみると、勢いで回そうとしている。それだと勢いがなくなると止まってしまいやすいのは当たり前。基本は180度ずつ回していくのがいいです。
そこでMさん、最初にバウを差すのにそんなに力を入れずに出来ています。最初の1エンド目はgoodですよ。次にスターンを入れるのに強く(早く)振り返り過ぎ。スターンは薄いので、そんなに勢いをつけなくても入ってくれます。バウステが出来たなら、自然落下に任せるというか、ちょっとした重心移動で回ることを身につけられればOKです。そして、スターンが差さったときに、先行動作で振り返り、バウを押し込む体勢が作れれば3エンド目の完成です。まだ完全にではななかったけど、少し感覚は掴めたかな。
コツは、『視線』。振り向くとつい下流へ視線がいってしまいがちですが、上流に残して、エッジやエンドに順に乗り移っていくのを感じるといいです。差すのではなくて、回っていく感覚かな。エッジの切り替えをやりましたね、回すには強引にでもエッジの切り替えです。
b0225495_10085113.jpg
今日のアルバム


by bpkayaks | 2019-03-14 17:07 | スクール | Comments(0)
春めいてきました
2/17 親鼻水位1.19

フリースタイル講習
予報では今週から暖かくなるそうですね。まだ水は冷たいですが、日も長くなり、少しずつ春の気配がしてきています。

本日はフリースタイル講習。カートホイールが出来るようになりたいとのことで、遠く静岡から来て頂きました。話を聞くと20年以上前にファンテックでスクールを受けていたとのこと。まだ私がファンテックでイントラになる前です。懐かしい話もありなんだか嬉くなります。それからカヤックから離れていた時期もあり、また復活したとのこと。

カートホイールの前にフォワードストロークを講習。水を掴んでボートを動かす。水を掴む感覚がまずは大事です。これは、フォワードだけでなく、カートホイールをするのにも重要な部分です。
講習は静水カートがほとんどでしたが、最初に岩ステーションで形を確認。抵抗を少なくすること、動かす方向、腹筋の確認などです。岩ステーションはちょっとしたコツさえ掴めば簡単です。あとは同じことが水の上でもできるか?まあ、そこは簡単ではないですけど。
Kさん、バウが入ってちゃんと立ちましたね。立つことができれば、スターン側はそんなに難しくありませんよ。回しきるようにすることと、荷重というかボートのどの位置に乗っているかを意識するといいです。地元で復習してまたいらしてください。


by bpkayaks | 2019-02-17 18:38 | スクール | Comments(0)
冬にスタート
1/20 親鼻水位1.06

流れ入門
本日は暦では大寒でした。朝は寒さが厳しかったですが、日中は気温も上がり、あまり寒くなかくて良かったです。

こんな真冬ですが、参加はカヤック経験2回目のKさん。夏に始めると冬が寒く感じますが、冬にスタートすればオールシーズンが当たり前になりますから良いことですね。
カヤックに乗ってまだ2回目ですから、基本漕ぎからスタート。まずはフォワードストロークで真っ直ぐ進めるように。カヤックは、前に進むという当たり前なことが最初は難しい。左右の力加減なわけですが、つい余計な力が入りやすい。Kさん、肩の力が抜けたときの方が上手くいってましたね。
やや操作が出来るようになったら、リーニングとターンを学んで、次は流れに突入。やるべきときにリーニング出来ていましたよ。まだまだ流れも緩いところで、ボートもふらふらな感じですが、この調子ならすぐに上手くなっていくでしょう。これからさらに流れのあるところに行けるようになると、もっと楽しさも増えますよ。楽しみですね。



by bpkayaks | 2019-01-20 18:13 | スクール | Comments(0)
杭打ち方式
1/18 玉淀ダム流入量3.7t

スラローム講習
本日は空は晴れていましたが、風がちょっとありました。体は動いていると寒くはありませんが、手は冷たかったですねー。あと、水が少ない。もうずっと雨降っていませんからね。

さて、今年初漕ぎのK夫妻。今年も楽しんでいきましょう。
今年最初の講習なので、踏み切りを課題にしながら、フォワードストロークを磨きました。これまでも何度もやってきましたが、パドルを動かすのではなくて、カヤックを動かす漕ぎ。
因みに今月末に雑誌playboatingJPが発売ですが、その中も「クリーク始めました」でもこの漕ぎの大切さが語られています。小森君は『杭打ち方式』と呼んでいるのですが、この言葉からイメージがわいてくるかな?僕もほんと同じ感覚です。水中から固定された杭が出ていて、それを掴んで前に進む感じです。
これのいいところは、バウコントロールも出来ること。前に進めながら、その方向も微調整出来る。そうすると、慣性が正しい方向に働く。今日は、『このフォワードストロークの慣性と水の流れを合計して、カヤックがどこに進むのか?』をいっぱい練習しました。カーブのラインを描くときに、別にスイープを使ってもいいのですが、あえてなるべくフォワードのみで漕ぐ練習。ターンは流れがやってくれます。ボートの推進力と水の流れの合作で行きたいところに行けたら、効率がいいということになります。


by bpkayaks | 2019-01-18 20:20 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧