ブループラネットカヤックスのスクール日誌
by bpkayaks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
タグ:フリースタイル ( 121 ) タグの人気記事
春めいてきました
2/17 親鼻水位1.19

フリースタイル講習
予報では今週から暖かくなるそうですね。まだ水は冷たいですが、日も長くなり、少しずつ春の気配がしてきています。

本日はフリースタイル講習。カートホイールが出来るようになりたいとのことで、遠く静岡から来て頂きました。話を聞くと20年以上前にファンテックでスクールを受けていたとのこと。まだ私がファンテックでイントラになる前です。懐かしい話もありなんだか嬉くなります。それからカヤックから離れていた時期もあり、また復活したとのこと。

カートホイールの前にフォワードストロークを講習。水を掴んでボートを動かす。水を掴む感覚がまずは大事です。これは、フォワードだけでなく、カートホイールをするのにも重要な部分です。
講習は静水カートがほとんどでしたが、最初に岩ステーションで形を確認。抵抗を少なくすること、動かす方向、腹筋の確認などです。岩ステーションはちょっとしたコツさえ掴めば簡単です。あとは同じことが水の上でもできるか?まあ、そこは簡単ではないですけど。
Kさん、バウが入ってちゃんと立ちましたね。立つことができれば、スターン側はそんなに難しくありませんよ。回しきるようにすることと、荷重というかボートのどの位置に乗っているかを意識するといいです。地元で復習してまたいらしてください。


by bpkayaks | 2019-02-17 18:38 | スクール | Comments(0)
荷重と抜重
12/19 親鼻水位1.14

フリースタイル講習
久しぶりの講習です。年末も近くなってきましたが、今日は昼間は日が差して寒くはなかったです。
講習はカートホイールのやり方でずっと悩んでいたMさん。ボートを立たせるのに、どうしてもバウにいっぱい加重をしてしまう、無理矢理な前傾姿勢になるのを改善したいと悩んでいました。確かに前加重は必要ですが、極端な前傾は良くありません。バウが沈んだとしても、そこで終わり。回転につながる動作ではない。回すためには、より勢いを付ければスターンまでいくので、さらに、力づくになってしまいます。
まず、バウを沈めるには?ですが、抜重を使えるかがコツです。体重はボートに乗ってないとだけど、その状態では沈めるのに抵抗があり過ぎます。そこで、ボートを浮かせられるなら、抵抗を少なくできる。一旦、荷重を外すことができれば、ボートを立てるのも軽くなるのです。
今日はこの抜重を講習しました。岩ステーションは比較的誰でもやりやすいですが、ヒントはこの中に隠れています。上手くいかなくなった時には、岩ステーションで感覚を覚えたり、確認したりするといいでしょう。当たり前ですが、岩ステーションの時は上体はぶれませんね。これがいいいのです。
講習では抜重するのに、ボートが走っていることが必要だとやりました。カートに持っていくには、リーンを大きくしなければですが、普通は大きく傾ければ沈してしまいます。けど、ターンで遠心力が強ければ、リーンも大きくできますね。これと似た感覚。抜重のコツは『体を倒すのではなくて、カヤックを外に出す。』文章で説明は難しいですが、Mさん、悩みが晴れて、カートが軽くできるようになりましたよ!



by bpkayaks | 2018-12-19 20:09 | スクール | Comments(0)
ホールでもやっぱり軸
10/8 親鼻水位1.64

ベーシック中級
3連休の最終日は曇りから小雨がぱらつく感じでした。観光客もまばらだっかな。
講習は皆野中から。河原に行くと釣り師が数人いました。来週からマスの放流だそうで、冬の間はここをカヤックの駐車場として使うのは厳しくなります。

皆野中から小滝まで下りましたが、この水量では、ちょっこと遊べるウェーブやホールがいくつかあります。それらを拾いながらサーフィン、スピンを中心に講習しました。
先週の台風で、少し流れが変わったところがいくつかあり、水量のわりには波が小さいかな~という気がします。方向としてはちょっと残念な感じかな。
スピンに限らず、ホールでは自由に動けることが重要です。そこはサイドサーフィンが安定しているか。これも、最近ずっとブログでも書いている真っ直ぐ乗れているか。掴まるのが怖いと、つい、下流側に体が逃げてしまいます。また、固くなっているとフラフラしてしまう。動画でも私が「小さくなって!」と言っていますが、自分がコンパクトになることで、重心を低く中心に近づける狙いです。安定を感じられたら、ブレードを水中から抜けるので次の漕ぎができる。慌てて漕ぐのではなくて、どこに移動したいのか?そこの水をキャッチすればいいのです。
やっぱり、瀬遊びは楽しいですね!


by bpkayaks | 2018-10-08 20:14 | スクール | Comments(0)
中心固定と楕円
4/24 親鼻水位1.20

フリースタイル講習
タンの瀬の日本選手権が終了しましたが、そろそろJFKA関東大会に向けて、トレーニングが始まっくる時期です。まだまだ水が少ないのが、本番とはギャップがありますが・・・。

昨年も関東大会に出場しているYさん、スピンはもうできますが、今年はさらに何かを上乗せしたい。そこはやはり、縦系。スピンもより安定してプレイできるよになりたい。
スピン(に限ったことではないですが)はどこでやるかが、ポイント。ホールのサイドに流れているダウンストリームを利用して回るきっかけを作りますが、自分がいる位置はバックウォッシュ上です。それもトップが理想。そして、そのトップからなるべく動かないで、定点で回れるのがベスト。そう、ポジションは動かないのがベスト。けど、そうはなかなか上手くいかないですね・・・。トップはちょっと下流にずれただけでアウトしてしまいやすいし、今日のサクラみたいに引きが弱いとなおさら。なので、もっとバックウォッシュを強く感じれるボトム側でプレイした方が残りやすい。けどそれも、ボトムにいすぎるとスターンを食われるので、またトップに上がらないといけない。そうなると、スピンは楕円を描くように回ることになります。
ベストではないが、これでOKです。『楕円を描く』というより、『位置修正を常に行っている』というイメージかな。自分の置かれた状況(どこにいるか)を把握して、何をすれば(どこに移動すれば)よいか考える。
最後にスターンを食わす練習もしました。いい感じで出来ましたね。これも、わざとボトムに落とすという位置修正ができたからこそ。これからもっとバーチカルな動きができるようになるといいですね。
b0225495_09181811.jpg

今日のアルバム
by bpkayaks | 2018-04-24 20:21 | スクール | Comments(0)
姿勢=軸の意識
6/13 親鼻水位1.37

フリースタイル講習
今日は雨予定でしたが、結局、ほとんど降らず・・・。また1.4を切ってしまいました。関東大会はどうなるかな。サクラには十分ですが、スピンホールは厳しいなぁ。

さて、講習も関東大会に向けての特訓。課題はスピンを安定して出来るようになりたい。Yさん、スピン自体は出来るのですが、時々スターンが食われてしまう。そこを減らしたい。
では、スピンでスターンが食われてしまうのは、どうしてでしょうか?
1つは、スピンを行っている場所。ボトム(上流)に近ければ、バックサーフィンになった時にスターンがフェースに刺さってしまいます。
他には、リーンの切り返しのタイミング。早過ぎたり、遅すぎたりすると上流が下がっているので、これも食われます。Yさん、タイミングは悪くないようです。むしろクイックでいい感じです。
ということで、まずはスピンを行うポジション。どこがいいかは、基本的にはバックウォッシュトップをベースに考える。ただ、そのスポットや水量によってやり易い位置は変わることはあります。トップがどこか分かるには、視線、よく見ることです。フェースとバックウォッシュを直接見るといいでしょう。そして、毎回、「この位置ではこうなった」というのを覚えていること。そのトライの中で、ベストポジションはしぜんと見えてくるはずです。

講習でもう1つやった大事な項目は姿勢。姿勢は重心位置と同じでもあります。基本は上半身は真っ直ぐです。もちろん、状況で前傾や後加重も行います。しかし、基本は真っ直ぐ。講習の中で、地球に対して真っ直ぐと言いましたが、これは軸の意識から。軸が真っ直ぐしている意識を持ちたいです。スピンに限らず、どんなときもですね。この意識だけでかなり変わりますよ。

今日のアルバム
b0225495_2037548.jpg



by bpkayaks | 2017-06-13 18:09 | スクール | Comments(0)
長瀞のスポット
6/4 親鼻水位1.34

フリースタイル講習
梅雨入り前の最後の晴れの週末らしいです。梅雨に入っても週末は晴れて欲しいですが。今日も風があり爽やかな日でした。

カヤック歴は長いですが、復活して3年ほど。最近はフリースタイルにはまっているというSさん、ブループラネットに初めて来て頂きました。長瀞のスポットではどんなことができるのか?知りたかったようです。ということで、水量が少ないのでベストな状況ではないですが、鉄橋下からスポットを全部やっていきました。

午前は鉄橋下。サイズは小さいですが、スピンだけでなく、なんとかカートもできました。浅いですが、フロントサーフィンがしやすいという点で、カート練習にもいいですね。Sさん、アドバイスに対し、すぐに対応できていました。そして自分の状況がよく見えている。そこがわかっているからこそ、何をすればいいのか理解も早い。
午後はサクラウェーブ。今日は常連メンバーがダウンリバーしたので、スポットも空いていました。左は苦手と言っていたSさん、これもすぐに対応していました。このレベルなら十分に大会に出場できますよ。
b0225495_21515073.jpg
今日のアルバム


カヤック体験
もう1つ、体験クラスも開催しました。親子3人での参加でした。お子さんは小学1年生ですが、喜んでいたようです。
半日体験コースは小学1年から参加可能です。もちろん難しい部分はありますが、体験コースは安全な穏やかな場所ですし、しっかりサポートもします。小さなお子さんでも元気いっぱいに楽しめますよ。
b0225495_2204526.jpg
アルバム(カヤック体験)

 
by bpkayaks | 2017-06-04 21:04 | スクール | Comments(0)
スクォートとプレイボート
5/31 親鼻水位1.31

スクォート&フリースタイル講習
本日はフリースタイル講習でした。しかも半日はスクォート。6月末にあるフリースタイルの大会を視野に入れてのチェックのためです。
自分はどういうことが出来ているのか(客観的な目線でみて)?出来るようになるには、何が足りないのか?より精度を上げるには何を練習をすればよいのか?を考えていきました。
講習の内容的には、細かいことやいろんなことをいっぱいやった(ほんとたくさん漕ぎました。つい5時過ぎまで。講習に夢中だったので、午前は動画も撮り忘れました)ので、ブログで詳しく書くには難しいですが、課題をみつけ、今後の練習に生きてくればと思います。

ところで、Sさん、スクォートとプレイボートの両方をやっていますが、この2つの乗り方やプレイは同じところもありますが、違うところもあります。スクォートは間口が狭いので、プレイボートからスクォートもやってみようなかな?というのが多いですが、スクォートを学ぶことで、プレイボートにも還元できる部分は多々あります。「流れを感じる(しかも立体的に)」、「体重移動を利用する。」というのは、スクォートに乗ることでより学びとることができるでしょう。
スクォート講習も受け付けておりますがので、興味のある方は問い合わせ下さい。
今日のアルバム
b0225495_10593432.jpg



 
by bpkayaks | 2017-05-31 22:00 | スクール | Comments(0)
カートホイール講習
5/11 親鼻水位1.37

フリースタイル講習
昨日の雨で少しですが水が増えました。しかし、まだまだ少ないです。
そして本日は久しぶりにフリースタイル講習。カートホイール完成が目標です。

Tさん、最初の段階でバウを沈めることはできています。もうここまで出来ているなら、カートはそう難しくありません。次、いかにスターンを入れられるか。
カートはスピンと動きは同じ。横の回転なのです。違いはエッジが立っているか(リーンが大きいか)。カートに持っていくには、立たせることより、回すことに意識を持っていきましょう。回すといっても、左右のエッジを切り返すだけ。これはスピンと同じですね。別に直角に立っている必要はありません。低いアングルでも切り返すことは出来きます。
けど、そのためには、立たせる段階で力の使い方にコツがあります。立たせることに100%力を使うと切り返しに持っていけない。上手く『間』=ニュートラルなポジションを作れるか。
Mさん、講習後半には2エンド確実に出来るようになってきました。上手くできたときほど、力を使わなかったと思います。それは姿勢が良かったから。姿勢、軸を作ることが大切です。
b0225495_21113420.jpg
今日のアルバム

 
by bpkayaks | 2017-05-11 22:14 | スクール | Comments(0)
フリースタイル日和
4/12 親鼻水位1.60-1.55

ベーシック中級
昨日の雨で桜は散ったかと思いましたが、全く大丈夫。満開でした。週末までなんとかもちそうな感じです。

さて川の方は水量が増えていい感じです。サーフィンにスピンとスポットプレイ中心に講習しました。
サーフィンではスターンラダーの使い方。通常、右にラダーを入れたら右ターンをします。もちろんこれでOKなのですが、ブレード裏面で水流を受けてターンする場合と、流れに対し平行にブレードを入れ、両面で水圧を感じるやり方があります。前者はブレーキ的になりますが、後者は支点の役目になり、下半身で方向をコントロールすることができるようになります。
ホールではスピンをやりましたが、今日は小さなホールだったので、落ち着いてトライできたと思います。自分がどこにいるか?バウが何時を向いているか?ここがポイントになってきますが、冷静になれると理解していましたね。これが見えてきたら、状況に合わせて何をすべきかわかってきます。
これから長瀞の水量も増えていくと思います。フリースタイルやダウンリバー、さらにステップアップしていきましょう!
b0225495_1152574.jpg
今日のアルバム

 
by bpkayaks | 2017-04-12 21:45 | スクール | Comments(0)
回転軸を固定する
12/4 親鼻水位1.33

ベーシック中級
土曜は12月とは思えない暖かさでしたが、今日は曇り空。それでも気温は高めのようで、動くと体はほかほかでした。

本日の講習はフリースタイル中心にやりましたが、位置修正を特に練習しました。スピンをやるときに、ポジションが大事なのはもうご存知と思いますが、その場所に行く、キープするというのが難しいわけです。このときに、ブレスやドローなど細かいパドルワークが必要になります。ということでドローの練習から入りました。
ドローに限らず、すべてそうですが、ブレードの位置にカヤックを寄せます。この感覚がドローストロークはわかりやすい。最初はオーソドックスな真横のドローから練習しましたが、次に、わざと前後にずらして漕ぐ。このとき、手漕ぎだと、横に進むのではなくて回転してしまいます。『ボートのほうを動かす、腰や膝で動かす。』ということがわかっていないと、これはできません。少し難しかったですが、二人とも出来ていましたね。この感覚を大事にして下さい。

その後は、エディでシュミレーション、ホールで実践、と試しましたが、流れだと静水ほどやり易くはなかったようです。しかし、やることは同じ。つい、回すことに意識がいってしまいがちになりますが、中心をキープすることを頑張りましょう。スピンは水車のようなものです。中心軸が固定されれば、あとは流れが勝手に回してくれます。足りない部分もあるので、そこだけ回してあげます。いかに、自分のポジションを固定できるか。そのために必要なドローストローク、いろんな場面で駆使することがありますよ
b0225495_11315726.jpg
今日のアルバム

 
by bpkayaks | 2016-12-04 23:06 | スクール | Comments(0)


link
ブループラネットカヤックス
埼玉・長瀞をベースにカヤックスクール行っています。

<フェースブック>


タグ
以前の記事
記事ランキング
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧