ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:スラローム ( 23 ) タグの人気記事
カヤックを止めない
6/5 親鼻水位1.34

ベーシック中級
久しぶりの長瀞になるK夫妻。先週は北海道旅行でカヤックを楽しまれてきました。カヤックをやってきたことで楽しみの幅が広がってる。おおげさかもしれませんが、カヤックとの出会いが人生を豊かにしてくれている。今週末は長野のにじますカップにも出場予定です。

ということで、本日はスラローム的なことを中心に講習しました。あっ、けど、カメラを忘れたので、写真と動画はありません。すいません。
さて、今日のテーマは、ストリームイン・アウトでの立ち上がり。ターンからカヤックが止まることなく、フォワードに移るというもの。これはスラ講習でもやっている部分ですが、ターンが終わってからフォワードストロークを漕ぐと、回転慣性を止めてからのフォワードになります。つまりスピード0からのスタート。そこで回転慣性を推進力に変える漕ぎをしたい。今までやってきたスライスやドロー、先行動作などいろんなことを駆使します。ストリームインでは流れに乗ることで、『止まる』ことはあまりありませんが、エディキャッチでは一旦止まることはよくあると思います。エディキャッチだけが目的であれば、それで構いませんが、タイムを競うスラロームではせっかく動いているものを止めるのはもったいないです。なるべく慣性を殺さずに、ずっと生かし続けながら、ラインをトレースできると理想です。
そしてカヤックを止めないことは、ダウンリバーでも安定性につながります。沈しやすいのはエディライン(インのときもアウトのときも)で止まってしまうから。上手くいったときは、カヤックがほんとスムーズに動いていましたね。週末の健闘を願ってます!

 
[PR]
by bpkayaks | 2017-06-05 23:04 | スクール | Comments(0)
滑らかな関係
1/10 玉淀ダム12t

スラローム講習
新年を迎え、最初の講習となりました。初回に相応しく、気持ちのよいすっきりとした快晴の天気となりました。こんな日なら冬でも快適です。さすがに朝は気温が低いので、厚着をすると昼には汗をかいてしまいました。

さて講習ですが、このスラローム講習は基礎力アップがねらい。基礎トレーニングは、メニュー的にはつまらなくなりやすいです。そこでスラロームのゲーム要素を取り入れて、面白みのある講習にしていこうという方向です。
本日は初日ということで、フォワードストローク、スイープストロークをやりましたが、なるべく『滑らかに』をテーマに練習しました。Kさん、フォワードのフォームのところで、肘をチェックしましたが、これは、いかにリラックス、力を抜いて漕いでいるか?です。肘が外に張っていると、関節で力が逃げてしまいやすい。そこで力が逃げないように腕、肩の筋力で漕ぐことになってしまいます。手首、肘、肩、(さらにいうと体幹まで)が一直線上にあれば、僕は講習中、「腕をロックさせる」と表現しましたが、これなら関節部分で力が逃げません。お腹の力をダイレクトにパドルに伝えることが出来ます。(このブログを読んで、イメージがわからない方は会ったときに直接聞いて下さい。)
『滑らかに』の部分は、水面との関係です。すう~っと、水面を滑る感覚です。抵抗が少なければ、慣性もいっぱい残ります。同時にリーンとフラットの違いもやりました。エッジを使った、慣性を残す切れのあるターン。フラットは“ずれ”や“小回り”を使いたいときの方法です。後半をこの『切れ』と『ずれ』を使い分けてターンをしてみました。スキーと似ていますね。使い分けができるとターンのラインをコントロールするのに重宝します。

寄居のスラローム講習では長瀞ではあまりやらないメニューで、新しい発見があると思います。冬でも、いや冬こそカヤックを上達させましょう!
b0225495_167862.jpg
今日のアルバム


 
[PR]
by bpkayaks | 2017-01-10 15:37 | スクール | Comments(0)
一つ、前に出る
1/28 玉淀ダム流入量7.5t

スラローム講習
今年の寄居カップは3月15日に決まりました。ローカルな大会なので、気軽に出れるし、こういう大会に出ると、いろいろと課題が見えて面白いです。

さて、本日の参加は昨年も寄居カップ出場したSさん。メニューとしては、今年最初のスラ講習だったので、スイープ、フォワードストロークと基本を中心に講習。特にフォワードでは骨盤をぐいっと前に出すストローク。ここ!という大事な1打で使う。それとスカーリング。スカーリングも水を掴み続けて漕ぐ練習。水を掴んでいるからこそ、下半身でボートのコントロールができるようになる。スカーリングは掴む感覚を鍛えるのにとてもいいメニューです。
あと、フォワードでもスカーリングでも、カヤックがどう動いているかという結果を意識すること。結局は、「漕ぐ」という行為は、「カヤックを動かす」ことなので。大事なのは、パドルの動かし方ではなく、カヤックの動き。漕ぎながら、「あっ、いま、動きが軽いなぁ」とか、「水の上をすぅ~と滑っている」など感じることができるといいです。

流れでは、ラインを6時にトレースする練習。ゆるいカーブの流れを漕ぎました。これが、簡単そうで意外と難しい。ラインを外れる、もしくは外れていなくても、流れに押されていて、上手く流れに乗っていないなどあります。寄居カップも半分はただ下るだけのコースですが、これを舐めてはいけません。こんなところでも差がつくのです。考えてみれば、ただのダウンリバーです。そうただ下るだけ。ただ下るだけなのに、正確にラインをトレースしようとすると、いかに出来ていないことか。これでは、難しい川で上手に下れないのは当たり前です。
ラインのトレースのあとは、今度はラインから外れる練習。これもダウンリバーで必要なことですが、流れに押されるのではなく、いかに流れに同調して抜け出れるか?を狙いとして練習しました。そして、このとき使うストロークが、骨盤を前に出す漕ぎです。今ある水よりも、1つ前の水に出る。そんなイメージです。
基礎がしっかりすれば、総合力が上がってきます。この冬の練習で、春が楽しみです。

b0225495_20483587.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-01-28 18:39 | スクール | Comments(0)
あけましておめでとうございます!
1/4 スラローム講習

あけましておめでとうございます!
今年も宜しく願いします。

今年最初のスクールはスラローム講習から始まりました。
この冬(1~3月中旬)は寄居でのスラローム講習がメインになります。寒いこの時期は沈の少ないメニューで基本を見直そうという狙いです。あつ、もちろん長瀞講習や御岳の出張講習だってOKですよ。長瀞はちょっと寒いですけどね。
さて、寄居会場は河原が開けているので陽当りはgood。風のない日なら、ほんと汗かきます。冬の経験がない方だと、こんな真冬にカヤック?と思うかもしれませんが、スキーと同じです。もちろん水は冷たいですが、沈しないメニューなので初級者でも心配いりません。

3月まで開催していますが、講習内容は段階的にステップアップしていきます。
おおまかにですが、1月は、ボートコントールの基本。ゲートの通過の基本。
フォワードストロークやスィープストロークをより深く突っ込んで練習し、まっすぐにラインをトレースできるように目指します。アップゲートの通過は、ストリームイン・アウトの見直しになります。
2月は、より効率の良いストロークの習得、ラインの考え方。
ターンするにもより少ない力で回るにはどうするか?ボートを減速させずにすばやく加速に移るにはどうするかなど。ゲート練習では、複数を1つのグループとみて、そこに流れを考慮してどういうラインがベストなのか?を考えます。
3月は、たぶんポールが張られていると思うので、よりゲート通過を実践的に練習します。
これまでの内容をまとめ、より実践的に活用する段階です。中旬に寄居カップという草レースがあるので、それを目標に練習するのもいいですね。
参加者のレベルに合わせてアレンジしていきますし、単発でも面白い内容かと思います。もちろん、続けていくとよりレベルアップできるでしょう。

そんなで、今日の講習はMさん。スラローム講習は初参加ですが、Mさんレベルは高いので、どんどんメニューを進めて講習していきました。流れはゆるい場所ですから、そんなに難しくもないですが、目印を置いて正確に漕ごうと思うとけっこう難しい。このなかなか上手くいかないところが面白いです。そして、ばっちしラインを通ったときには、これまた気持ちいい。スラローム楽しいです!

b0225495_23112381.jpg

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2015-01-04 21:47 | スクール | Comments(0)
考える大切さ
3月9日 スラローム講習

冬季限定で1月から続けていた寄居での講習も本日が最後になりそうです。
スラロームの素晴らしいところは、ゲートがあること。
たったこれだけのことで、たとえ優しい流れでも、正確に漕ぐということがどれだけ難しいかわかる。そして、正確なラインを漕ぐ大切さも。
もう1つ、スラロームの良さは考えること。もちろん、スラロームだけでなく、ダウンリバーもフリースタイルもそうなのですが、スラロームは、一見、チェックポイントを設けて制限を付けられた感じですが、その中で、答えは幾通りも出てくる。「セオリー通り」みたいな考え方はありますが、それを打ち破る発想が出来たときなどは、より楽しい時間ですね。

このスラローム講習では、基本の技術と流れの読み方をやってきました。
これって、結局、長瀞講習でやっていることとも同じですね。
ただ、明確な目標(目印)がないと、自分が上手くできたかどうかも、あいまいになりがち。
スラローム講習を受けた方、長瀞でも、この講習を思い出して、ラインをしっかりイメージして漕いでくださいね。

b0225495_22121286.jpg
今日はやや流れの強い方でもいっぱい練習しました。おかげで?沈もありましたが、それは、逆に攻めて漕いだから。いっぱい沈して上手くなっていきましょう。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-03-09 21:37 | スクール | Comments(0)
バウラダーとバウドロー
3/6 スラローム講習

すっかり暖かくなってきましたね。スラ講習だと暑い!と感じてしまうくらいです。
本日参加のIさんはスラ講習2回目。今回はバウラダーとバウドローを重点に練習してみました。
この2つ、どちらもターンをしたい時に使います。では、何が違うのか?
簡単に言うと、バウドローはその場でコンパクトに回転したいとき、
一方、バウラダーはボートを進めながらターンを描いていく。
これを状況によって使い分けていきます。
またバウラダーは、構えている状態でカヤックを進められるので、フォワードやスィープに移るタイミングを取り易いというメリットがります。バウラダーが出来ると、幅は広がりますね。

b0225495_20542151.jpg
バウドローとバウラダーを使って、大きなターン、コンパクトなターンとエディキャッチの練習をしました。目印があると、わかりやすいですね。

b0225495_2057853.jpg
あれっ、先ほどとボートが違うぞ。Iさん、フリースタイル艇も買っちゃいました!これから先が楽しみですね。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-03-06 20:06 | Comments(0)
立春?
2/1 スラローム講習

2月に入って、けっこう気温の高い日が続きますね。天気予報でも春の陽気だと言っていましたが、その通りでした。もう春が近づいてきた感じがします。講習も、いつもならフリース2枚着るのを1枚にしました。

さて、今日も寄居での講習。Sさん、カヤック歴も長いし、サーフィンやスピンもできるのですが、スラローム講習は初。
フリースタイルができるようになってくると、つい、基本のフェリーやインアウトがおろそかになってしまいますが、スラロームは自分の漕ぎを見直すいい機会。スラロームの基本は、カヤックを進める、曲げること。自分のストロークは、どのくらい進むのか?どのくらい曲がるのか?つい、適当に漕いでいたのを、しっかり漕ぐ意識ができます。
これは、ダウンリバーやフリースタイルでも同じ。どちらも結局はカヤックを動かすことが目的です。それも流れを計算しながら。目的の場所へカヤックを正確に動かすことができれば、フリースタイルだって簡単なのです。
基礎を磨けば、実力アップ間違いなしですよ。

b0225495_23222865.jpg
スラローム講習は初でしたが、ラインの計算はすぐ理解できていましたね。漕ぎも長瀞のときよりも強くなっていた感じがしました。

今日のアルバム・動画
[PR]
by bpkayaks | 2013-02-01 23:04 | スクール | Comments(0)
自分なりのラインを探す
1/27 スラローム講習

2日連続寄居です。今日は天気もよく、風も昨日よりなかったです。
参加はスラローム講習は初めてになるSさんと、昨年も受けているNさん。
Nさんはターンのキレはさすが。強いバウドローでボートを確実に回せています。あとは、より少ないストローク数で省エネで漕ぐことを目指してみましょう。
Sさんはカヤックの経験自体まだ数回ですから、まだまだ上手く通過はできませんが、どういうライン取りをすれば、通過しやすくなるのか変わってきます。それを考えるのが面白いところです。
ゲートは同じ設定でも、漕ぐ人のレベルによって、ベストなラインというのは変わる。こうしたらいいのではないか?と、いろんな発想ができるようになってくると楽しいですね。

b0225495_16481322.jpg
今日は白鳥が飛来していました。邪魔してごめんね。

b0225495_16483050.jpg
赤いボールがアップゲートです。目印があるだけで、自分がどれだけ漕げいるかはっきりわかるようになる。

b0225495_16484616.jpg
初めてのスラローム講習は疲れたかな?けっこう漕ぐので、練習になるし、体も温まります。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-27 21:53 | スクール | Comments(0)
スラローム講習スタート
1/26 スラローム講習

今年も寄居でのスラローム講習をスタートしました。
ただ、まだゲートは張ってないので、ゴムボールをポールに見立てて、ブイとして浮かべ練習しています。(1か所だけポール設置していますが)
この日は天気も曇りで、風もあったので、少し寒かったですが、スラロームはしっかりと漕ぎ込みますので、体は温まってきます。

参加はT夫妻。カヤック歴は長いですが、スラロームにもチャレンジしてみたいということで受講です。
最初なので、まずは静水で基本のおさらいから。お腹の使い方、重心の掛け方をやりました。これはとても重要な項目ですが、上手くなってくると、逆にこういうメニューは練習しなくなってしまいます。自主練の時も、ぜひメニューに取り入れて欲しいですね。
ポール(ボール?)講習の部分では、まずはアップゲートの通過の仕方から。
スラロームはタイムを競うスポーツですが、早く漕ぐことが、早くゴールするとは限りません。例えば、車と同じで、スピードが出過ぎてもコーナーを曲がることができないのです。上手に減速することがポイントになります。
スラロームではターンが多いです。直線のパワーも必要ですが、このターンの技術が大きいのです。
アップゲートの次は、ダウンの練習。スタガーゲートと呼ばれているジグザグの配置です。これは2つ、3つポールが連続することで、ラインに変化が生まれます。このラインを考える部分がスラロームの面白いところ。
もちろん、これらは、普段のダウンリバーにも活かされます。カヤックの実力も上がりますよ。

b0225495_15432722.jpg
さすがにカヤック歴は長いだけあって、ライン取りは無難にこなしていました。次回はもっと難しい設定をやってみましょう。

b0225495_15434123.jpg
なかなかいい体のひねりです。今度はピボットターンにもトライしてみるかな。

今日のアルバム
[PR]
by bpkayaks | 2013-01-26 22:00 | Comments(0)
梅雨入りだけと、天気よく気持ちいい1日でした
6/10 親鼻水位1.73

アドバンスDR
今日は長瀞でJFKAの関東大会が行われました。
総勢のべ80名くらいのエントリー。いやー大盛り上がりですね。

講習はスラローム艇で参加のAさんだったので、ブイを設置してゲート練習にみたててやりました。場所は大岩下なので、緩やかな流れ。しかし、ゲートが1つあるだけで、各段に難しさはアップします。
通常のエディアップゲートと、Sターン、エディラン(ストレートに通過)を課題として練習しました。どれもしっかりしたスィープ、ラダーが必要です。
Aさん、新しい気付きがあったようで、よかったです。
久しぶりにスラ講習でしたが、やっぱり、スラは気持ちいいですねー。
スパッとラインが決まったときには、すがすがしさがあります。

b0225495_221535.jpg
最後は小滝でSターンがらみの練習。バックウォッシュは右に抜ける予定が、真ん中に行ってますが・・・
[PR]
by bpkayaks | 2012-06-10 22:18 | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧